【ビュッフェ(1)】北陸・北海道のご当地グルメを味わいつくそう!高級食材からB級グルメまで食べ放題

  • グルメ
  • 台場駅
  • 新橋駅
  • 東京テレポート駅
  • 汐留駅
【ビュッフェ(1)】北陸・北海道のご当地グルメを味わいつくそう!高級食材からB級グルメまで食べ放題

\ この記事を書いた人 /

アーバンライフメトロ編集部のプロフィール画像

アーバンライフメトロ編集部

編集部

ライターページへ

「おいしい都道府県」の上位ランキングに必ず入る北陸地方と北海道。なかなか旅行へ行けなくても、ホテルのご当地グルメビュッフェなら、旬の味覚をたっぷりと味わえます。食材のうまみを最大限に引き出す、土地ならではの調理法を用いたメニューなど、それぞれのシェフ自慢の味を堪能できる、この冬おすすめのビュッフェをご紹介します。

ホテルごとのコンセプトを楽しもう

 その土地で取れた旬の食材を使用した前菜やデザートがズラリと並ぶビュッフェ台。わくわくする光景です。楽しい仕掛けが施されたウエルカムスイーツが用意されていたり、ユニークな組み合わせに驚かされたり。ホテルのビュッフェプランには、魅力がたっぷり詰まっています。

 今回ご紹介するのは、各レストランのシェフ達が共演して北陸の旬の食材をアレンジしたランチビュッフェプランと、北海道産食材と旬のイチゴを組み合わせた、地元で人気のB級グルメも登場するユニークなビュッフェプランです。

 ホテルならではの非日常空間で味わうビュッフェで、北陸や北海道を旅している気分に浸りませんか?

>>画像一覧はこちら

美食の北陸を堪能できるコンラッド東京の「シェフズ・トリート・ランチビュッフェ~美食の北陸~」(画像:コンラッド東京リリースより)



●コンラッド東京オールデイダイニング「セリーズ」

 最初にご紹介するのは、コンラッド東京28Fオールデイダイニング「セリーズ」で、12月26日から開催される「シェフズ・トリート・ランチビュッフェ~美食の北陸~」。

 コンラッド東京の水口総料理長監修のもと、各レストランのシェフ達が北陸の旬の食材をアレンジした前菜とデザートを、ビュッフェ形式で楽しめます。

 寒ブリ、ホタルイカ、白エビといった北陸の旬の食材を使用した前菜は約10種。ぜいたくなプランに期待感が高まります。

日本料理「風花」田村統括料理長による「白エビと加賀蓮根の青海苔ジュレ和え」(画像:コンラッド東京リリースより)

 まず入室と同時に目に留まるのが、ズワイガニステーション!

 「北陸の冬の王者」と呼ばれる上品な甘味とうま味が凝縮したズワイガニは、この時期ならではのスペシャルメニューです。薬味はカニ酢、レモン、カクテルソース、ハリッサマヨネーズが用意されています。

ステーションで提供される、水口総料理長おすすめのズワイガニ(画像:コンラッド東京リリースより)

 陸の冬の味覚を堪能できるメインは4種から選べます。

 しっとり柔らかい越前鶏とフォアグラの組み合わせに、上品な甘味と食感の白エビのリゾットが添えられた「越前鶏とフォアグラのバロティーヌ 白エビのリゾット」や、越乃黄金豚のバラ肉の蒸し煮とソースが絶妙な「越乃黄金豚バラ肉のブレゼ 加賀野菜 いちごとバルサミコのソース」など、ネーミングを聞いただけでもおいしそう!

北陸の海の恵みをふんだんに使用した「ブイヤベース」(画像:コンラッド東京リリースより)

 デザートは、洋ナシ「ル・レクチェ」の果汁たっぷりのゼリーや、イチゴを使用したグラスデザートが日替わりで登場します。

 28Fからの景色を眺めながら食後のデザートをいただく頃には、お腹も気持ちも満たされていることでしょう。平日限定のプランですので、有給・代休を確保して、ぜひ北陸を旅しているような気分を楽しんでください。

【写真奥】洋ナシ「ル・レクチェ」の芳醇な香りが楽しめるゼリー(画像:コンラッド東京リリースより)

●ヒルトン東京お台場「シースケープ テラス・ダイニング」

 「ノーマルな北海道フェアにはもう飽きた」という方におすすめなのが、2023年1月10日よりヒルトン東京お台場で開催される「北海道フェア with ストロベリースイーツ」です。

