20代で転職する場合におすすめの職種とスムーズに内定をもらうためのポイントを解説!

  • 全国
  • 転職
20代で転職する場合におすすめの職種とスムーズに内定をもらうためのポイントを解説!

\ この記事を書いた人 /

アーバンライフメトロ編集部のプロフィール画像

アーバンライフメトロ編集部

編集部

ライターページへ

30代や40代の転職に比べて、20代の転職ではキャリアアップとしての同業種への転職はもちろん、未経験から異業種への転職など、幅広い選択肢があります。この記事では、20代の転職におすすめの職種や業種、内定獲得のためのポイントなどを解説します。また、おすすめの転職エージェントも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 近年、以前に比べて20代で転職を考える方も増えてきています。30代や40代の転職に比べて、20代の転職ではキャリアアップとしての同業種への転職はもちろん、未経験から異業種への転職など、幅広い選択肢があります。

 しかし、実際に20代での転職を考えたときに「未経験からの転職はスキルや資格がなくても可能であるか」や「未経験からどの職種や業界を選んだらよいのか」など、悩む方も多いでしょう。

 この記事では、20代が転職しやすい理由と未経験からの転職におすすめの職種や業種を紹介していきます。

 また、スムーズに内定を獲得するための成功のコツなども解説します。最後には、転職活動で活用してほしい、おすすめの転職エージェント5社も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

20代なら未経験でもさまざまな職種・業界に転職できる

 20代であれば未経験でもさまざまな職種や業界に転職は可能です。その主な理由として、「転職市場では若手の人材が求められているため」や「20代前半なら未経験でもポテンシャル採用のチャンスがあるため」などの理由が挙げられます。

 20代前半に比べると、20代後半からの転職の方が難易度は上がりますが、30代よりは断然有利と考えられています。それでは、それぞれの理由について、詳しく解説していきます。

転職市場は若手の人材が求められている

 一般的に転職市場においては、若手の人材の方が求められている傾向にあり、職種や業界にもよりますが年齢を重ねると転職の難易度は上がります

 若手人材の方が前職の社風や考え方に染まりきっておらず、柔軟に変化に対応できる点が評価されています。また、有資格者や30代から50代の経験豊富な転職者に比べて、提示する給与が低く済むので、会社側の負担も少なくなります。

 会社によっては年齢制限を設けていることもありますが、20代であれば制限に該当することも少ないです。

 特に、第二新卒は新卒に比べて、最低限のビジネスマナーを身につけているため、企業からのニーズも高いです。転職する職種や業界によっては、即戦力として活躍できる可能性もあるでしょう。

 このように、転職市場で若手のニーズは高く、再就職できるチャンスは多く存在します。自分のやりたい仕事や優先する条件などを考えて、積極的にチャレンジしていきましょう。

20代前半なら未経験でもポテンシャル採用のチャンスがある

 20代の中でも20代前半であれば、未経験でスキルがない場合でも、ポテンシャル採用のチャンスがあります

 20代前半の転職者に対して、その若さや今後の将来性に投資しようと考える企業も多いためです。

 企業は、20代前半はスキルがなくても育成の時間が確保できるため、これから仕事を覚えるチャンスは十分にあると考えます。

 社会人経験がまだ浅い20代前半では、基礎学力や人柄、仕事への考え方などを重要視されることが多いです。

 未経験の仕事でも積極的に取り組む姿勢や、素直に吸収できる柔軟性をアピールしていきましょう。

 このように、20代前半では知識やスキルがなくても採用されるチャンスがあるので、業界や職種を絞らずに広い視野で転職先を探すことをおすすめします。

20代後半からの転職は難易度が上がるが30代よりは断然有利

 20代後半は、20代前半に比べると未経験の職種への転職の難易度は上がりますが、30代以降と比較すると選択肢も広く、断然有利です。30代ではスキルや経験値が重要視されますが、20代のうちは今後の成長も加味して採用されるためです。

 ただし、20代後半は、20代前半と比較すると、ある程度のスキルや知識、経験などが求められるようになります。そのため、経験のある職種や業種で、転職活動を進めたほうが円滑に進むでしょう。

 同じスキルの人材であれば、若い人のほうが有利になるので、一日でも早く転職活動を始めることが重要です。

20代が転職する際に気をつけたいポイント

 20代は未経験の職種・業界でも転職しやすいですが、その分、企業選びで失敗する可能性も高くなります。

 そこで転職の際に企業選びで気をつけたいポイントである「将来的にも需要がある業界であるか」や「労働環境が整っているか」「年収アップが見込めそうか」などについて、解説していきます。

