人のいない巣鴨の裏路地にポツンと存在 小さなアメリカンカフェがコロナ禍でもへっちゃら繁盛な理由

コロナ禍で多くの外食店が苦しい状況にあるなか、西巣鴨のとあるアメリカンカフェは裏路地にあるにもかかわらず、経営が順調そのもの。いったいなぜでしょうか。都市文化探検隊員のたまきち川たまきちさんが紹介します。


路地裏にあるたった1軒のカフェ

 大正大学と巣鴨北中学校の間の路地に、「AMBER PLACE(アンバープレイス)」(豊島区西巣鴨)というオールドファッションでアメリカンなカフェがひっそりたたずんでいます。

豊島区西巣鴨にある「AMBER PLACE」の外観(画像:たまきち川たまきち)

 2017年11月11日に開業した同店では、若いご夫婦がこだわりのコーヒーと手作りのサンドイッチ、ハンバーガーなどを提供しています。

 ただ、この路地には店が1軒もなく、近所の人が通りすぎるだけで人通りはほとんどありません。普通に考えても「なぜこんなところに……」といった印象です。

 しかしコロナ渦の厳しい状況下でも、お店は健闘しています。一体なぜでしょうか。

手作りへのこだわり

 健闘の背景――そこには主に三つの理由があります。

 そのひとつめの理由は、ひとつひとつ丁寧に手作りされたサンドイッチとハンバーガーです。サンドイッチはクラブサンドイッチやチリビーンズなどの種類があり、筆者は毎回迷います。クラブサンドイッチはアボカドや目玉焼きなどでアレンジできます。

「AMBER PLACE」のクラブサンドイッチ(画像:たまきち川たまきち)

 ハンバーガーは土日しか提供されていませんが、季節限定のメニューなどもあり、ボリューム満点です。ハンバーガーの肉はアメリカ産の赤身にこだわり、バンズも特定のパン屋に特注。付け合わせのフライドポテトも揚げたてで、ジャガイモ本来の味を堪能できます。

 またスイーツも魅力的です。アップルパイやチェリーパイ、季節によってはパンプキンパイなども本場さながらの味。筆者は若い頃、アメリカのカリフォルニアに住んでいたことがあり、これらのパイは当時を思い出させてくれます。特筆すべき再現度ですが、なんと独学で作り上げたといいます。

 そんな手作りメニューが、近所の人を引きつけているのです。

オールドファッションな内装と空間


【画像】土日のみ提供「手作りハンバーガー」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210812_cafe_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210812_cafe_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210812_cafe_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210812_cafe_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210812_cafe_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210812_cafe_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210812_cafe_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210812_cafe_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210812_cafe_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210812_cafe_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210812_cafe_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210812_cafe_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210812_cafe_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210812_cafe_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210812_cafe_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210812_cafe_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画