デートで「サイゼリヤ」に行くのはアリ?ナシ? ネットを騒がす論争に終止符を打つ「スペシャルメニュー」の存在感

圧倒的な安さで人気のファミリーレストラン大手「サイゼリヤ」。そんな同店でデートするのはアリでしょうか、それともナシでしょうか。


東京都内に210店舗

 国内外に1517店舗、東京都内に210店舗もある「サイゼリヤ」。

都内にあるサイゼリヤ(画像:(C)Google)



 そんな同店ですが、おいしいイタリアン料理がリーズナブルに食べられる一方、恋人のデートに「アリか」「ナシか」という論争がこれまで度々繰り広げられてきました。

 よく出る意見としては、

・サイゼリヤに連れて行く人はケチ
・サイゼリヤに連れて行かれて文句をいう人は高飛車

などがあります。当事者でも当事者ではなくても、なぜか皆さん白熱。やはりサイゼリヤの存在が身近すぎるからでしょうか?

 ちなみに筆者は「ナシ」派。なぜなら

「もしかして私は本命じゃない?」
「本当に好きな相手を連れてくるところかな?」

と、つい思ってしまうからです。

 でもそんな気持ちは、サイゼリヤの絶対外せない魅力である「リーズナブルさ」に要因があるわけで、何ともいえない気分になります。

サイゼリヤの「スペシャルメニュー」とは

 ただ、そんなことで安易に「ナシ」と言い切っていいのでしょうか?

 圧倒的なリーズナブルさの背景にある企業努力を無視して、「アリ」「ナシ」を判断する私たち消費者は、もしかしたら野暮なのかもしれません。サイゼリヤの「スペシャルメニュー」への献身を知ってしまえば……。

 スペシャルメニューとは、「イタリアのメーカーとの協力や自社工場・農場の取り組みの中で、高品質の食材を求め」(公式ウェブサイト)開発してきた、こだわりメニューのこと。

サイゼリヤのウェブサイトのスペシャルメニューに関するページ(画像:サイゼリヤ)

 いわば社の威信をかけた一味違うメニュー。ということで今回はそんなスペシャルメニューを早速紹介していきます。このこだわりは「アリ」「ナシ」論争に決着をつけるのでしょうか?

1.エスカルゴのオーブン焼き

 まず最初にご紹介するのは「エスカルゴのオーブン焼き」です。

エスカルゴのオーブン焼き(画像:サイゼリヤ)



 名前からしておしゃれなメニューで、使用しているのは本場ヨーロッパのエスカルゴ(食用カタツムリ)。エスカルゴはなじみがない人もいると思いますが、発酵バターを使ったオリジナルソースは、ガーリックも効いていて、香ばしい風味がたまりません。

 価格はなんと400円(税込み)。「エスカルゴのデビューはサイゼリヤだった」という人も多いくらい、本場の味を気軽に楽しめるメニューです。

 他店ではなかなか食べることのないメニューのため、友達との会話のネタにもなります。デートで注文したら盛り上がること間違いなし!

2.バッファローモッツアレラ

 次にご紹介するのは「バッファローモッツアレラ」です。

バッファローモッツアレラ(画像:サイゼリヤ)

 バッファローモッツアレラは水牛の乳を100%使用、イタリアのメーカーから直輸入されたメニューです。

 一般的には値が張るバッファローモッツアレラですが、サイゼリヤの企業努力により安価に楽しめます。

 水牛の乳は牛乳よりはるかに濃厚なため、口に入れた瞬間に広がる香りが格別。この「ミルキーさ」はほかのチーズでは味わえないので、ぜひとも試してください。

 提供から少し時間を置いて食べると、ジュワッとした風味がさらに広がり、病みつきになること間違いなし。もちろん、王道のオリーブオイルと塩で食べるのもアリです。ちなみに、バッファローモッツアレラを使ったピザもあり、こちらもおすすめです。

 価格は300円(税込み)。ぜひデートで注文してみてほしい一品です。

3.柔らか青豆の温サラダ

 お次は「柔らか青豆の温サラダ」です。

柔らか青豆の温サラダ(画像:サイゼリヤ)



 知る人ぞ知る人気メニューですが、食べたことがある人は意外と多くないかもしれません。

 一般的に「脇役」イメージの強い青豆(グリーンピース)をメインに据えていますが、青豆はまったく青臭くなく、むしろ柔らかくプチプチとした食感が唯一無二の魅力です。ブラックペッパーや、羊の乳を原料としたペコリーノチーズを加えると、ワインにも合う実に大人な一品に。

価格は200円(税込み)。ランチにもディナーにもピッタリのサラダです。

4.プロシュート

 最後にご紹介するのは「プロシュート」です。

プロシュート(画像:サイゼリヤ)

 プロシュートは熟成した生ハムを薄く切った料理ですが、サイゼリヤでも食べられます。価格は400円(税込み)。お手頃価格にもかかわらず、とてもこだわって作られています。

 プロシュートに使われている生ハムは、イタリアのパルマハム協会も認めた正真正銘の製品で。原料は、飼料や飼育方法まで厳しく定められたパルマ豚で、職人の手によって1年かけて熟成されています。

 そんなハイクオリティーなプロシュートがこの価格で食べられるのはうれしい驚きです。同店の従業員いわく、甘口ワイン「ランブルスコ」と合わせるのがおすすめとのことです。

 プロシュートがあれば、大人な雰囲気のデートを楽しめそうです。

やっぱりデートに「アリ」?

 今回さまざまなスペシャルメニューを見てきましたが、筆者は意外とデートに「アリ」と思うようになりました。

 変わったメニューは会話のネタになり、何より肩肘はらずにいられるカジュアルな店内は、むしろ圧倒的に「アリ」なのかもしれません。

東京都内のサイゼリヤの店舗数(画像:サイゼリヤのデータを基にULM編集部で作成)



 もちろん値の張る、気合の入ったお店もうれしいですが、サイゼリヤでもまた違った楽しい時間を過ごせるはず。皆さんもぜひデートで訪れてみてはいかがでしょうか?


【画像】サイゼリヤが考える「価格」とは?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211001_saizeriya_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211001_saizeriya_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211001_saizeriya_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211001_saizeriya_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211001_saizeriya_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211001_saizeriya_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211001_saizeriya_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211001_saizeriya_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211001_saizeriya_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211001_saizeriya_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211001_saizeriya_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211001_saizeriya_07-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画