 転職活動の企業選びで失敗して後悔しないためにも、しっかりと理解しておきましょう。

将来的にも需要がある業界の企業を選ぶ

 20代の転職の企業選びでは、将来性があり、成長性の高い業界を選ぶことが大切です。20代で転職した場合、定年の60~65歳まで長期間働く可能性があるので、衰退する業界は避ける必要があります。

 将来性のある企業に転職すれば、キャリアアップによる昇給が望め、長期にわたって安定的に働けます。

 また、20代での未経験の業界への転職においては、初回の転職では給与が下がったとしても、将来性の高い業界を選ぶことで、スキルを身に付け同じ業界で給与水準の高い企業への転職も可能です。

 ITやWeb業界などは今後の市場規模の拡大が期待できて、人材育成にも力を入れているので、人気が高いです。20代の若手の転職においては、成長が見込める業界の企業を選ぶことが大切です。

労働環境が整っている企業を選ぶ

 次に、20代の転職で大切なポイントは、労働環境が整っている企業を選ぶことです。厚生労働省の雇用動向調査における退職理由の上位には、「労働条件が悪いこと」があります。

 転職した先の企業でハラスメントを受けたり、サービス残業が多かったりすると、長く働き続けることは難しいです。

 そのような企業を選ばないためにも、企業の口コミサイトや転職エージェントから内部の情報を収集する必要があります。労働環境を確認する際には、有給取得のしやすさやリモートワークの導入有無など、自分の働き方にあった環境であるかどうかをチェックするとよいでしょう。

 また、未経験の業界や職種の場合は、社内研修や育成制度の有無を確認することも大切です。

年収アップが見込める企業を選ぶ

 最後に紹介する20代の転職における企業選びのポイントは、年収アップが見込めるかどうかです。先ほどと同様に、厚生労働省の雇用動向調査における退職理由の上位には、「給与などの年収が少ないこと」が挙げられています。

 この調査では、20代の男性だけではなく、女性も年収が原因で退職していることが判明しています。

 そのため、未経験、同業種問わず給与水準の高い業界の企業を選ぶとよいでしょう。そうすることで、転職による年収アップが望めます。

 給与水準の高い企業であれば転職時に未経験で給与が下がったとしても、将来的に年収がアップする可能性もあります。

 また、同じ業界でも営業職や技術職など昇格の可能性がある職種を選ぶことで、年収アップは可能です。

未経験からでもOK!20代の転職先におすすめの職種

 20代の未経験の業界・職種への転職では、今後も成長が見込めて、将来的に年収アップが期待できる職種を選ぶことが大切です。

 IT業界は、将来的に市場規模の拡大が予想されている業界ですが、人材難のため未経験でも採用されやすいです。

 未経験OKで、転職しやすいIT業界の職種としてはITエンジニアやWebマーケター、Webディレクターなどが挙げられます。それぞれの職種について、おすすめの理由など詳しく解説していきます。

ITエンジニア

 ITエンジニアは専門性が必要なことから、給与水準も高い人気の職種です。

 ITエンジニアとは、主にシステム設計などを行うIT技術者のことです。専門的なスキルが必要なので経験者の求人が多いですが、慢性的な人手不足のため、未経験者の採用もしています

 未経験で転職する場合には、育成期間や研修制度が充実している企業を選ぶとよいでしょう。はじめはスキルや知識を身につけるのも大変ですが、スキルアップを図ることで年収アップにもつながっていきます。

 さらに、自身で資格を取得したり需要の高いプログラム言語を学習することで、給与を上げることも可能です。

 また、最近では転職保証付きのプログラミングスクールもあります。転職が成功しない場合は受講料が返金されるので、確実にスキルを身につけてから転職したい方にはおすすめです。

Webマーケター

 Webマーケターとは、Webを利用したデータ分析や検証、改善などのマーケティングを行う仕事です。

 Webマーケターは、企業側でのWebのニーズが高まるなかで、高水準のWeb関連の業務スキルを保有していることから、転職市場でも需要の高い職種です。

 Webマーケターは、Webマーケティング市場の拡大に対して、人材が不足していることもあり、マーケティング職の中では、未経験からでも、目指しやすい職種と言われています。

 特に、中小企業では未経験者を採用している傾向が強いです。その際、SNSやブログの利用、運用経験がある人は、積極的にアピールするようにしましょう。

 また、通信講座やスクールなどを活用して、Webマーケティングに関する資格を取得するのも効果的でしょう。

Webディレクター

 Webディレクターとは、Web制作に関わるプログラマーやデザイナーなどスタッフ全員のマネジメント及びプロジェクト管理を行う仕事です。

 顧客要望に応じたWebコンテンツの作成には、多くのスタッフが関わるため、Webディレクターは重要な役割と言えます。

 そのため、IT業界の成長とともにWebディレクターのニーズも高まっています。Webディレクターの転職では、経験者が有利とされますが、実は未経験可の求人も多く存在します。

