日比谷の顔「日生劇場」を手掛けた建築家・村野藤吾 生誕130年を機に振り返る

日本を代表する建築家のひとりで、2021年で生誕130年を迎える村野藤吾をご存じでしょうか。今回は村野が手掛けた都内の建物について、フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


横浜市の旧庁舎を手掛けた村野藤吾

 神奈川県横浜市で市長選が8月8日(日)に告示されます。横浜市の人口は370万人を突破し、市町村では日本最大を誇ります。それだけに行政課題は多岐にわたるわけですが、今回の市長選ではカジノを含むIR(統合型リゾート)の是非が大きな争点になっています。現在、横浜市はIRに対して理解を深めてもらおうと市庁舎でIRのパース図を公開展示しています。2020年、横浜市はそれまで関内駅前にあった市庁舎を馬車道駅前へと移転させました。新しくなった市庁舎は、これまでの庁舎とは異なり高層ビルとなっています。

日生劇場は有楽町・日比谷ではニューカマーだが、村野がデザインした建物はほかと比べてもヒケを取らない(画像:小川裕夫)

 それまでの使用されていた旧庁舎は、1959(昭和34)年に完成。完成から50年以上がたち、建物が老朽化したことや新たな機能が求められてきたことなどが理由となり、以前から横浜市は新庁舎を計画していたのです。

 旧庁舎の設計を手がけたのは、村野藤吾です。村野は丹下健三・前川國男と並び戦前から戦後にかけて活躍した日本を代表する建築家です。それだけに、村野が設計した市庁舎は多くの建築ファンから親しまれていました。

 村野は佐賀県東松浦郡満島村(現・唐津市)出身です。唐津出身の建築家には、東京駅や日本銀行を設計した辰野金吾、三菱に入社して丸の内の建物群を設計した曽禰達蔵(そね たつぞう)といった建築界のビッグネームがいます。

 辰野も曽禰もお雇い外国人のジョサイア・コンドルに学びましたが、村野はコンドルから教えを受けていません。また、辰野や曽禰から直接的に薫陶を受けたわけでもありません。

 村野は丹下健三と同時代に活躍しました。そのため、「東の丹下、西の村野」と称されることもあります。これは、村野が手がけた建築物が大阪を中心に西日本に多いことが理由です。

 西日本に多く点在する村野建築ですが、東日本にも村野が設計を手がけた建築物はたくさんあります。先述した横浜市庁舎もそのひとつでしたが、東京でも村野設計の建物がいくつかあります。

1963年に完成した有楽町の日生劇場


【画像で比較】横浜市の「新庁舎」「旧庁舎」、どちらが素敵?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210804_murano_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210804_murano_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210804_murano_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210804_murano_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210804_murano_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画