自然あふれる伊豆七島 しかし「国立公園化」の道は険しく、戦時下でも行われていた!

伊豆大島や新島、三宅島などから成る伊豆七島。そんな伊豆七島が国立公園となるまでの道のりについて、離島ライターの大島とおるさんが解説します。


1936年に国立公園になった伊豆七島

 東京都に属する伊豆七島は富士箱根伊豆国立公園、小笠原諸島は小笠原国立公園として整備されています。

 国立公園の制定は、1931(昭和6)年の国立公園法の制定から始まりますが、その後、次のような時系列で現在に至っています。

・1936年:富士箱根国立公園指定
・1955年:伊豆半島地域を編入し富士箱根伊豆国立公園に名称を変更。同年、伊豆七島国定公園を指定
・1964年:伊豆七島国定公園を富士箱根伊豆国立公園に編入
・1974年:小笠原国立公園指定

伊豆七島の八丈島(画像:海上保安庁)

 伊豆七島が国定公園、のちに国立公園となったのは戦後になってからですが、この地域では戦前から行政による自然公園としての整備が行われてきました。

 当時の内務省は1932年、東京緑地計画協議会を制定。この協議会は首都圏の緑地計画を整備するために設立され、その後、首都圏の「景園地(現在の自然公園)」「行楽道路(現在の緑道)」の整備を進めていくことになります。

 これを受けて東京府では、東京府観光保勝委員会が制定され、府による自然公園の整備が始まります。そして国立公園の指定よりも早く、1936年に府内各地の景園地のひとつとして大島景園地が指定されています。

 こうして国と東京府で実施された自然公園の整備事業ですが、太平洋戦争中も続きます。

国立公園になるメリット


【地図】絶海の孤島「青ヶ島」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210816_shima_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210816_shima_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210816_shima_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210816_shima_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210816_shima_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210816_shima_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210816_shima_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210816_shima_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210816_shima_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210816_shima_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210816_shima_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210816_shima_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210816_shima_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210816_shima_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210816_shima_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210816_shima_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画