 その場合は、IT業界の経験もしくは、プロジェクト管理やマーケティングなどのスキルが必要です。

 未経験から転職するとき、IT業界の経験者と未経験者でWebディレクターになる方法が異なります。デザイナーなどIT業界の経験者の場合は講座などでディレクターに必要なスキルを身につけながら、目指します。

 IT業界が未経験の場合は、プログラマーなどを経験するか、アシスタントディレクターとしてスキルを学び、目指していきます。いずれの場合でも、転職後すぐにWebディレクターになるのではなく、研修や業務を通してスキルを習得してから、目指すことになるでしょう。

営業職

 営業職は、自社や他社の製品を顧客に販売する仕事です。これまでの業務経験より、コミュニケーション力などが重要視されます。

 そのため、過去に営業職が未経験でも、転職することは可能です。なかでも金融や保険、不動産の営業職は、未経験者を積極的に採用しています。また、営業職は給与や賞与とは別に、成果報酬が得られる場合もあるので、高収入が見込めます。

 交渉力やコミュニケーション力に自信があり、年収アップを目指したい方にはおすすめの職種です。

 営業職の中には法人営業や個人営業、ルート営業など、さまざまな営業職がありますが、一度、スキルを身につければ、で、どの営業職でも活躍できるでしょう。

20代がスムーズに転職を成功させる5つのコツ

 ここまで、20代の転職での企業選びのポイントやおすすめの職種を紹介してきました。

 ここからは、実際に転職活動をするとき、押さえておきたい転職を成功させるためのポイントを紹介します。

 「徹底的な自己分析」や「在職期間の転職活動」「転職エージェントの活用」など五つに分かれていますので、これから転職活動を始める方や転職活動中の方は、ぜひ参考にしてください。

徹底的に自己分析をする

 まず転職活動の成功のために実践してほしいのが、徹底的に自己分析をすることです。自己分析では、仕事への価値観やキャリアの棚卸し、自分の強み・弱みなどを分析します。

 自己分析を通して、自分自身への理解を深めることで、自分が希望する職種・業界や企業にアピールできる情報が整理できます。

 自己分析とセットで企業研究も行って、希望する企業の理解も深めるようにしましょう。事前に自己分析と企業研究を徹底的に行っていれば、面接の際にも迷わず自信を持って回答できます。

 転職活動における書類選考や面接では、限られた時間で自分を知ってもらう必要があります。情報を整理して端的に伝えることは非常に重要です。

離職せず在職期間に転職活動をする

 現職をすぐに退職する必要がないのであれば、離職せず在職期間に転職活動することを、おすすめします。日々の生活はもちろん、転職活動においても履歴書の購入や面接会場への交通費など、費用がかかります。そのため、継続的な収入があることは、大きなメリットです。

 また、働き続けていれば転職先の社風や職場環境、待遇などを現職と比較することも可能です。

 ただし、仕事をしながらの転職活動は時間の制限もあるので、効率的に進めることが大切です。もし離職してから転職活動を行う場合は、期限を決めて始めるようにしましょう。

 転職活動が長期化してしまうと、資金不足による焦りや時間の浪費につながる可能性があります。

できるだけ早く行動する

 転職活動においては、転職を考えた時点で可能な限り早く行動することが大切です。前述の通り、20代の転職においては将来性や若さが重視されるので、年齢が若い方が有利になります。

 同じ20代でも企業が求めるものは変化し、20代後半にかけてはスキルや経験などが重視されるようになります。

そのため、現職と同じ職種や業界への転職はスムーズであっても、未経験分野への転職はハードルが上がるでしょう。

 また、転職活動では自己分析や企業研究、企業への応募、面接などに時間がかかります。自分の希望のタイミングで転職できるようにするためにも、転職活動はできる限り早く始めるようにしましょう。

自信を持ちたいなら資格の取得する

 自分に自信を持って転職活動をしたい場合、転職を希望する分野の資格を取得するのもよいでしょう。

 特に、専門性の高い職種などにおいては、転職において資格が有利に働くこともあります。もちろん、弁護士や司法書士、看護師といった職種を目指す場合は特定の資格取得が必須になります。

