2020年オープン 豊島区の都市型公園「イケ・サンパーク」の場所にはかつて造幣局があった!

現在大きな注目を集めている東池袋の都市型公園「イケ・サンパーク」。公園ができる前、この場所には造幣局がありました。その歴史について、フリーライターの小西マリアさんが解説します。


面積は1万7000平方メートル

 2020年12年、サンシャインシティ(豊島区東池袋)の東側に公園「IKE・SUNPARK(イケ・サンパーク)」(同)が全面オープンしました。

イケ・サンパークの位置(画像:(C)Google)

 サンシャインシティの東側は商業施設もないため、かつては明確な用事がない限り、あまり訪れる機会がありませんでした。しかし、豊島区役所の新庁舎も2015年5月にオープンしたことから注目を浴びています。

 サンシャインシティ周辺では、これまで2007(平成19)年に東池袋4丁目地区の再開発が行われ、地下鉄有楽町線の東池袋駅から直結するタワーマンションと劇場・中央図書館などの入居するビルが誕生しました。つまりこの周辺(東池袋)は、十数年をかけて新たなにぎわいの拠点として徐々に整備が進められてきたのです。

 そんな東池袋のニュースポットとなったイケ・サンパークは、正式名称を「豊島区立としまみどりの防災公園」といいます。面積は1万7000平方メートル(東京ドーム0.4個分)で、芝生を植えた園内にはカフェもあります。また各種のイベントを行うことができ、都会の中で広い空も見渡せる――まさに都市型公園といってよいでしょう。

かつてあった造幣局東京支局

 池袋駅周辺の騒がしさから距離のある東池袋といえ、実際に足を運んだ人は、きっと「池袋にこんなにまとまった土地があったのか」と驚くでしょう。そんな土地を豊島区が入手できたのは、元々ここに造幣局東京支局があったためです。

 造幣局は国の機関のなかでも、貨幣の発行や勲章の製造、金地金(きんじがね。投資対象として作られる金の塊)の製造などを行う極めて重要な機関です。東京支局(本局は大阪です)が東池袋に設置されたのは、1939(昭和14)年のことでした。

 当時は都市化が進んでいたとはいえ、まだ郊外かつ都心にも近いということで造幣局は設置されました。しかし戦後になり、池袋の街が発展すると事情が変わってきます。

1967(昭和42)年発行の地図。造幣局の記載がある(画像:国土地理院、時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ3」〔(C)谷 謙二〕)

 3.37ha(3万3700平方メートル)もの土地を所有する造幣局を都心に移転すれば、もっと有効活用できると考えられたのです。

豊島区の度重なる陳情


【画像】豊島区の都市型公園「イケ・サンパーク」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210903_ikesan_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210903_ikesan_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210903_ikesan_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210903_ikesan_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210903_ikesan_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210903_ikesan_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210903_ikesan_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210903_ikesan_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210903_ikesan_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210903_ikesan_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画