【アフタヌーンティー(6)】伝統や文化が薫る美しい着物や工芸品にふれて感性を磨こう

  • カフェ・スイーツ
  • 後楽園駅
  • 春日駅
  • 水道橋駅
  • 目黒駅
【アフタヌーンティー(6)】伝統や文化が薫る美しい着物や工芸品にふれて感性を磨こう

\ この記事を書いた人 /

アーバンライフ東京編集部のプロフィール画像

アーバンライフ東京編集部

編集部

ライターページへ

熟練のシェフによるメニューをラグジュアリーな空間でいただくホテルのアフタヌーンティー。これだけでもぜいたくな気分になりますが、今回ご紹介するアフタヌーンティーは、着物で文化を楽しんだり、伝統あるヨーロッパのテーブルコーデが体験できたりとさらに特別感があるプランです。本物に触れて感性を磨く至極のひとときはいかがでしょう。

特別な体験を味わえるプラン

 美しいものや伝統あるものに触れると心がときめきます。今回ご紹介するアフタヌーンティーは、伝統文化や憧れのテーブルセッティングを体験できるぜいたくなプランです。

 ひとつは、格式ある唯一無二のミュージアムホテルで過ごす体験型プラン。着物レンタルと着付にアフタヌーンティー、文化財企画の入場券がセットになっています。普段なかなか着物を着る機会がない方でも、手ぶらで気軽に楽しめるプランです。

>>画像一覧はこちら

着物を身にまとい文化財を散策する「着物ランチ~アートと文化財見学~」(画像:株式会社目黒雅叙園リリースより)



 もうひとつは、女性に人気のイベント「テーブルウェア・フェスティバル」とタイアップし、憧れの海外ブランド食器を使用している期間限定「スペシャルアフタヌーンティー」。いつか手に入れたいと思っていたブランド食器でアフタヌーンティーを楽しめます。

30周年を迎える「テーブルウェア・フェスティバル2023」(画像:株式会社 東京ドームホテルリリースより)

●ホテル雅叙園東京「着物ランチ~アートと文化財見学~」

 今回ご紹介するのは、2023年1月11日より開催される「着物ランチ ~アートと文化財見学~」。着物のレンタルと着付け・食事(ランチもしくはアフタヌーンティー)・東京都指定有形文化財「百段階段」の企画展「めでたづくし×百段階段」の入場券がセットになっています。

 舞台は歴史と伝統美に彩られ、その豪華絢爛な様子は”昭和の龍宮城”と評される「ホテル雅叙園東京」。ホテル館内には創業時より受け継ぐ美術工芸品の数々が配置されています。

吉祥モチーフの工芸品や縁起物、七原しえ氏によるイラストなどを展示した「めでたづくし×百段階段」(画像:株式会社目黒雅叙園リリースより)

 約100種類の着物や帯から好きな組み合わせを選んだあとは、プロが着付けやヘアセット(簡易)をしてくれます。着物を着たのは成人式・卒業式以来…?などという方でも安心。初春らしい正統派な装いも素敵ですが、レース小物やハイカラ半襟などの小物類も豊富なので、「レトロモダン」「大正ロマン」など、テーマを決めてトライするのも楽しそう!

 歴史的建造物や工芸品の前で撮影…これは女友達と参加したいイベントですね。

プロカメラマンによる写真撮影などのオプションもあり!(画像:株式会社目黒雅叙園リリースより)

 アフタヌーンティーはCafe&Bar「結庵」で。庭園の裏手に位置し、まるで森の中にいるような気分でアフタヌーンティーを楽しめます。提供されるのは「いちごアフタヌーンティー」で、7種全てにイチゴを取り入れたスイーツと、イチゴの甘酸っぱさを引き立てる4種類のセイボリーが用意されています。

みずみずしく甘酸っぱいイチゴの魅力を味わい尽くせる(画像:株式会社目黒雅叙園リリースより)

 自分好みの着物を身にまとい、アフタヌーンティーを楽しみ、ホテル内を散策して、伝統や文化に触れる1日。優雅な時間を過ごせますね。

●東京ドーム「THE SUITE TOKYO」

 東京ドームで3年ぶりにリアル開催される日本最大級の器の祭典「テーブルウェア・フェスティバル2023~暮らしを彩る器展~」。

 タイアップ新企画として登場したのが、「ウェッジウッド」「バーレイ」「ヘレンド」「レイノー」の4ブランドから1ブランドを選んでアフタヌーンティーを楽しめる「スペシャルアフタヌーンティー」です。イベント入場券を持っている人限定で体験できます。

