たった300円で「正月疲れ」も吹っ飛ぶ? 築地駅から徒歩7分、癒され施設「タイムドーム明石」に行ってみた

都内におしゃれなプラネタリウムは数あれど、「公共系」プラネタリウムの魅力に気づいている人は少ないでしょう。ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


1986年のハレー彗星ブーム

 2019年に全国で部分月食が観測される予定日は、12月26日(木)です。いつの時代も惑星や恒星、そして彗星と天文の話題は人の興味をそそるもの。なにしろ親から子どもまで、世代を超えて楽しめる独特の神秘性があります。

 筆者が思い出すのは1986(昭和61)年のハレー彗星。約75年周期で地球へやってくる彗星に多くの人が湧き、夜になるとあちこちで天体観測が行われていたのを記憶しています。このときは日本での観測条件が悪く(地球の自転の関係で高度が低かった)、条件のよい南半球のオーストラリアに出かけるツアーなんてものもありました。

 もちろん当時は小学生ですから、どだい無理な話。そのため、「あと75年を生きれば再び見ることができるのだ」と心に誓ったものです。次の接近は2061年ですので、あと42年。果たして、筆者はその年まで生きていることはできるのでしょうか。

「天文博物館 五島プラネタリウム」を覚えていますか

 さて冬の星空は綺麗ですが、夜景が生える東京は街の明るさゆえ、空を見上げても目に入る星は決して多くありません。

 そこで出かけたいのが、プラネタリウムです。かつて東京に暮らす人たちにとって、プラネタリウムは「思いついたら、すぐにいけるスポット」というイメージがありました。渋谷の駅前に「天文博物館 五島プラネタリウム」があったからです。

 渋谷駅東口の東急文化会館の最上階にあったこのプラネタリウムは、銀座線の車内などあちこちから見ることのできる渋谷のランドマークでした。開館したのは1957(昭和32)年ですので1990年代には、既にレトロな部類。

 それでも開館当時、東急文化会館に目玉となる施設を欲していた東急の会長・五島慶太の意向で、プラネタリウムでは西ドイツのカール・ツァイス社製の投影機「IV型 第1号機」が稼働していました。眺めているだけでワクワクする投影機ですが、筆者は投影中にこの機械が止まって、解説員が「ちょっとお待ちください」と慌てる現場に遭遇したことがあります。

最先端のプラネタリウムはやっぱりすごい


【画像】タイムドーム明石 まるごと写真館!(13枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191219_planetarium_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191219_planetarium_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191219_planetarium_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191219_planetarium_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191219_planetarium_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191219_planetarium_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191219_planetarium_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191219_planetarium_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191219_planetarium_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191219_planetarium_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191219_planetarium_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191219_planetarium_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191219_planetarium_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191219_planetarium_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画