春を愛でる、ラグジュアリーホテルの桜アフタヌーンティー3選 ルビーチョコもお目見え

冬が終わり、桜の季節を待ち焦がれる時期。春を非日常感たっぷりに五感で満喫すべく、都内のラグジュアリーホテルで楽しめる「桜のアフタヌーンティー」3選を紹介します。トレンドのルビーチョコを使用したものや、桜をモチーフにした麗しきお菓子が満載です。


存在感を放つ、ルビーチョコの苺と桜色の和菓子

 東京は梅の花の季節を過ぎ、柔らかな陽射しに、桜前線の到来を待ち焦がれる時期です。桜を題材にしたお菓子が色々出回っていますが、せっかくなら非日常感たっぷりに桜の時節を五感で楽しみたいという人も多いのでは。そこで、都内のラグジュアリーホテルで提供している「桜のアフタヌーンティー」のオススメ3選を紹介します。

 ひとつ目は、シャングリ・ラ ホテル 東京のラウンジ&バー「ザ・ロビーラウンジ」にて提供中の「桜アフタヌーンティー」です。

シャングリ・ラ ホテル 東京のラウンジ&バー「ザ・ロビーラウンジ」にて提供中の「桜アフタヌーンティー」4800円(税・サ別)(画像:シャングリ・ラ ホテル 東京)



シャングリ・ラ ホテル 東京のラウンジ&バー「ザ・ロビーラウンジ」(画像:シャングリ・ラ ホテル 東京)

 桜アフタヌーンティーは、エグゼクティブ スーシェフの岡村直也さんが桜をテーマに毎年異なるメニューを考案しています。今年はどんな桜のお菓子に出会えるのかと、楽しみに訪れる人たちも多いことでしょう。

 今回も細やかに創り上げた見目麗しいものばかりですが、注目は一際目を引く愛らしい苺の形をしたスイーツ。人気沸騰のルビーチョコレートを使った苺のムースで、中にはフレッシュな苺が入っています。味わいは見た目よりも軽やかな仕上がり。ルビーチョコレートのベリーの香りが芳しく、苺の粒は、ホワイトチョコレートでひとつひとつ丁寧に手描きされています。

今回の注目はルビーチョコレートを使った苺のムース。圧倒的な存在感で目を引く(画像:シャングリ・ラ ホテル 東京)

 その隣にある和菓子の凛とした気品にも目を奪われることでしょう。和菓子の老舗「喜田家」プロデュースの人気和菓子ブランド「KITAYA 六人衆」とのコラボレーションによるものです。その名も「花ふぶき」。オリジナルメニューで、桜を匂わすほんのりとしたピンク色の練り切りでピスタチオの餡を包み込みました。金粉のあしらいも雅やかで、春を愛でるお花見気分を高揚させてくれることでしょう。

 セイボリー(塩味のついたメニュー)もエレガントかつユニークです。

スイーツとコントラストを描く味わいのセイボリー(画像:シャングリ・ラ ホテル 東京)

 一見して桜餅のようで、実は旬の桜鱒(さくらます)をビーツで色付けした酢めしにのせて桜の葉で包んだという、色鮮やかな手毬寿司。トッピングの乾燥エビを食感のアクセントにした春キャベツと海老ムースのロール、「桜肉」と呼ばれる馬肉を使ったソーセージのミニバーガー、桜の香りをまとったゴマ豆腐(1枚目の写真の紅茶横)はパルメジャーノチーズのチュイールで彩りを添えて。どれも目と舌の両方を喜ばせてくれます。

 さらに、桜香る杏仁豆腐や甘酸っぱいチェリーパイ、桜のスコーンなど、春色に彩られたプレートは、お花見のようにずっと眺めていたくなります。飲み物は約20種類、茶葉変えでのお代わり自由です。

人気のよもぎのスコーンが再登場、春と桜のエッセンスが満載

 ふたつ目は、ホテル椿山荘東京の桜アフタヌーンティーです。

桜アフタヌーンティー 3800円(税込、サ別)(画像:ホテル椿山荘東京)



