江戸幕末の軍艦「咸臨丸」沈没150年 偉人たちを乗せて太平洋を駆け抜けた軌跡をたどる

幕末期、勝海舟や福沢諭吉らを乗せて太平洋を横断した軍艦「咸臨丸」。今もその遺物を捜し続ける人々がいます。ノンフィクション作家の合田一道さんが、咸臨丸の軌跡をたどります。


安政4年完成、全長49mの木造軍艦

 咸臨丸(かんりんまる)をご存じでしょうか。幕末期に勝海舟や福沢諭吉らを乗せて太平洋を横断した軍艦です。

 その軍艦は明治維新後、物資輸送船になり、航海中に沈没しました。それから150年。突如、脚光を浴びだしたのです。

東洋文化協会・編『幕末・明治・大正回顧八十年史. 第2輯』より「咸臨丸の米国訪問(部分)」(画像:国立国会図書館デジタルコレクション)

 東京新聞は2021年10月28日(木)の夕刊1面トップで、次の見出しとともに写真2枚、図付きで伝えました。

<幕末の証言者 咸臨丸どこに / 太平洋横断後、物資輸送船に… 謎の沈没150年 / 発見の夢 研究者ら諦めず>

 咸臨丸は江戸幕府がオランダに発注して、1857(安政4)年に完成した全長約49m、幅約8mの木造軍艦です。

 長崎の海軍伝習所の航海艦として用いられ、多くの人材を育てました。勝海舟、矢田堀景蔵、中島三郎助、鈴藤勇次郎、小野友五郎、浜口興右衛門、榎本武揚らがそうです。

 この時期、井伊直弼が幕府大老に就任。将軍の後継をめぐって幕閣が割れ、さらに安政の大獄(1858~1859年)が起こり、海軍伝習所も閉鎖になるなど国内は騒然としていました。

暴風雨に渡ったサンフランシスコ


【貴重画像】「咸臨丸」を伝える当時の資料

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211120_kanrin_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211120_kanrin_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211120_kanrin_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211120_kanrin_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211120_kanrin_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画