静かな高齢者の多い銭湯から、さらに人情身のあるゆったりした居酒屋へ 西早稲田【連載】新!東京湯巡り、徘徊酒(6)

昔ながらの銭湯でひとっ風呂浴びたら、歩いてなじみの居酒屋へ――。銭湯巡りと飲み屋歩きをこよなく愛するコラムニストの島本慶さんが、東京の魅力的な銭湯と居酒屋のハシゴ歩きへお連れします。第6回は、新宿区の西早稲田からスタートです。


湯殿はため息まじりのジッチャンばっか

 高田馬場から早稲田通りを散歩がてら歩いて、明治通りを越えてズズッと歩くと、右側に子育て地蔵尊・西早稲田源兵衛と書かれたのぼりが目に入ります。そこん所を右に曲がると、二股の道があり、その右を入ると「金泉湯」(新宿区西早稲田)っつう銭湯が。

 サクッと入ると、ちっちゃくて昔から有る銭湯ってのがよおく分かりますな。実は私、若い頃この近くに下宿していて、よく通ったんですよここ。でも今はキレイにリニューアルされて月日の流れを感じます。そう、50年前のことですから、まるでタイムマシンに乗って入りに来た気分。

 まぁそれはそれはとして、いやぁ天井は高いし、洗い場は正面のタイルがおしゃれだし、最近塗り変えたらしい壁の淡いブルーが清潔感タップシ!

 浴槽はどこもジェットで、こりゃいいやってんでサクサクとシモを洗い頭をぬらして湯船にザンブリコ。あ~温かい。ジェットも腰を刺激していい気持ち。

 それにしても4~5人いる入浴客はジッツァンぶぁっか。あっ私も含めてね。みんな独りで来てるらしく静かです。シーンとしていていい感じ。若い人って友達と来るからガヤガヤしてっけど、そういう若者たちは少ないみたい。いいねぇ。でもみんなため息をついてるのが気になります。

 それが心地よさのなせる技か。それとも景気が悪いせいか? まぁいいや。私、こういう銭湯大好き。しんみりしてるのか、のんびりしてるのか、湯につかりつつ若い頃のことを思い出します。

 そもそもこの近くに下宿したのは、新宿にあった「風月堂」というヒッピーのたまり場で出会った油絵を書く画家さんがきっかけでした。彼がアトリエにしていた下宿を、そのまま引き継いで住むことになったからです。

 あの方、今はどうされてるのか、確かカトーさんっていう人だった。生きてるかなぁ?

西早稲田の居酒屋「桃太郎」の店構え(画像:島本慶さん制作)

 というわけで、銭湯を出て何となくウロウロしてみたくなります。古本屋街だったのに、今はあまり見かけません。あぁビール飲みたいと早稲田に向かって歩いてっと、ん? 何々「桃太郎」? 良さげな居酒屋さんを見つけましたよ。ええいままよと入っちゃいます。

オヤジさんとママさん、いいコンビですなぁ!


【地図】今回登場の「金泉湯」と「桃太郎」の場所を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/02/200203_yu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200203_yu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200203_yu_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画