港区に漂うパリのエスプリ 日本唯一の正統派アールデコ館「旧朝香宮邸」をご存じですか

旧朝香宮邸を転用した建物として知られる港区「東京都庭園美術館」。同美術館は国内で唯一アールデコのエスプリを今に伝える建造物です。詳細を、都市探検家の黒沢永紀さんが解説します。


目黒駅から徒歩7分のモダン建築

 JR目黒駅から目黒通りを東へ徒歩約7分。坂を上りきった左側にある「東京都庭園美術館」(港区白金台)は、かつて日本の皇族だった朝香宮(あさかのみや)家の初代当主・朝香宮鳩彦王(やすひこおう。1887~1981年)の私邸を転用した建物です。

 アイボリーに塗装されたシンプルな外観からは想像できないほど、館内にはめくるめくアールデコの世界が広がる旧朝香宮邸は、国内で唯一パリ・アールデコのエスプリ(機知)を今に伝える建造物といえるでしょう。

 今回は、孤高の昭和モダン建築、旧朝香宮邸にせまります。

アールデコとは何か

 アールデコという言葉を耳にされた人は多いと思いますが、これは1925(大正14)年にパリで開催された万博「現代装飾工芸芸術博覧会(アールデコ博覧会)」の仏語原題から、のちに命名された言葉です。

 その展覧会名が示すとおり、装飾や工芸に特化した万博で、日用品や装飾品はもちろん、内装インテリアから建築まで展示された万博でした。

 その出品条件は“従来にない新しい造形”。この条件が課せられたおかげで、フランスをはじめとした各国のデザイナーがしのぎを削り、それまでにない新しいデザインが一堂に会しました。

 アールデコ博に並んだ作品のルーツには、18世紀末の頃から始まった、数々の新しい芸術運動があげられます。

単色に塗られ、ほとんど装飾がない旧朝香宮邸の外観(画像:黒沢永紀)

 まず、世紀末にイギリスで誕生したアール・ヌーヴォーは、それまでの古典的な装飾を捨て、自由に有機的な表現をする造形でした。

 そして20世紀に入り、大量生産と大量消費が始まり、自動車や電信・電話などが普及するなど、スピード感のある社会へ変貌すると、アール・ヌーヴォーとは対照的に、規則的で直線的な表現が生まれます。

アール・ヌーヴォーとモダニズムの融合


【画像】まさに特異な存在? アールデコを継承する「旧朝香宮邸」の内部を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/08/200804_asaka_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200804_asaka_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200804_asaka_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200804_asaka_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200804_asaka_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200804_asaka_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200804_asaka_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200804_asaka_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200804_asaka_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200804_asaka_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200804_asaka_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画