コロナ禍でも奮闘 リトルヤンゴン「高田馬場」のミャンマー料理店主と魅惑のテイクアウトメニュー

新型コロナ感染拡大で注目される飲食店のテイクアウト。高田馬場ではそんなテイクアウトでミャンマー料理が楽しめます。アジア専門ライターの室橋裕和さんが解説します。

/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_05.jpg
ミャンマーの位置(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_06.jpg
「スィゥ・ミャンマー」の外観(画像:室橋裕和)
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_07.jpg
「スィゥ・ミャンマー」の位置(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_08.jpg
「ノング・インレイ」の外観(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_09.jpg
「ノング・インレイ」の位置(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_10.jpg
「油そば 力」の外観(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_11.jpg
「油そば 力」の位置(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_12.jpg
なまず出汁の風味がいけるモヒンガーは、本来スープに米麺を入れて出てくるが、テイクアウトの場合は分けてくれる(画像:室橋裕和)
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_13.jpg
発酵させたお茶の葉と、干しエビ、ナッツ、にんにくなどあえていただくラペットウッもミャンマーを代表する料理 (画像:室橋裕和)
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_14.jpg
ダンバウも持ち帰り用にていねいにパッキングしてくれる。食べるときにごはんとチキンを合わせよう(画像:室橋裕和)
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_15.jpg
「スィゥ・ミャンマー」のご主人タン・スィゥさん。奥さんとふたりで店を切り盛りしている(画像:室橋裕和)
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_16.jpg
「スィゥ・ミャンマー」の一番人気、ダンバウ950円。バラチャウンという干しエビのふりかけを混ぜるとまたいける(画像:室橋裕和)
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_17.jpg
ミャンマー風チャーハン「タミンジョー」(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_18.jpg
麺料理「汁なしシャンカオスエ」(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_19.jpg
食べるお茶「ラペットウッ」(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_20.jpg
ミャンマー風チャーハン焼きそば(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_01.jpg
「スィゥ・ミャンマー」の一番人気、ダンバウ950円。バラチャウンという干しエビのふりかけを混ぜるとまたいける(画像:室橋裕和)
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_02.jpg
ミャンマー最大の都市・ヤンゴンの街並み(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_03.jpg
介護現場のイメージ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_04.jpg
高田馬場駅の駅前の様子(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×