英国王室御用達ブランド「ウェッジウッド」(画像:株式会社 東京ドームホテルリリースより)

 東京ドームホテルのシェフによるスイーツは全部で7種類。王道の「モンブラン」や「リンゴのタルト」、抹茶の濃厚な味わいとほどよい甘さの「抹茶のティラミス」などの、クオリティーが高いホテルメイドスイーツが並びます。

 憧れの食器でいただく「スモークサーモン薔薇仕立て ライムの香り」などのセイボリーは絵画のような美しさです。

ハイブランド食器でコーディネートされた美しいアフタヌーンティー(画像:株式会社 東京ドームホテルリリースより)

 アフタヌーンティーが提供されるのは、東京ドーム内の完全会員制のプライベートサロン「THE SUITE TOKYO」。球場内が見渡せる、普段入ることのできないスイートエリアです。

 イベントが行われている様子を見ながら最高級の器でいただくアフタヌーンティーは、めったにできないぜいたくな経験になりますね。

東京ドーム場内の特別な空間「THE SUITE TOKYO」でセレブな気分に(画像:株式会社 東京ドームホテルリリースより)

本物に触れて感性を養う

 日本の伝統的な工芸品や着物、ヨーロッパの職人技が光る食器など、本物に触れると、感性や創造力が磨かれます。いにしえに思いをはせて過ごすちょっと特別ななひとときは、記憶に刻まれることでしょう。

 早春のきりりと冷えた空気の中、大人の世界をちょっと垣間見るような体験ができるアフタヌーンティーに、ぜひ参加してみませんか?

1935(昭和10)年建築当時のまま残る「百段階段」(画像:株式会社目黒雅叙園リリースより)

■「着物ランチ~アートと文化財見学~」
開催期間:2023年1月11日(水)~3月12日(日)
※1月30日(月)・31日(火)は除外日
アフタヌーンティー会場:ホテル雅叙園東京 Cafe&Bar「結庵」
受付:10:00~12:30 ※日本料理「渡風亭」にて
時間:14:00~17:00
着物レンタル+着付け+展覧会+アフタヌーンティーセット料金: 1名 17,000円(税サ込)
オプション:袴9,000円/写真撮影ワンカット5,500円
※3日前までに要予約
※詳細は公式サイトをご確認ください。

・「いちごアフタヌーンティー」
開催期間:2023年1月6日(金)~2月9日(木)、2月15日(水)~3月16日(木)
時間:14:00~17:00(L.O.)
料金:5,280円/グラスシャンパーニュ付 7,150円/いちごキャンディーモクテル付 6,600円(いずれもサービス料別)

・「めでたづくし×百段階段」
開催場所:ホテル内 東京都指定有形文化財「百段階段」
時間:11:00~18:00(最終入館17:30)

ホテル雅叙園東京
住所:東京都目黒区下目黒1-8-1
TEL:050-3188-7570(レストラン総合案内 10:00 – 19:00)
アクセス: JR・東急線・東京メトロ南北線・都営三田線 目黒駅より徒歩3分

■「スペシャルアフタヌーンティー」
開催期間:2023年1月27日(金)~2023年2月5日(日)
開催場所:東京ドーム内「THE SUITE TOKYO」
TEL:03-5800-9999 (東京ドームシティ わくわくダイヤル)
時間:11:00~13:00/15:00~17:00 (2部制)
※初日は12:00~14:00、15:00~17:00
※2023年1月27日(金)は12:00~14:00 / 15:00~17:00
料金:「スペシャルアフタヌーンティー」付きイベント前売券 1名10,000円
「スペシャルアフタヌーンティー」単体券1名8,000円
※5日前までに要予約
※詳細は公式サイトをご確認ください。

THE SUITE TOKYO
住所:東京都文京区後楽1-3-61 東京ドームシティ 東京ドーム 3F 31番ゲート
TEL:03-3817-6060
アクセス: JR・都営三田線 水道橋駅より徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅より徒歩5分
都営大江戸線 春日駅より徒歩6分

■「テーブルウェア・フェスティバル2023~暮らしを彩る器展~」
開催期間:2023年1月27日(金)~2月5日(日)
開催場所:東京ドーム、オンライン
時 間:10:00~19:00※入場は閉場の1時間前まで
※初日1月27日(金)は11:00開場、最終日2月5日(日)は18:00閉場予定
料金:前売券2,200円/当日券2,500円※小学生以下は無料

関連記事