自宅で猫が飼えないので狂気の妄想に浸りまくる女子を描いた漫画「猫は宇宙の真理です」

飯田麻奈さんは、東京の「田舎」で暮らすイラストレーター兼絵本作家。そんな飯田さんが今回描くのは「妄想猫」です。


妄想ですが、なにか?

 飯田麻奈さんは、女性や子ども向けの作品を手掛けてきたイラストレーター・絵本作家で、現在「東京とは名ばかり」の、山や田んぼが広がる場所に住んでいます。そんな飯田さんが描くアーバンライフメトロ・オリジナル4コマ漫画、今回のテーマは、東京の「妄想猫」です。

飯田さん自身の体験を描いた漫画のカット(飯田麻奈さん制作)

――飯田さん、今回の作品の背景を教えてください。

 私は猫ちゃんが好きなのですが、諸々の事情でペットを飼うことができないんですよ。今の私の優先順位は仕事が一番ですし、ペットを一度飼うとなると10年は面倒を見るという覚悟が必要です。自分ひとりの面倒すら大変ですから、まだそんな責任を持てないと思っているんですよ。

――そうなんですね。というか、まさかの「マジ語り」から始まりましたね(汗)。

 ええ、マジ語りですとも。たまに道端で猫ちゃんを見かけたり、インターネット上で猫ちゃんの可愛らしい動画を見たりするのですが、そうすると猫ちゃんのことしか考えられなくなるんです。ですから、「妄想」で猫ちゃんを飼うことにした次第です。妄想の猫ちゃんなら死んじゃったりすることもなく、悲しい想いをせずに済みます。

――確かに。そもそも、なぜ猫が好きになったのでしょうか。

 それは分かりません。実家で飼っていたこともありませんし、気づいたら猫好きになっていました。以前何かで、猫ちゃんは「人間を支配している」と耳にしましたが、その通りだと思いました。猫ちゃんの思う壺です。以上、マジ語り終了です!

――ほっほっほ。ではテンションを上げていきましょう。ところで犬はOKなのでしょうか。

 ワンちゃんも好きですが、猫ちゃんの方が好きです。特にツンデレ感がやばい!

――ツンデレ感ねぇ。飼えないなら、猫のぬいぐるみでいいじゃないですか。

 ぬいぐるみだと動かないじゃないですか。脳内だと、猫ちゃんは自由に動き回るんです! 仕事で疲れているときは、脳内猫ちゃんに癒されていますよ。

――う~ん、ほのかに危険な香りだ。夏風邪ひいたのかな? まぁいいや、妄想猫の名前はミルクです。その心は。

 黒い猫ちゃんに、「ミルク」という名前を付けたら可愛いと思ったからです。里親に出されていたミルクを赤ちゃんから育てていて。ミルクは小さい頃はデレが多かったんですが、最近ツンのほうが多くなったんですよ。

――多くなったんですよって、知らんわ! で、キーボードの上に乗っかったと。

 無表情の猫ちゃんに、仕事の邪魔をされるのが夢なんです。絵描きさんが仕事の邪魔をしている猫ちゃんの画像をネットによく投稿しているのですが、羨ましくて仕方ありません。

――ここまできたら徹底的に妄想に付き合いましょうか。ミルクとは、他にどんなことをしているのでしょうか。

 ミルクは基本、ひとりが好きです。でも私が仕事を始めた途端、邪魔するんです。あと、テレビを見ていると画面の前に座って邪魔したり、スマホをいじっていると覗きにきたり……(天井を見つめながら、15秒間無音)。

――ははは(乾いた笑い)。ミルクは悪戯が得意なんですね!

 風呂釜に飛び込んでしまったときはヒヤッとしたな~。幸いお湯は入っていなくて、湯船は空っぽだったんですけど、それからは危ないところに近づかないよう、前よりも気をつけるようになりました。

――猫をひと言で表すと、何でしょうか。

 宇宙の真理です(真顔)。

――お、おう。では最後に、漫画の読者ににひと言お願いします。

 皆さんの身近に住む猫ちゃんのことが知りたいです!


【漫画】本編を読む

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/08/190816_mousouneko_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190816_mousouneko_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190816_mousouneko_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190816_mousouneko_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画