歴史の証人に遭遇? 昭和最大のミステリー「三億円事件」を辿ってぶらり散歩

1968年に発生、世間を震撼させた大事件「三億円事件」。その現場となった府中市を紀行ライターのカベルナリア吉田さんが歩きます。


国分寺街道を南へ下り、学園通りへ

 JRそして西武線国分寺駅で降り、北口から外に出ると駅前は大開発中。タワーマンションが立ち並び、そのふもとには更地が広がり、さらに何か大規模なものが造られる様子です。

 バス停には人が大勢並び、バスが来ると一斉に乗り込んでいきます。一瞬、人はいなくなりますが、また人が並びバスが来て、車が途切れずに走り――駅前の喧騒は収まる気配がありません。

 ロータリーの一角から道幅の狭い商店街が延び、店がひしめいています。唐揚げハイボール酒場、コンビニエンスストア、携帯電話ショップ――かつてこの辺りに、日本信託銀行国分寺支店があったはずですが、残像は見えません。

かつて日本信託銀行があった商店街(画像:カベルナリア吉田)

 商店街の入口を国分寺街道が横切り、大きくカーブして南へと延びています。JR中央線の高架をくぐり、多喜窪通りを渡って少し進むと――歩道が途切れました。道沿いは一戸建ての家が多くなり、古い商店も残っています。

 続く交差点の信号に「一里塚」の表記も。道ばたに立つ古い「東元町商店会」の看板。「お買い物は地元商店街」の一文が歴史を感じさせ、時が少しずつ遡っていきます。

「お鷹の道」への方向を示す案内板に誘われ、小川沿いに延びる脇道にそれてみます。流れる小川は野川。「名水100選」「カワニナを取らないで」「ホタルの住む川」の看板が次々に現れます。

どこまでも続く高さ4mほどの白い塀


【画像】昭和の衝撃「三億円事件」の現場写真を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/11/191129_fuchu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_fuchu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_fuchu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_fuchu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_fuchu_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_fuchu_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_fuchu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_fuchu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_fuchu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_fuchu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_fuchu_05-150x150.jpg

New Article

新着記事