東京タワーでダイエット? 600段の「階段コース」 盛り上がるレースイベントも

2018年12月4日

お出かけ
ULM編集部

東京の象徴ともいえるランドマーク、東京タワー。その展望台(メインデッキ)には、エレベータでなく外階段でも昇ることができ、この外階段を使ったレースイベントも毎年開かれています。


土日祝のみ開放、歩いて昇れば15分

 長年、東京のシンボルとして親しまれている東京タワー。高さ150mのメインデッキと、250mのトップデッキのふたつの展望台から東京の景色を楽しむことができる、人気の観光スポットですが、土日祝の昼間に限り、エレベーターではなく外階段で150mのメインデッキに昇ることができるのをご存知でしょうか?

観光客に人気のランドマーク、東京タワー(©TOKYO TOWER)

 その数約600段。歩いて昇っても15分ほどですが、風に吹かれ、景色を楽しみながら身体を動かすことができ、展望台まで昇ったら「昇り階段認定証」ももらえます。入場料は通常の展望料金と同じで、メインデッキまで大人900円です。

 実はこの「外階段コース」、一部のランニング愛好者からも注目されている存在です。年1回、この外階段を駆け上がるレースイベント「東京タワー階段競走」が開かれていて、2018年ですでに7回目を数えるというのです。

タイムを競う「階段競争」はトレーニングにも?

2018年6月に開かれた、第7回 東京タワー階段競走(画像:東京タワー階段競走実行委員会)

昇り方によって鍛えられる部位も異なる?


この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2018/08/180817_towerstairs_01-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/08/180817_towerstairs_02-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/08/180817_towerstairs_03-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/08/180817_towerstairs_04-1-150x150.jpg

New Article

新着記事