足の踏み場もない室内に絶句! 極度の「コレクター気質」な恋人に、30代女性が放った一言とは

本やレコード、ホビー用品、漫画など、ひとつのものを部屋いっぱいに集めて喜びを感じる「コレクター」の人々。もし自分の恋人が極度のコレクターだったら、あなたはどうしますか? 都内に住む30代の女性がインタビューに答え、自身の体験を明かしました。


変化し続ける「理想の男性像」

 モテる男性のタイプというものは、時代とともに変化をし続けているようです。

 バブル経済の全盛期だった80年代後半から90年代初めには、高収入・高学歴・高身長の「3高」が持てはやされ、一方、バブル崩壊やリーマンショック(2008年)をへた2010年代には「4低」男性がフィーチャーされました。

 女性に対して決していばらず低姿勢、家事や育児を分担できる低依存、堅実な勤め先と仕事ぶりで失職の心配が少ない低リスク、趣味などで浪費をしない低燃費――。バブル時代とは真逆とも言える理想の男性像が浮かび上がりました。

等身大を求める現代女性たち

 令和を迎えた2021年現在はどうでしょうか。同年に実施された独身女性が対象のアンケート調査によると、

「趣味など没頭できるものを持っている」(31.7%)
「料理好きでマメに自炊する」(30.1%)

といった特徴を持つ男性が支持される傾向に。好感を持てる男性の趣味については、

・読書(11.7%)
・キャンプなどのアウトドア(9.2%)
・料理(8.5%)

が上位に入りました。

「高級品を所有することをステータスと考える男性より、庶民的でも一緒にいて安心できる人がいい」(30代女性)といった自由回答も寄せられていることなどから、肩ひじを張らない“等身大”の相手を探し求めている現代女性たちの価値観をうかがい知ることができます。

※参照:ウェブメディア「マッチングアプリ大学」が2021年2月~3月、20~40代の独身女性445人に対して実施したインターネット調査の結果

理想の恋人……のはずだった


【画像】絶句……実際の部屋(5枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210825_collection_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210825_collection_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210825_collection_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210825_collection_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210825_collection_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210825_collection_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210825_collection_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210825_collection_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210825_collection_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210825_collection_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画