デジタル時代の仕事に行き詰ったら、秋葉原「メイド喫茶」に再注目すべきワケ【連載】これからの「思考力」の話をしよう(3)

歴史の風雪に耐えた基礎的な理論・フレームワーク(思考の枠組み)を紹介し、現在でも色あせないその魅力について学んでいく連載シリーズの第3回。今回紹介する理論・フレームワークは「イノベーション」です。


イノベーションの「本質」とは

 このところ、企業の現場やメディアでよく話題に上るのが「イノベーション(革新)」で、

「海外の先進技術を取り入れて改善するというこれまでのやり方では勝てない。斬新なイノベーションを起こす必要がある」
「アメリカのIT企業はイノベーションで躍進している。DXなどのイノベーションを取り入れることが成長のカギだ」

などと言われています。DXとは「デジタルトランスフォーメイション」の略で、ITの浸透による変革を意味します。

 さて、イノベーションという言葉自体は市民権を得ましたが、

「本質は何か?」

と問われると、意外と戸惑います。

 まず今回は、過去のイノベーション研究を踏まえて、イノベーションを巡るいくつかの誤解について考えてみましょう。

「AI = イノベーション」とは限らない

 第一に、科学的な発明やAI(人工知能)、DX、FinTech(フィンテック。ITを駆使した金融サービスの創出)といった最先端の科学技術を用いることがイノベーションだと考えがちですが、そうとは限りません。

秋葉原にあるメイドカフェのイメージ(画像:写真AC)

 イノベーションという概念に最初に着目したアメリカの経済学者、ヨーゼフ・シュムペーターによると、イノベーションには、

1.消費者の間でまだ知られていない財貨や新しい品質の財貨の生産
2.新しい生産方法の導入
3.新しい販路・市場の開拓
4.原料あるいは半製品の新しい供給源の獲得
5.新しい組織の実現

という五つがあります。

 このうち「1」「2」は科学技術を利用しますが、最先端とは限りません。また、「3」「4」「5」は科学技術とさほど関係ありません。

 例えば、従来は赤ちゃんに使っていた紙オムツを介護用に使ったり、従来は飲食店が無料で提供していたお茶をペットボトルに入れて有料で売ったりするのも、立派なイノベーションです。

 第二に、「ゼロから1を作り出す」ことがイノベーションだと考えられがちですが、たいていのイノベーションはゼロから生まれるわけではありません。

 シュムペーターはイノベーションの本質を、

「新結合の遂行」

としています。

 つまり、すでに存在する情報・アイデア・ノウハウの組み合わせを変えることで、イノベーションが生まれるのです。

メイドカフェは画期的なイノベーション


【経営者・幹部1718人に聞いた】DXへの「投資状況」と成果

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210506_innovation_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210506_innovation_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210506_innovation_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210506_innovation_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210506_innovation_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210506_innovation_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210506_innovation_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画