下級武士から東京トップに上り詰めた男「後藤新平」 関東大震災から東京を復興させた誇り高き精神とは

1923年に発生した関東大震災で壊滅した東京。その復興に力を入れた人物、後藤新平をご存じでしょうか。『後藤新平 大震災と帝都復興』(越澤明、筑摩書房)について、ブログ「山下ゆの新書ランキング Blogスタイル第2期」管理人の山下ゆ さんが紹介します。


1857年、岩手県奥州市生まれ

 1923(大正12)年9月1日、南関東を巨大な地震が襲いました。関東大震災です。10万人以上の死者・行方不明者を出した大災害ですが、このとき「理想的帝都建設の為の絶好の機会なり」と述べた「不謹慎」な人物がいます。それが後藤新平です。

元内務相兼帝都復興院総裁、元逓信相、元外相、元台湾民政長官、初代満州鉄道総裁、初代東京放送局総裁を務めた後藤新平(画像:時事)

 後藤は震災当時、第2次山本権兵衛内閣において内務大臣に就くことを要請されていましたが、震災翌日の9月2日に第2次山本内閣が成立すると、帝都復興院を設立して自ら総裁という地位に就き(内務大臣と兼任)、東京の大改造を行おうとしたのです。

 後藤は台湾総督府民政長官、南満州鉄道(満鉄)の総裁、逓信大臣、鉄道院総裁、内務大臣、外務大臣、東京市市長などを歴任した人物ですが、今回紹介する越澤明『後藤新平 大震災と帝都復興』(筑摩書房)では、著者が都市計画や都市政策などを専門とする人物だということもあって、後藤の都市計画や都市政策、そして関東大震災後の東京の復興計画に特に光が当てられています。

 後藤は1857(安政4)年、現在の岩手県奥州市にある水沢で生まれています。当時の水沢は仙台藩一門・留守家が統治する土地であり、後藤の家はこの留守家に仕えていました。一族には江戸時代の医者・蘭(らん)学者として有名な高野長英もいます。

 しかし、戊辰(ぼしん)戦争後に仙台藩は厳しい処分を受け、後藤の前途は暗転します。その後、後藤は胆沢県の給仕から医学校へと進み、医者になりました。

 後藤の名が歴史の表舞台に出てくるのは、1882(明治15)年に板垣退助が岐阜で暴漢に襲われて負傷した事件です。他の医師が政府と対立する板垣の治療をちゅうちょするなかで、後藤が板垣の治療にあたりました。

 その後、後藤は内務省の衛生局に入り衛生局長まで出世しますが、相馬事件という旧大名家のお家騒動に巻き込まれて投獄されます。無罪になりましたが、後藤はそれまでの地位を失うことになります。

 ここで、後藤にとって飛躍のきっかけになったのが当時陸軍次官だった児玉源太郎との出会いです。児玉は日清戦争後の帰国兵の検疫を後藤に任せ、後藤は見事にそれをやり遂げました。この後、後藤は児玉とのコンビで大きな仕事を次々とこなしていきます。

台湾統治で手腕を発揮


【画像】関東大震災直後の「銀座」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210830_goto_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_goto_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_goto_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_goto_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_goto_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_goto_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_goto_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画