「東京」メトロなのに半蔵門線の車両基地が神奈川にある理由

一般的に電車の車両基地は原則的に路線沿線に所在していますが、半蔵門線は違います。いったいなぜでしょうか。フリーライターの弘中新一さんが解説します。


車両基地は原則的に路線沿線に所在

 東急田園都市線の鷺沼駅がある鷺沼(神奈川県川崎市)には、東京メトロ半蔵門線の車両基地が設置されています。

 車両基地(正確には検車区)は、その路線で使う車両の保管や点検を行う場所で、原則的に路線沿線に所在しています。銀座線は上野、有楽町線は新木場、千代田線は北綾瀬といった具合です。

 ところが半蔵門線は例外的に沿線ではなく、かつ東京でもなく、神奈川県に車両基地を設置しているのです。いったいなぜでしょうか。

難工事だった半蔵門線・渋谷駅

 半蔵門線は1968(昭和43)年の都市交通審議会の答申で、「東京地下鉄11号線」として計画された路線です。当初の路線計画は

「二子玉川方面より三軒茶屋、渋谷、神宮前、永田町、九段下、神保町および大手町の各方面を経て蛎殻町に至る路線」

とされ、千代田線・銀座線と並んで銀座線の混雑緩和を担う「都心のバイパス路線」として計画されました。このうち渋谷~二子玉川の区間は東急電鉄が建設し、1977年に新玉川線として開通しています。現在の田園都市線です。

 この際、渋谷駅の建設は帝都高速度交通営団(営団)が担っています。より正確に記せば、メインである駅の建設は営団が実施し、日本国有鉄道(国鉄)との交差部の架道橋(鉄道線路の上をまたぐように架ける橋)の架け替えなど、一部工事は国鉄が実施しています。

半蔵門線(画像:写真AC)

 建設は、半蔵門線の渋谷駅は上に渋谷地下街があり、その上には国鉄線。さらに渋谷川の下もくぐらなければならず、街は繁華街という状況だったこともあり、かなり困難だったことが『半蔵門線建設史』(1999年発行)に記されています。

 また建設に先立つ1973年には、営団と東急で11号線と新玉川線・田園都市線の相互乗り入れを実施する覚書が交わされています。

まず渋谷~青山1丁目間で開通


【画像】東京メトロの「鷺沼車両管理所」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210611_hanzo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210611_hanzo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210611_hanzo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210611_hanzo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210611_hanzo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210611_hanzo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210611_hanzo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210611_hanzo_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画