 北海道産の食材を使うだけでなく、北海道が誇る多彩な調理法にも注目し、各地を代表する郷土料理が並びます。

 デザートビュッフェにはイチゴ尽くしのスイーツを用意。北海道グルメとイチゴという人気メニューを組み合わせた、この時期だけの特別なプランです。

北海道をまるごと味わうランチ&ディナービュッフェ(画像:株式会社ホテルマネージメントジャパンリリースより)

 ランチ限定メニューでは、「黒いちごと白いちごの食べ比べ」がはじめに供されます。千葉県山武市の相葉苺園で栽培された黒いちご「真紅の美鈴」と、白いちご「淡雪」の味わいの違いを楽しめます。

 ディナー限定メニューは、北海道噴火湾産のズワイガニや、紅ズワイガニ、ムール貝、ハマグリ、有頭海老のボイルなど豪華な海の幸がテーブルで提供されます。

希少なイチゴの食べ比べや豪快なボイル料理(画像:株式会社ホテルマネージメントジャパンリリースより)

 ビュッフェならではのライブ感あふれるパフォーマンスも楽しみで、北海道ワサビクリームを添えた「ローストビーフ」や、北海道のご当地メニュー「室蘭カレーラーメン」、「海鮮丼」も目の前で美しく仕上げてくれます。

B級グルメとして有名な「スパカツ(釧路)」や大ぶりなホタテ使いが北海道らしい「オホーツク北見塩焼きそば(北見)」など、現地に行かないとなかなか味わえないご当地グルメも楽しめます。

スパゲッティとポークカツの上にミートソースをのせた「スパカツ」は子供に大人気!(画像:株式会社ホテルマネージメントジャパンリリースより)

 デザートエリアでは、時期によってさまざまな品種のイチゴを使ったスイーツが勢ぞろい。希少な黒イチゴ「真紅の美鈴」を使用した「黒いちごのタルトレット」や、甘く濃厚な「いちごのグラタン」など、ホテルクオリティーのスイーツはお代わり自由。心ゆくまで堪能できます。

味わいはもちろん見た目にもこだわったいちごスイーツの数々(画像:株式会社ホテルマネージメントジャパンリリースより)

新年早々のごほうび

 魚介、野菜、畜産物など食材の宝庫である北陸と北海道から調達したビュッフェをご紹介しました。各シェフが和洋中の調理法を駆使した至極のメニューや、ご当地グルメなど、まだ知らなかった魅力も知ることができます。

 コンラッド東京の高層階からのパノラマビュー、ヒルトン東京お台場のウォーターフロントからの景色など、ホテルならではの美しい眺めを楽しみながら味わうビュッフェは、最高のごほうびになりますね! 新年早々のプチごほうびを計画してみませんか?

開放的な気分になれるパノラマビュー(イメージ画像:photoAC)

■「シェフズ・トリート・ランチビュッフェ~美食の北陸~」
開催期間:2022年12月26日(月)~2023年2月28日(火)平日限定
※12月30日(金)、1月3日(火)は除外日
開催場所:コンラッド東京 28F オールデイダイニング「セリーズ」
時間:12:00~13:30(最終入店)(LO.30分前)※2時間制
料金: 1名 6,000円※コンラッド・ベア付き 1名7,200円
子ども(3~5歳) 1名1,700円/子ども(6~12歳)1名 2,700円
※すべてサービス料込。詳細は公式サイトをご確認ください。

コンラッド東京
住所:東京都港区東新橋1-9-1
TEL:03-6388-8745(レストラン予約直通)
アクセス: 都営大江戸線・ゆりかもめ 汐留駅より徒歩1分
JR・都営浅草線・東京メトロ銀座線 新橋駅より徒歩7分

■「北海道フェアwithストロベリースイーツ」
開催期間:2023年1月10日(火)~3月31日(金)
開催場所:ヒルトン東京お台場 2F 「シースケープ テラス・ダイニング」
〈ランチブッフェ〉
時間: 11:30~13:00/13:30~15:00 (90分2部制)
料金:大人1名5,800 円/小学生以上1名3,480 円(平日)
大人1名6,300 円/小学生以上3,780 円(土・日・祝)
〈ディナーブッフェ〉
時間:17:30~19:00/19:30~21:00 (90分2部制)
料金: 大人1名7,200 円/小学生以上1名4,320 円(平日)
大人1名8,200 円/小学生以上1名4,920 円(土・日・祝)
※すべてサービス料込。詳細は公式サイトをご確認ください。

ヒルトン東京お台場
住所:東京都港区台場1-9-1
TEL:03-5500-5580(レストラン総合案内10:00~20:00)
アクセス: 新交通ゆりかもめ 台場駅直結
りんかい線 東京テレポート駅より徒歩10分

関連記事