渋谷はかつてどのような街で、今後どのように変化していくのか――年始にじっくり考える

駅前再開発でにぎわう渋谷。そんな渋谷は今後どのように変化していくのでしょうか。まち探訪家の鳴海侑さんが解説します。


きっかけは副都心線の開業

 2019年は次々とビルが開業し、話題が多かった渋谷。1月3日(金)には新しい銀座線渋谷駅ができ、西口には新しいデッキを作るための土台が作られています。

 今回はそんな渋谷について「いまなにが起きているのか」「昔はどうだったのか」を紹介したいと思います。

渋谷といえばスクランブル交差点(画像:写真AC)

 渋谷といえばスクランブル交差点、センター街を代表する若者文化と消費文化のまち。しかし、ここ2年で東側に渋谷ストリーム(渋谷区渋谷3)、渋谷スクランブルスクエア(同区渋谷2)と次々とビルが建ち、銀座線も東側に駅が移設されるなど、少し今までと違った動きが出てきました。

 渋谷スクランブルスクエア東棟と渋谷ストリームはオフィスと商業施設が組み合わせられた複合高層ビルで、それぞれ役割が違います。

 まず渋谷スクランブルスクエア東棟は高さ約230mと高く、東急百貨店のノウハウを入れた「+Q(プラスク)」など商業施設に力を入れていますし、最上階には開放感あふれる展望台「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」があります。渋谷のあたらしいシンボルとしての要素がかなり強いビルです。

双方共通の「きっかけ」と「コンセプト」

 一方で渋谷ストリームはGoogle日本法人の本社が入ったのをはじめ、オフィスビルとしての要素がかなり強く、店もオフィスワーカー向けの飲食店が中心です。

渋谷ストリームの外観(画像:写真AC)

 双方に共通するのは、きっかけとコンセプトです。まずきっかけとしては地下鉄副都心線開業が挙げられます。副都心線が東急東横線と接続され、相互直通運転をはじめると、東横線がいままで走っていた空間が空いたのです。

 そこで東横線の跡地を活用した空間として、広い土地があった渋谷駅周辺を再開発し、2棟の高層ビルが建ちました。

渋谷が若者の街になったのは80年代後半から


【タワマンの価値ランキング】渋谷は何位? 山手線内で価値が上がりそうなエリアを見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200106_shibuya_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200106_shibuya_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200106_shibuya_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200106_shibuya_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200106_shibuya_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200106_shibuya_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200106_shibuya_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200106_shibuya_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画