「東京のホテルで初めてアフタヌーンティーをご提供したのが当店と言われており、創業当時と変わらない伝統的な3段スタンドの英国スタイルを守り続けています。さながら森のような庭園をご覧いただきながら、優雅な時間をお過ごしいただけることがル・ジャルダンならではと考えています」。

ホテル椿山荘東京のロビーラウンジ「ル・ジャルダン」(画像:ホテル椿山荘東京)

 そう話すのは、ホテル椿山荘東京のロビーラウンジ「ル・ジャルダン」の責任者。

 ホテルの庭園では、2月上旬から4月にかけて、陽光桜(ようこうさくら)、雅桜(みやびさくら)、ソメイヨシノなど、約20品種120本の桜が順次満開になっていきます。一帯は、早朝の陽の光に照らされる「朝桜」や、ライトアップに幻想的に浮かび上がる「夜桜」、神田川沿いの桜並木なども観賞でき、知る人ぞ知る都内屈指の桜スポットです。

 そのお花見気分を盛り上げてくれる桜アフタヌーンティーは、可憐な花柄の器が春らしさを演出していて、和モダンのテイストにもよく合っています。上段のお花見定番の三色団子に見立てた、ピンク・白・緑の可愛らしいスイーツは、実は餅ではなく、芋羊羹という楽しい驚きのある一品です。

 桜あんのクリームをホイップしたパンナコッタは桜の枝を模した飾りをトッピング、苺のクレープケーキはピンクの花びらの装飾が桜の香りを運び、ピスタチオとチェリーの焼き菓子にも小さな花びら。桜の薫り満載です。

桜アフタヌーンティーの上段(画像:ホテル椿山荘東京)

 中段は、プレーンスコーン、桜のエッセンスを練り込んだ桜のスコーン、よもぎのスコーンの3種類。

桜アフタヌーンティーの中段は、手土産にも人気のスコーン各種(画像:ホテル椿山荘東京)

 好評につき、再登場したよもぎのスコーンは、あずきを合わせたクロテッドクリームとのベストマッチが楽しみどころです。

あずきのクロテッドクリームとともに楽しみたいよもぎのスコーン(画像:ホテル椿山荘東京)

 下段は、タルトの中に詰めた鰆(さわら)のエスカベッシュや、筍や桜海老をほうれん草の練り込んだパンで挟んだサンドウィッチ、生ハムとクリームチーズのロースト、桜の花とクルミを練りこんだパンとサーモンのサンド。春の旬の食材を取り入れています。こちらも飲み物はお代わり自由です。

桜アフタヌーンティー下段のセイボリー(画像:ホテル椿山荘東京)

「ル・ジャルダン」やロビーでは、開花した桜の生木のアレンジメントを観賞でき、天候や花粉の飛散に左右されずに桜を楽しめる「大人お花見 Style」が人気を博しているそうです。桜のアフタヌーンティーは、そんな大人のお花見気分を盛り上げてくれることでしょう。

ルビーチョコレート使用のさくらスイーツ3種類に注目

 3選最後は、ANAインターコンチネンタルホテル東京の「アトリウムラウンジ」の「さくらアフタヌーンティーセット」です。

ANAインターコンチネンタルホテル東京の「アトリウムラウンジ」(画像:ANAインターコンチネンタルホテル東京)



「今年は、ルビーチョコレートを使用したさくらスイーツ3種類、パンナコッタ、クリームタルト、ボンボンを目玉としています」とラウンジ責任者。

さくらアフタヌーンティーセット 4900円(税・サ別)とアークヒルズの桜並木(画像:ANAインターコンチネンタルホテル東京)

