全国で1軒! ナチュラルローソンのコラボ店舗には、オーガニック生野菜が並ぶ

美と健康に特化したコンビニ「ナチュラルローソン」と、24時間営業のオーガニックスーパーが合体した「ナチュラルローソン&food kurkku 神宮外苑西店」。生産者の「顔」が見える新鮮な野菜が並ぶほか、お弁当には、お店で炊いたお米が使われます。


美と健康に特化したコンビニ、ナチュロのコラボ店舗

 日々の暮らしにうれしいコンビニ「ナチュラルローソン」。約18年前、ローソンの社員が「美と健康に特化したコンビニ」を発案したことをきっかけに誕生しました。

 原材料に気を配ったお惣菜やお弁当などが並ぶほか、ノンフライのポテトチップス、シックな文房具、珍しい飲み物など、つい時間を忘れてわくわくしてしまう商品が並んでいます。事実、1人あたりの滞在時間が、通常のローソンよりも長いのだそう。

「ナチュラルローソン&food kurkku 神宮外苑西店」に並んでいた個性豊かなドリンク類(2018年9月28日、高橋亜矢子撮影)



 そんなナチュラルローソンのなかでも、特に長居必至かもしれない店舗が外苑前にあります。それは「ナチュラルローソン&food kurkku (フードクルック)神宮外苑西店」。

「ナチュラルローソン&food kurkku 神宮外苑西店」の入り口(2018年9月28日、高橋亜矢子撮影)

 ナチュラルローソン、24時間営業のオーガニックスーパー「food kurkku」、広めのイートインスペース、デリがぎゅっと1つに合体しています。

店内の様子。写真奥がナチュラルローソン部分。さらに奥に進むとイートインスペースがある(2018年9月28日、高橋亜矢子撮影)

 ローソンとkurkkuのコラボによるこの業態は、全国で1軒だけのレア業態です。

高速バスが届ける、新鮮朝どれ野菜

 同店は、オーガニックな消費や暮らしの在り方を、さまざまな業務形態で展開しているkurkkuの提案で2012年オープンしました。

 入店してまっすぐに進むと、目に飛び込んでくるのはカゴに盛られた新鮮野菜。food kurkkuの野菜(一部)は「産地直送あいのり便」という、高速バスの空きトランクを利用した輸送システムで届きます。朝とれた野菜が、その日の午後には到着。茨城、栃木、群馬の北関東3県のほか、静岡などからも届きます。

「産地直送あいのり便」によって届けられた野菜たちが並ぶ「バスあいのりマルシェ」(2018年9月28日、高橋亜矢子撮影)
到着は交通の事情で前後する場合もある(2018年9月28日、高橋亜矢子撮影)

商品の価値を可視化! 手書きPOPの熱量

 そのほかにも随時、旬の食べ物が並びます。取材日には、新鮮な北海道産とうもろこしがありました。「生で十分甘い!!」と書かれた手書きのPOPのインパクトも強いです。

氷が敷き詰められた発泡スチロールの中に、ぎっしりと並ぶひげ付きのとうもろこし(2018年9月28日、高橋亜矢子撮影)



 POPは売り場の随所に貼られています。どれもこれも、ぱっと見だけでは伝えきれない、商品それぞれの持つストーリーを伝えるため、スタッフ自ら書いたものです。

凛々(りり)しい北浦しゃものイラストもスタッフによる手描き(2018年9月28日、高橋亜矢子撮影)
こだわりのみかんやりんごのジュースにも説明がびっしり(2018年9月28日、高橋亜矢子撮影)

 food kurkkuが扱う商品は高付加価値。こだわりが深いぶん、値段もけっして安くはありません。何も知らないままだと、手に取りづらい可能性もあるでしょう。「だからこそ、情報を可視化する必要があるんです」と、food kurkkuの担当者は話します。

 お客さんのなかには、ここならではの商品を求めて、八王子から来る人もいるそうです。

平日はkurkku製のお弁当が並ぶ

 さらに平日のみ、コンビニエリアのお弁当コーナーには、kurkku製のお弁当が並びます。

お弁当のほか、唐揚げなどのお惣菜も並ぶ(2018年9月28日、高橋亜矢子撮影)

 お米は玄米と白米の2種類で、どちらも毎日店内で炊いているもの。なお、おにぎり、サンドイッチ、麺類などはローソンの商品が並びます。

 お弁当が店に並び始めるのは10:00前後。それと同時にお惣菜3~4種類(日によって数が異なる)が並ぶデリコーナーの営業も始まります。お惣菜の分量を自分で決めたい人は、デリを利用するのが良いでしょう。

豚と野菜のアジアン炒め弁当(648円)を食べてみた。ヤングコーンをはじめ、野菜がシャキッとしているのが印象的。玄米は表面ぷりぷり、内側ふっくら(2018年9月28日、高橋亜矢子撮影)

 店内にはイートインスペース(営業時間:8:00~22:00)があるため、買ってすぐ食べることも可能です。ソファ4席、電源のある6席を含めた約26席は、コンビニのイートインとしては広めでゆったり。お昼時は混み合うこともあるそうです。

イートインスペースにはソファもある(2018年9月28日、高橋亜矢子撮影)
精米したてのお米をfood kurkkuで購入することも可能。1キロから精米してくれるという(2018年9月28日、高橋亜矢子撮影)

お酒専用の冷蔵庫も! ワインコーナー大充実

 同店はお酒も充実しています。ワインコーナーは、選びやすい棚の配置になっているほか、すぐそばには、food kurkkuのおつまみ類も並んでいてありがたい限りです。

棚にぎっしり並ぶワインは、ナチュラルローソンがセレクトしている(2018年9月28日、高橋亜矢子撮影)
どんな食べ物に合うのかも書かれている(2018年9月28日、高橋亜矢子撮影)

 なお同店に限らず、他のナチュラルローソンも軒並みワインの品揃えが多めなのだといいます。

「青いローソンよりも圧倒的にワインの品揃えが豊富です」(ナチュラルローソン担当者)

 1000円前後で買える手頃なものから7000円前後のものまで、選択肢も豊富です。さらに同店では、他のナチュラルローソンでは取り扱いのない成城石井のワインや、シャンパンなども並びます。

 青山という立地ゆえ、あえて高めのお酒も置いているのだとか。6000~7000円台のシャンパンが週に4~5本売れることもあるそうです。

左脇のワイングラスは、プラスチック製のもの。割れないので持ち運びにも便利(2018年9月28日、高橋亜矢子撮影)

 見ているだけでわくわく。口にすれば、体の内側も喜びそうな商品の数々。思わず時間を忘れてしまう可能性があるので、来店の際は、滞在時間に余裕を持って行くことをおすすめします。

●ナチュラルローソン&food kurkku 神宮外苑西店
住所:東京都渋谷区神宮前3-35-8
交通アクセス:銀座線「外苑前駅」から徒歩約10分
営業時間:24時間営業(イートインスペースは8:00~22:00)

※記事公開時点の情報です。


【写真】インパクト大!「ナチュラルローソン&food kurkku」のアツい手書きPOP

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2018/11/181026_rowson_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/11/181026_rowson_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/11/181026_rowson_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/11/181026_rowson_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/11/181026_rowson_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/11/181026_rowson_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/11/181026_rowson_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/11/181026_rowson_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/11/181026_rowson_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/11/181026_rowson_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/11/181026_rowson_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/11/181026_rowson_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/11/181026_rowson_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/11/181026_rowson_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/11/181026_rowson_15-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画