「青春18きっぷ」の真の魅力とは何か? 外出自粛の今、終わりゆく夏の今、改めて考える

若かりし頃、誰もが使ったであろう「青春18きっぷ」。その魅力とは何でしょうか。コロナ禍で外出自粛の今、そして夏休みの終わりにあえて、鉄道ライターの弘中新一さんが熱い思いをぶつけます。


都会を離れたい東京人には有り難い存在

「東京を離れてどこか遠くへ行こう」「郷里を離れて憧れの東京へ行こう」――そんなときにとても便利なのが、JR線の特別企画乗車券「青春18きっぷ」です。東京に暮らしている人なら、何らかの思い出を持っているのではないでしょうか。

 青春18きっぷの始まりは、国鉄時代の1982(昭和57)年3月に発売された「青春のびのびきっぷ」です。以降改定はあったものの、今夏も1万2050円で発売されました。

 全国のJR各線の普通列車が乗り放題になり、きっぷ1枚で5回、もしくは5人以内の複数人で利用できます。長時間座っていることと少々のお尻の痛みに耐えられるなら、一日中乗り続けられる極めてお得な切符です。

青春18きっぷ(画像:写真AC)

 東海道本線の東京~大垣間を走る臨時夜行快速「ムーンライトながら」を始め、青春18きっぷで乗れる長距離列車は少なくなりましたが、都会の騒がしさを離れて、どこか遠くへ行きたいという東京人には有り難い存在といえます。

 使用期間内ならどこまでも行けます。現在はコロナ禍で中止されていますが、下関と韓国の釜山を結ぶ関釜フェリーでは、青春18きっぷの利用者の乗船料を割り引くキャンペーンをよく実施していますので、気持ちさえあれば国境を越えることもできるのです。

 これを使って春・夏・冬の旅を楽しみにしている人が多いと思うと、1日も早いコロナ禍の収束を願ってやみません。

バブル後に復活した貧乏旅行


【25年前の画像】1枚の切符に「5回分の使用期日」が書き込まれるようになった青春18きっぷ

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210830_kippu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_kippu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_kippu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_kippu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_kippu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_kippu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_kippu_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_kippu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_kippu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_kippu_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画