 上段のレアチーズケーキは表面のピンク色をしたソースが桜風味。その隣のクリームタルトは、桜の花弁を模したチョコレートが華やぎを添えています。

さくらアフタヌーンティーセットの目玉は、ルビーチョコレートを使用した3種類のスイーツ。酒粕のミニタルト(中段右から2番目)も変り種(画像:ANAインターコンチネンタルホテル東京)

 タルトの隣はパンナコッタで、こちらにルビーチョコレートが使用されています。右端のミニケーキは、土台の桜風味のフィナンシェに、ホイップクリームと桜風味のクランチをのせ、桜形のチョコレートを飾り付けした小さいながら手の込んだ一品です。

 中段のマカロンの隣がルビーチョコレートのクリームタルト。その横の酒粕のミニタルトは、お花見をイメージした可愛らしいケーキです。ホワイトチョコレートに酒粕と生クリームを加えたクリームを焼き上げたタルトに流し込み、桜風味のクランチ、桜柄のチョコレート、ホイップクリームで仕上げました。酒粕の香りに桜の香りも添えています。

 セイボリーは、2種類のサンドイッチとタルトの生地にピンク色のパウダーを混ぜています。また、桜の色調に馴染むように、蟹やサーモン、小海老など色鮮やかな食材を使用。下段のスコーンの横には、美味しそうなボンボンルビーチョコレートが。飲み物は、コーヒー、ハーブティー、フレーバーティーなど22種類がフリードリンクです。

 ホテルに隣接する「アークヒルズ桜並木」は、約210本のソメイヨシノが咲き競い、桜のアーチを描きます。開花時期の3月下旬から4月中旬にかけては、桜並木のライトアップも優艶な趣です。

幻想的な雰囲気を湛える、アークヒルズ桜並木のライトアップ(画像:ANAインターコンチネンタルホテル東京)

 桜のアフタヌーンティーで一足先に春を愛でるもよし、桜の季節に楽しむもよし、桜の名残と共に味わうもよし。時季を違えて3つをぜひ網羅してみてください。

●シャングリ・ラ ホテル 東京 「ザ・ロビーラウンジ」桜アフタヌーンティー
・場所:東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館28F
・期間:2019年3月1日(金)〜4月30日(火)
・時間:月〜金曜 14:30〜17:30、土日祝:13:00〜17:30
・価格:4800円(税・サ別)
・アクセス:JR「東京駅」日本橋口から徒歩1分、八重洲北口から徒歩2分、東西線「大手町駅」B7出口から徒歩2分

●ホテル椿山荘東京 ロビーラウンジ「ル・ジャルダン」桜アフタヌーンティー
・場所:東京都文京区関口2-10-8
・期間:2019年2月15日(金)〜4月7日(日)
・時間:12:00〜18:00(L.O.)※3月20日までの平日は14:30〜18:00(L.O.)
・価格:3800円(税込・サ別)
・アクセス:有楽町線「江戸川橋駅」1a出口から徒歩約10分

●ANAインターコンチネンタルホテル東京 「アトリウムラウンジ」さくらアフタヌーンティー
・場所:東京都港区赤坂1-12-33 2F
・期間:2019年3月15日(金)〜4月26日(金)
・時間:月〜金曜 12:00〜18:00、土日祝 11:00〜13:00/13:30〜15:30/16:00〜18:00の3部制
・価格:4900円(税・サ別)
・アクセス:各線「溜池山王駅」13番出口より徒歩1分、南北線「六本木一丁目駅」3番出口より徒歩2分

※掲載の情報は全て2019年3月時点のものです。


この記事の画像をまとめて見る(14枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/03/190304_cherryafternoontea_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190304_cherryafternoontea_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190304_cherryafternoontea_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190304_cherryafternoontea_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190304_cherryafternoontea_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190304_cherryafternoontea_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190304_cherryafternoontea_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190304_cherryafternoontea_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190304_cherryafternoontea_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190304_cherryafternoontea_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190304_cherryafternoontea_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190304_cherryafternoontea_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190304_cherryafternoontea_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190304_cherryafternoontea_14-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画