はとバスの歌でおなじみ? 出勤は朝4時台、昭和名物「バスガール」を振り返る

東京のバスにかつていたバスガール。その歴史について、フリーライターの真砂町金助さんが解説します。


「はとバスの定番ソング」と認識された歌

 初代コロムビア・ローズが歌う『東京のバスガール』は、1957(昭和32)年に大ヒットした昭和の流行歌です。そんな初代コロムビア・ローズがデビューしたのは1952年で、曲は『娘十九はまだ純情よ』。以来、ヒットに恵まれた彼女の名を不動のものにしたのが『東京のバスガール』でした。

早稲田大学行きのバスが出ている高田馬場駅前のバス停。1965年撮影(画像:時事)

「若い希望も 恋もある ビルの街から 山の手へ」と始まり、サビの部分で「明るく明るく 走るのよ」となる歌詞は、大都会東京でひたむきに生きる働く女性を描いたものです。

 そんな歌を今でも生で聞けるのが、はとバスです。はとバスのバスガイドにはこの歌が歌い継がれているのです。

 ただし「はとバスの定番ソング」とは言い切れません。歌詞では前述のように「ビルの街から 山の手へ」「酔ったお客の意地悪さ」とあり、明らかに路線バスを描いているような印象を受けるからです。

 その理由は、初代コロムビア・ローズが歌っていた当時に由来します。

 ちょうど、テレビが普及した時代、初代コロムビア・ローズは多くの歌番組に出演し、『東京のバスガール』を披露していました。そのときのステージ衣装が、当時のはとバスの紺の制服でした。これが「歌詞は路線バスだけど、はとバスの定番ソング」となった理由です。

 この時代は、ヒットした歌謡曲が同名タイトルで映画化されるという、メディアミックスの原型がありました。このような映画は歌謡映画と呼ばれました。そのため『東京のバスガール』も、1958年に美多川光子主演で日活が映画化しています。この映画でもヒロインの仕事は観光バスのバスガイドでした。

「地道な路線バスの車掌」への目線


【画像】『東京のバスガール』のレコード

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210731_bus_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210731_bus_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210731_bus_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210731_bus_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画