コロナ禍でも奮闘 リトルヤンゴン「高田馬場」のミャンマー料理店主と魅惑のテイクアウトメニュー

新型コロナ感染拡大で注目される飲食店のテイクアウト。高田馬場ではそんなテイクアウトでミャンマー料理が楽しめます。アジア専門ライターの室橋裕和さんが解説します。


絶品ミャンマー炊き込みご飯

 スプーンを差し入れると、鶏肉はほろほろにほぐれていきます。なんと柔らかなのでしょうか。口にするとスパイスの風味とともに溶けていき、バターたっぷりの炊き込みご飯にもよく合います。

 ミャンマー料理の定番のひとつ「ダンバウ」。ミャンマー人がたくさん住み「リトル・ヤンゴン」と呼ばれる高田馬場では、これもテイクアウトで楽しめるんです。

「スィゥ・ミャンマー」の一番人気、ダンバウ950円。バラチャウンという干しエビのふりかけを混ぜるとまたいける(画像:室橋裕和)

「ダンバウはお祝いの席でよく食べられますが、手間も時間もかかるので自宅ではあまりつくらない料理です。だから専門店がたくさんありますね」

と教えてくれたのはタン・スィゥさん。

「リトル・ヤンゴン」でも有名なレストランのひとつ「スィゥ・ミャンマー」(新宿区高田馬場3)の店主です。日本に来てもう30年以上、お店をオープンして9年になりますが、これほどにお客さんが来ないのは初めてだといいます。コロナウイルスのためです。

 緊急事態宣言以降、飲食店は「三密」に当たるとして避けられ、また東京都の要請により営業時間の短縮を余儀なくされています。

「テイクアウトにも対応していますが、お客さんが誰も来ない日もあります。多くても5人か10人か。それでも、家賃の支払いもありますし、ひとりでもふたりでもお客さんが来てくれるなら、と店を開けています」

そうタン・スィゥさんは言います。

生活苦に直面しているミャンマー人たち


【地図】日本からどのくらい離れている? ミャンマーの位置を確認する

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_18-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_19-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_20-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_to_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画