大久保駅から徒歩1分 台湾の香り漂うパワースポット「東京媽祖廟」とは何か

大久保駅近くにあるパワースポット「東京媽祖廟」について、都市探検家・軍艦島伝道師の黒沢永紀さんが解説します。


国際タウン大久保の新しいパワースポット

 JR大久保駅の南口から南へ徒歩1分。赤提灯が並ぶ雑多な路地に突如現れる極彩色な御殿は、東京で唯一の「媽祖廟(まそびょう)」です。媽祖廟とは何か。今回は、大久保に出現した台湾の深~い信仰の話です。

2013年に開廟した、東京で唯一の媽祖廟「東京媽祖廟」の正面(画像:黒沢永紀)

 韓流やスパイス村としてメディアでも度々取り上げられる大久保。そんな喧騒とは裏腹に、JR大久保駅南口の駅前には赤提灯が肩を寄せ合う、昭和が色濃く残った飲食街が広がりす。

 かけそば1杯220円や、ボロボロな店構えの牛スジカレー、果てはパン屋の角打ちまで。また、駅の目の前には、何年も放置された専門学校の廃校舎やラブホテルの廃墟が佇み、その光景はおよそ新宿から1駅とは思えません。

 そんな脱力系の大久保駅前に、突如6年前に現れたのが「東京媽祖廟」(新宿区百人町)です。たくさんの大小の龍と鳳凰が彫り込まれた極彩色の壁、そして巨大な白菜があしらわれた2本の柱の間に、大久保らしからぬ異空間が口を開けます。

媽祖廟とはなんぞや?

 媽祖廟……聞きなれない名称だと思います。特に台湾で篤い信仰を集める媽祖を祀った道観(どうかん。道教での寺院のような施設)で、台湾にはその数900余。信徒数は1500万人以上というから、実に台湾国民の3分の2が入信していることになります。

 媽祖廟で祀られる本尊の媽祖は、航海・漁業の守護神として中国南部の沿岸や台湾で篤く信仰されている、道教の神々のひとり。天妃娘娘、天上聖母、媽祖菩薩などの尊号でも呼ばれます。

 道教の神なのに菩薩の尊号が与えられているのは、12世紀ごろの中国で、海運の神と崇められる観音菩薩の信仰と融合し、媽祖は観音菩薩の生まれ変わりと考えられたためといわれます。

多くの海賊に信奉されていた


【写真】懐かしい、そしてなぜか落ち着く……都内にある路地裏の風景(14枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/09/190923_okubo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/190923_okubo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/190923_okubo_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/190923_okubo_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/190923_okubo_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/190923_okubo_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/190923_okubo_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/190923_okubo_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190923_okubo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190923_okubo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190923_okubo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190923_okubo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190923_okubo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190923_okubo_05-150x150.jpg

New Article

新着記事