本物の肉よりおいしい? 誰でも気軽に「代替肉」を楽しめる「飲食チェーン」4選

地球環境への意識の高まりから、近年注目を集めている代替肉。そんな代替肉を気軽に食べられる都内チェーン店を四つ紹介します。


都内のホテルでメニュー採用

「代替肉」とは植物性タンパクなどを原料とし、肉の味・食感を再現して作られた食品です。この代替肉が今、注目を集めています。

 その理由のひとつが地球環境への意識の高まりです。2013年における国連食糧農業機関(FAO)の発表によると、世界の温室効果ガスの総排出量のうち、なんと14%を畜産業が占めているとのこと。食肉の生産過程で、地球に大きな負担をかけていることが明らかになったのです。

 このような畜産業の課題への対策として、牛や豚の肉を代替肉に置き換える動きが、アメリカなどで活発になっています。

 そして日本でも、代替肉の導入例が出てきました。例えば5つ星ホテルとして名高い「パレスホテル東京」(千代田区丸の内)は、国内の代替肉開発メーカーであるネクストミーツ(新宿区新宿)による代替肉パティを使ったハンバーガーの提供をはじめています。

 さらに、身近なチェーン店でも代替肉を使ったメニューが続々登場しているのです。今回は、代替肉メニューを東京都内で食べられる飲食チェーンを紹介していきます。

1.モスバーガー

 代替肉メニューを提供するお店として最初に紹介するのは、日本発祥のハンバーガーチェーン、モスバーガー。国内の店舗数は合計1249、そのうち都内の店舗数は174にのぼります(2021年10月31日時点)。

 モスバーガーで味わえるのは、大豆由来の植物性タンパクを使った、その名も「ソイパティ」バーガー。野菜ブイヨンで大豆臭さを消したり、サイズの違う大豆タンパクを混ぜて肉の食感を再現したりと、こだわり抜いています。

このうち今回紹介するのは、「ソイテリヤキバーガー」です。

ソイテリヤキバーガー。ソースの絡んだジューシーな大豆パティ(画像:マサト)

 筆者も実際に食べてみましたが特に違和感を抱かず、「おいしいお肉のバーガー」として食べられました。パティが口のなかでホロリとほどけ、かみしめるとうまみを感じるのも、本物のお肉のようです。価格は380円と、通常のテリヤキバーガーと同様なのも魅力。

 ちなみに、動物性食材や香りの強い野菜を使わず作られた「グリーンバーガー」もあるので、食べ比べてみるのもいいかもしれません。

2.ドトールコーヒーショップ


【図表】「代替肉」が人気の理由

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211116_fake_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211116_fake_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211116_fake_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211116_fake_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211116_fake_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211116_fake_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211116_fake_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211116_fake_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211116_fake_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211116_fake_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211116_fake_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211116_fake_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211116_fake_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211116_fake_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画