 転職で有利に働く特定の分野の資格としては、金融業界ではファイナンシャルプランナーや証券アナリスト、不動産業では宅地建物取引士などが挙げられます。

 特定の分野に関係なく汎用性の高い資格でいうと、TOEICやマイクロソフトオフィス スペシャリスト(MOS)、中小企業診断士などがあります。それぞれの資格取得には時間を要するので、転職活動で生かしたい場合は早めに学習を始めましょう。

 どの資格を取得するかは、自分の目指すべき姿を考えて、決めるようにしてください。

転職エージェントを活用する

 20代での転職成功のためには、転職サイトや企業のホームページで求人を探すだけでなく、転職エージェントも活用しましょう。

 転職エージェントに登録すれば、自分が希望した転職条件に合った求人の紹介はもちろん、転職エージェント向けに開催している説明会や一般公開されていない情報を得られる可能性があります。また、企業の選考を進めるにあたっても、さまざまなサポートを受けられます。

 具体的には、履歴書の添削や面接対策、自己分析や企業研究のアドバイスなどです。スムーズに転職活動を進めるためには、企業の求人に効率的に応募し、書類や面接の質を向上させることは非常に重要です。

 転職の経験も少ない20代の転職活動では、「転職のプロ」の転職エージェントを積極的に利用することをおすすめします。

20代におすすめの転職エージェント

 先ほど、20代のスムーズな転職活動には、転職エージェントの活用が大切と解説しました。

 最後に、20代におすすめ転職エージェントを五つ紹介します。

 今回紹介する5社は、20代の転職市場に強く、中には転職サイトの機能を備えたものもあります。これからの転職活動の参考にしてください。

サイト名特徴求人数運営会社
リクルートエージェント
リクルートエージェント ロゴ画像
非公開も含めて求人数60万件以上
▶公式サイト
604,776件
(非公開も含む)
株式会社リクルート
マイナビジョブ20’s
マイナビジョブ20’s ロゴ
全求人が20代対象、うち75%が未経験OK
▶公式サイト
3,921件株式会社マイナビワークス
doda
doda ロゴ
転職サイトと併用可能
▶公式サイト
216,271件
(非公開も含む)
パーソルキャリア株式会社
ワークポート
ワークポート ロゴ
履歴書、職務経歴書の作成ツール「レジュメ」
▶公式サイト
64,205件株式会社ワークポート
マイナビエージェント
マイナビエージェント ロゴ画像
職種や業界ごとに細分化された専門サイト
▶公式サイト
63,066件
(非公開も含む)
株式会社マイナビ

リクルートエージェント

おすすめポイント:業界トップの転職成功実績と求人数を誇る転職エージェント

 リクルートエージェントは、転職成功実績や求人数が業界トップを誇る日本最大級の転職エージェントです。未経験でも応募できる求人から年収アップが狙える求人まで幅広い選択肢の中から自分にマッチした企業を探すことが可能です。

 リクルートエージェントのみの独占求人も多く、初めての転職の際には登録しておきたい転職エージェントです。

 各業界に精通したアドバイザーによる転職活動全般のフルサポート対応があるので、安心して転職活動を進められます。面接のポイントが分かる「面接力向上セミナー」など、選考に役立つサポートもあります。

おすすめのポイント

  • 転職成功実績No.1の実力
  • 厳選された非公開求人が21万件以上ある
  • 各業界に精通した専門キャリアアドバイザーによるフルサポート
  • 未経験歓迎含めた幅広い業界、職種の求人がある
  • 履歴書添削や面接対策など、手厚い総合的な転職サポート
求人数604,776件
(非公開も含む)
運営会社株式会社リクルート

マイナビジョブ20’s

おすすめポイント:20代の転職支援を専門とする転職エージェント

 マイナビジョブ20sは、マイナビが提供する20代の転職支援を専門とした転職エージェントです。

 マイナビジョブ20sでは、登録している方の75%以上が社会人経験が3年以内の20代であり、転職定着率は93.6%。掲載している求人についても、すべてが20代を対象年齢としていて、そのうち「未経験OK」の求人が75%以上となっています。

 転職の経験がない人にも安心のサービスが充実しているのも特徴です。独自の適性診断や自己分析が無料で受けられたり、プロフィールで興味を持った企業からの「スカウト」が来ることもあります。

