東京・奥多摩湖付近にひっそり佇む「ミステリアスな廃線」の正体

東京都奥多摩町にあり、標高530mに位置する奥多摩湖の小河内ダム。かつて同ダムに通じる1本の鉄道がありました。その名は「小河内線」。地形散歩ライターの内田宗治さんが解説します。


トンネルや橋梁が昔のまま

 JR中央線立川駅から西へ延びるJR青梅線。途中の青梅までは、東京駅から直通の青梅快速が走っていますが、青梅より先は、沿線の風景が一変し、山々に囲まれた多摩川の渓谷を短い4両編成の電車が走ります。終点の奥多摩駅は、休日などハイキング客でにぎわう駅です。

 その奥多摩駅からさらに山深い多摩川の渓谷をさかのぼった地にあるのが小河内ダムです。ダムによって生まれた奥多摩湖が山中に水をたたえています。

 かつて奥多摩駅から小河内ダムまで、東京都水道局小河内線(以下、小河内線)という鉄道が通じていました。ダム建設の資材運搬のために敷設されたもので、将来の観光客増加を見越して、電車も走れるようにトンネル断面を広くとる仕様で建設されています。

小河内線廃線跡の橋梁。奥多摩むかし道、境の清泉付近から。2021年6月撮影(画像:内田宗治)

 奥多摩駅付近から小河内ダムまで、「奥多摩むかし道」という旧青梅街道を利用した人気のハイキングコース(距離9.4km)があります。この道を歩いていると、所々でこの小河内線の廃線跡を目にします。

 車で青梅方面から国道411号を走って奥多摩湖へ向かう場合も、小河内ダムのすぐ手前で、小河内線の橋梁が目の前に現れてくぐります。同地を訪れて、この線路跡らしきものが気になった人もいるのではないでしょうか。

 都内には廃止になった鉄道線路の跡、いわゆる廃線跡が意外と多数ありますが、線路があった場所は道路になったり住宅地になったりして、鉄道が走っていたという痕跡が消えうせている所がほとんどです。そんななか、この小河内線は、レールが放置された状態で残され、トンネルや橋梁の多くが昔のままという珍しい存在です。

小河内線の歴史


【画像】「ミステリアスな廃線」の正体

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210929_haisen_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_haisen_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_haisen_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_haisen_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_haisen_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_haisen_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_haisen_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_haisen_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_haisen_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_haisen_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_haisen_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_haisen_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_haisen_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画