90年前の威厳そのままに――重要文化財「日本橋高島屋」の魅力を語りつくす

令和の時代を迎えた今も、1933(昭和8)年建築当時の威風を守り続ける、中央区日本橋の老舗百貨店「日本橋高島屋」。館内を見渡せば、設計を手がけた日本近代建築家たちの哲学を随所に読み取ることができます。都市探検家・黒沢永紀さんがアテンドします。


近代の2大巨匠が遺した傑作建築

 2009(平成21)年、国内の百貨店で初めて国の重要文化財に指定された日本橋高島屋。その指定基準の最大の要因は、建築的な価値にありました。

 日本近代建築の重鎮、高橋貞太郎(たかはし・ていたろう、1892年~1970年)と村野藤吾(むらの・とうご、1891年~1984年)による時代をまたいだコラボレーションは、隅から隅まで見所が満載です。

創建当時の姿を今に伝える日本橋高島屋の外観。右奥の反り屋根の部分からが村野藤吾による増築部分(画像:黒沢永紀)

 1831(天保2)年より呉服屋を営んでいた高島屋が百貨店として開業したのは、1898(明治31)年の大阪店。当時は老舗呉服店の百貨店化が盛んな時代で、高島屋にとって競合ともいえる三越をはじめとした多くの呉服屋が百貨店として開業したのもこの頃でした。

 瞬く間に業績を伸ばした高島屋は、1900(明治33)年に現在の日本橋店となる東京店を開店。その後、昭和に入って鉄筋コンクリート造が普及し始めたのを受けて、本格的な百貨店建築への建て替えを計画しました。「どうせ造るなら最高のものを」と設計を公募し、採用されたのが高橋貞太郎の案でした。

 高橋貞太郎は、宮内庁関連の建築物の改修などでキャリアをスタートさせ、関東大震災後の復興局とも深いつながりのある人物。学士会館や前田侯爵邸の設計で知られる日本建築界の重鎮で、日本橋高島屋は初期の作品になります。

 1933(昭和8)年に竣工した地上8階、地下2階、総鉄筋コンクリート造の建物が、現在も中央通りに面してそびえる日本橋高島屋の本館です。あまり知られていませんが、創建当初のビルの名前は「日本生命館」といい、日本生命が建設して高島屋が借り受ける形でした。全館冷暖房完備をうたった当時のコピー「東京で暑いところ、高島屋を出たところ」は一世を風靡したといいます。

 イタリアから取り寄せた大理石が使われた1階の列柱や、天井に施工された豪華なシャンデリアは、1927(昭和2)年に竣工した三越本店と双璧をなす豪華さ、と賞賛を浴びたそうです。

擬宝珠(ぎぼしゅ)を頂くエントランス支柱


【画像】ため息が漏れそう――日本近代建築を今に伝える、日本橋高島屋の美しい内装

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/10/191020_takashima_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191020_takashima_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191020_takashima_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191020_takashima_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191020_takashima_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191020_takashima_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191020_takashima_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191020_takashima_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画