渋谷だけじゃない? 東京近郊に続々誕生、個性際立つ「駅ビル」4選

都内近郊で近年、個性豊かな「駅ビル」が続々と誕生しています。その動向について、都市商業研究所の若杉優貴さんが解説します。


鉄道地下化で変わる「下北沢」、演劇を見たあとに一杯も

 渋谷駅の新たな「駅ビル」となる渋谷スクランブルスクエアが話題を集めるなか、都内近郊でも規模は小さいながら個性が光る新たな「駅ビル」たちが次々と生まれています。今回は、2019年11月から12月にかけて開業した4つの駅ビルを紹介します。

 まず最初に紹介するのは、11月1日(金)に開業した小田急電鉄の商業施設「シモキタエキウエ」(世田谷区北沢)です。

下北沢駅上層部分にオープンした「シモキタエキウエ」(画像:都市商業研究所)

 シモキタエキウエは地下化された小田急小田原線の下北沢駅上層部分の改札内外に開業した商業施設で、施設のコンセプトは「UP!(シモキタアガル)」。毎日の暮らしの楽しさや利便性が「アガル」、訪れた人の気持ちが「アガル」施設をコンセプトに掲げています。

 テナントとしては、改札内外に2店舗出店するコンビニエンスストア「セブンイレブン」、生活雑貨「SOCO thinking GORILLA」、時計「タイムランド」のほか、「スターバックスコーヒー」など飲食店を中心に16店舗が出店。

 飲食店街には「立呑み天ぷら KIKU」や「タイ料理研究所」など個性的な店舗も軒を連ねており、多くは23時までの営業で、仕事帰りや下北沢でのライブや演劇を見たあとのちょっと一杯も楽しめそうです。

 このほか、小田急電鉄は小田原線代々木上原駅・梅ヶ丘駅間の連続立体交差化・複々線化事業によって地下化された鉄道跡地を「下北線路街」として整備を進めており、数年後には下北沢駅前に温泉旅館なども誕生する予定となっています。

平凡な駅構内がオシャレ空間に


【画像】2年前の地味すぎる「和光市駅南口」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191210_shisetsu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191210_shisetsu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191210_shisetsu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191210_shisetsu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191210_shisetsu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191210_shisetsu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191210_shisetsu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191210_shisetsu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191210_shisetsu_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画