 また、20代の転職市場にも詳しいキャリアアドバイザーがマンツーマンでついてくれるので、いろいろと相談しながら進められます。

おすすめのポイント

  • 20代の転職支援を専門とした転職エージェント
  • 登録している方の75%以上が社会人経験が3年以内の20代、転職定着率は93.6%
  • 全求人が20代対象、そのうち「未経験OK」の求人が75%以上
  • 独自の適性診断や自己分析が無料で受けられる
  • 20代専門のキャリアアドバイザーにマンツーマンで相談しながら進められる
求人数3,921件
運営会社株式会社マイナビワークス

doda

おすすめポイント:転職サイトの機能も兼ね備えた転職エージェントサービス

 dodaは、マイナビエージェントやリクナビエージェントと同様に業界でも最大級の求人数を誇る大手転職エージェントです。

 幅広い業界や職種の取り扱いがあるdodaは、転職サイトの利用も可能なので、求人を自分のペースで自由に探したい方にもおすすめです。

 多くの求人を扱っていますが、特にITエンジニアや営業職の求人が多くあり、今回記事で紹介した職種に興味を持った方はぜひ登録してみてください。

 16項目の質問に回答するだけでアピールポイントがわかる「自己PR発掘診断」や、履歴書の作成が簡単にできる「レジュメビルダー」など、20代の転職に役立つサービスが充実しています。

おすすめのポイント

  • 転職サイトの機能も兼ね備えているので、求人を自分で探したい人にもおすすめ
  • ITエンジニアや営業職など人気職種の求人が多い
  • 20代の転職に役立つサービスが充実
  • 質問に回答するだけでアピールポイントがわかる「自己PR発掘診断」
  • 履歴書の作成が簡単にできる「レジュメビルダー」
求人数216,271件
(非公開も含む)
運営会社パーソルキャリア株式会社

ワークポート

おすすめポイント:未経験から異業種転職へのサポートも充実

 ワークポートは、未経験から異業種への転職にも強い、20代や第二新卒向けの転職エージェントです。第二新卒者には第二新卒専任の担当がついてくれるので、特有の悩みなども気軽に相談できます。

 ワークポート独自の転職サポート担当「転職コンシェルジュ」には、異業種からの転職経験を持つ人など、さまざまな経歴を持った方がいます

 ホームページ上で転職コンシェルジュの写真や経歴を確認できるので、どんな人が担当するのか不安になることもないでしょう。

 ワークポートでは、スマホで簡単に履歴書や経歴書が作成できる「レジュメ」や転職ノウハウが学べる「転職講座」など便利なアプリやスクールも準備しています。。

 未経験からITエンジニアを目指したい方には、費用がかからず学習ができる、エンジニアスクール「みんスク」も便利です。

おすすめのポイント

  • 未経験から異業種への転職求人が豊富
  • 第二新卒者には第二新卒専任の担当者がついてくれる
  • ホームページ上で担当者の写真や経歴を確認できる、安心の「転職コンシェルジュ」
  • 転職活動で便利なアプリ(スマホで簡単履歴書作成「レジュメ」など)がある
  • 未経験からITエンジニアを目指す方向けの無料スクールがある
求人数64,205件
運営会社株式会社ワークポート

マイナビエージェント

おすすめポイント:20代から30代人気が高く、中小企業も豊富に扱う転職エージェント

 マイナビエージェントは、20代から30代、第二新卒に人気が高い転職エージェントです。オリコンが行う2023年の転職エージェント総合ランキングでもNo1に輝く人気の高さです。評価項目別でも「紹介案件」「紹介案件の質」「交渉力」の3項目でトップを獲得しています。

 取り扱う案件としては、IT・通信、金融の業界の求人が多く、大手企業だけでなく、中小企業にも強いのが特徴です。

 ハローワークなどでは出会えない優良の中小企業も取り扱っています。また、マイナビエージェントでしか応募ができない企業もあります。

 転職サポートについても、書類添削や面接対策、キャリア相談、給与交渉代行など、一人一人への丁寧なサポートに定評があり、転職初心者にも安心です。

おすすめのポイント

  • 20代から30代、第二新卒に人気が高い
  • IT・通信・金融業界の求人が多い
  • 大手から中小企業まで幅広くカバー
  • 一人一人への丁寧なサポートで転職初心者でも安心
  • 2023年オリコン転職エージェント総合ランキングNo1
求人数63,066件
(非公開も含む)
運営会社株式会社マイナビ

まとめ

 20代であれば、環境の変化に対応できる柔軟性や今後の将来性が評価されるため、未経験からでもさまざまな職種や業界へ転職の可能性があります。

 未経験からの転職における業界・職種選びでは、IT業界・営業職のような積極的に未経験者を採用していて将来的に年収アップが見込める業界を選ぶことも大切です。

 スムーズな内定獲得のカギとしては徹底的な自己分析や早めの行動、資格取得、転職エージェントの活用などが挙げられます。

 今回は、転職を考えている20代におすすめの職種、転職時に評判が高いエージェントを紹介しました。

 これから転職を考えている方や、転職活動で企業選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

関連記事