通勤中、東京の電車から見える工事の“正体”は? ~エンタメ施設から次世代複合型タウンまで~

 毎日の通勤中、ふと、車窓から目に入った作業現場に「あの工事、完了すると何が建つんだろう…」と思ったことはありませんか。今回は、東京都内の電車や駅から見える数々の、“工事が終わると何ができるのか”をご紹介します。


浜松町ビルディングが大リニューアル

 JR浜松町駅のすぐそば、旧浜松町ビルディングが2021年10月から、リニューアル工事に入りました。東京ドームと同程度の広さにわたって行われる同工事は、完了までに10年かかる一大プロジェクトです。2030年ごろには、S棟とN棟からなる超高層ツインタワーが完成します。

再開発が進む芝浦一丁目エリア(画像:PIXTA)




「芝浦一丁目プロジェクト」と銘打たれた今回のリニューアルの設計を手掛けるのは「建築界のノーベル賞」と言われるプリツカー賞の受賞歴がある槇文彦氏。米ニューヨークのワールドトレードセンター跡地に建つ「フォーワールドトレードセンター」を設計した世界的建築家のデザインにより、東京湾岸部の新たなシンボルが生まれることになります。

 デザイン性だけでなく、ビルの機能性も追求。「街区全体でCO2排出量実質ゼロ」をテーマの一つに掲げ、太陽光発電はもちろんのこと、地球に優しい「カーボンニュートラル都市ガス」を導入します。さらに、排出したCO2を自ら回収して有効利用する最先端システム導入も検討中。これからの時代にふさわしい、環境に配慮したビルを目指します。

 また、目の前を流れる「芝浦運河」周辺の再開発も進めていきます。商業施設の入る低層フロアから直接、運河沿いへ出られる「水上テラス」が設置され、より身近に水辺を感じられるように。周辺にレストランや広場が設けられ、買い物を終えた後に楽しめるような空間になります。

 運河を渡った先にある、日の出ふ頭は2019年に「Hi-NODE」としてリニューアルオープン済み。海を望むカフェや木々に囲まれた広場などが楽しめる憩いのスペースとなっています。芝浦運河周辺も改装が進めば、この一帯は東京湾沿いとは思えないような最先端の水辺空間となりそうです。

★芝浦一丁目プロジェクトN棟・S棟(2030年完成予定)
JR「浜松町」徒歩5分
都営地下鉄線「大門」徒歩8分

西武新宿駅の真横! まるで噴水のような巨大ビル


この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/03/pixta_76584686_S-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/03/pixta_86198981_S-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/03/pixta_78399723_S-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画