GW10連休が取れない人「4割以上」、その背景にあるものとは?

2019年4月26日

お出かけ
ULM編集部

このたび約700人を対象に行われたGWに関する調査で、10連休を「取得できない」と答えた人が44.3%に上ることが分かりました。いったいなぜでしょうか。


GW「取得できる」人を3ポイント上回る

 結婚情報サービスを手掛けるIBJ(新宿区西新宿)が同社会員(20歳~49歳)の独身男女約700人を対象に行ったゴールデンウイークに関する調査で、10連休を「取得できない」と答えた人が44.3%で、「取得できる」人より3ポイント上回ったことが分かりました。

「ぼっち」はつらいよ(画像:写真AC)

 今回の結果について、IBJは「(日本の業種構成における)サービス産業の割合が増加しているためです」と話します。

 消費者の支出は情報サービスやレジャーなど、「モノ」消費から「コト(サービス)」消費に移行しており、同産業に従事する中小企業は「2018年第4四半期は現行基準で過去最高水準となっている」(2019年版 中小企業白書)状況です。この背景は今回の別のアンケート結果にも影響しています。

 ゴールデンウイークが10連休になることを「嬉しくない」と答えた人は53.2%で、「嬉しい」人より6.4ポイント上回りました。「嬉しくない」と答えた人の具体的は理由は、次のとおりです。

・連休が多すぎても、一緒に過ごす人がいなければ苦痛(30代・男性)
・どこに行くにも価格が高いので、することがない(30代・女性)
・元号が変わるタイミングなので、仕事の影響大(40代・男性)
・自分の会社は10連休にならないので、世の中が10連休になっても友人などと予定が合わない(30代・女性)
・仕事のペースが乱れる、出費がかさむから(30代・男性)
・医療職のため、通常業務より負担が増えるから(30代・女性)

「今回の調査は、当社の会員(20歳~49歳)の独身男女を対象に行いました。皆さん特定のパートナーがいらっしゃらないため、このような結果になりました。そのほかにも、サービス産業の増加で、(同性も含めた)知人と予定が合わせづらくなった背景があると考えられます」(IBJ)

 いよいよ明日に迫ったゴールデンウイーク。特定のパートナーがいないからこそ、積極的に、アクティブに行動したいものです。


「ぼっち」女性の3割以上がGWをたったひとりで過ごす(6枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/04/190426_dokushin_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190426_dokushin_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190426_dokushin_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190426_dokushin_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190426_dokushin_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190426_dokushin_07-150x150.png
/wp-content/uploads/2019/04/190426_dokushin_01-150x150.jpg

New Article

新着記事