東京都心、実は「山」だらけだった 東京タワーお膝元の「最高峰」をご存じ?【連載】分け入っても低い山(1)

ビルばかりが立ち並ぶ東京都心にも、実はいくつも山があります。都心で最も高い「天然の山」は、標高25.7m。どこにあるかご存じですか? 低山評論家の二上山小鹿さんがナビゲートします。


コロナ禍もバッチリな趣味「登山」

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、なかなか出歩く機会が減りました。

 自粛のムードも半年以上を過ぎて、気になるのは体力の低下です。コロナ太りも避けたいのですが、さらに体力まで落ちると今後の生活に不安を感じてしまうもの。

 そろそろソーシャルディスタンスの作法も身についてきました。次第に涼しくなってくる時期におすすめなのは、都心の散歩ならぬ「登山」ではないでしょうか。

想像以上に高低差が激しい東京の街

 関東平野に位置する東京の街。だいたい上京して来た人はあぜんとするでしょう。関東平野って聞いていたのに、ずいぶん高低差があるじゃない、と。

 同じく平野にある街、例えば大阪や広島は、ずうっと真っ平らな土地が続きます。こうした土地に暮らしている人は、街の中にあるごく一般的な坂を「これこそ急な坂だ」と認識しています。

 ですから東京に来ると驚きます。自分の住んでいた街よりもキツい坂が、当たり前のようにあるのです。

東京タワーから北へ600mちょっと。都心最高峰の山とは?(画像:(C)Google)

 皇居(千代田区千代田)の外周、三宅坂(みやけざか)あたりから麹町のある西の方角を見ると、開けた視界の向こうに崖を登るような道が続いている……慣れていないうちは、そんな風に見えるものです。

 東京は決して標高の高い土地ではないという人もいますが、武蔵野台地の標高は20~30m。

 市街地の標高が最大でも5mくらいの広島市の人などからしたら、ビル5~8階分ほど上、驚くほど高いところに街が広がっているように感じます。

江戸時代、山は格好の行楽地だった


【最高峰】記事に登場する山2か所の地図をチェック(2枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/09/200904_lowmoutain_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200904_lowmoutain_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200904_lowmoutain_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200904_lowmoutain_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200904_lowmoutain_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200904_lowmoutain_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画