コロナ禍で外国人減少も「新大久保」に新規出店が止まないワケ

コロナ禍で新大久保の外国人人口が減少しています。一方、これをチャンスととらえビジネスに乗りだす彼らの姿も。最新の現状について、アジア専門ライターの室橋裕和さんが解説します。

/wp-content/uploads/2020/12/201223_sinokubo_04.jpg
新大久保の「イスラム横丁」(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/12/201223_sinokubo_05.jpg
新大久保の「イスラム横丁」(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/12/201223_sinokubo_06.jpg
新大久保の「イスラム横丁」(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/12/201223_sinokubo_07.jpg
新大久保の「イスラム横丁」(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/12/201223_sinokubo_01.jpg
新大久保を行きかう外国人もマスク姿(画像:室橋裕和)
/wp-content/uploads/2020/12/201223_sinokubo_02.jpg
営業は続けていても、コロナ禍のため売りに出ている物件や経営が譲渡された物件も多いと言う(画像:室橋裕和)
/wp-content/uploads/2020/12/201223_sinokubo_03.jpg
大人気のケバブ屋。業態は小さくても繁盛している店が新大久保には多い(画像:室橋裕和)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×