世界最大級のスクリーンに思わず絶句? 「競馬」「ウマ娘」ファンじゃなくても楽しめる「東京競馬場」の魅力5選

  • おでかけ
世界最大級のスクリーンに思わず絶句? 「競馬」「ウマ娘」ファンじゃなくても楽しめる「東京競馬場」の魅力5選

\ この記事を書いた人 /

七海ユリコ(フリーライター)のプロフィール画像

七海ユリコ(フリーライター)

「ウマ娘」で競馬ファン以外にも広く知られるようになった東京競馬場。その魅力について、フリーライターの七海ユリコさんが解説します。

アニメウマ娘に登場した東京競馬場

 実在した競走馬を美少女キャラクターへと擬人化した「ウマ娘 プリティダービー」は、ゲームアプリやアニメなどメディアミックスで展開しているプロジェクトで、SNSを中心に人気が爆発しました。

東京競馬場のフジビュースタンド(画像:写真AC)



 ウマ娘の大きな魅力として、過去に活躍した競走馬の経歴や特徴をキャラクターやストーリーにしっかり織り込んでいることです。ゲームやアニメをきっかけに、モチーフになった競走馬や競馬に興味を持ち始める人が続出。若者や女性などこれまで関心のなかった層が競馬を知るひとつのきっかけになっています。

 ウマ娘には日本各地の競馬場をモチーフとした場所も登場します。そのうち、アニメウマ娘Season1の1話で、主人公のスペシャルウィークが初めて本物のレースを観戦した場所が東京競馬場(府中市日吉町)でした。

 そんな東京競馬場は充実したお出掛けスポットでもあります。ウマ娘をきっかけに競馬に興味が出てきた人はもちろん、競馬に全く興味がない人にもおすすめできるポイントを五つ厳選してご紹介します。

世界最大級のフジビュースタンド

 まずおすすめしたいのが、東京競馬場が誇る世界最大級の観戦スタンド「フジビュースタンド」とそこからの眺望です。フジビュースタンドは2007(平成19)年に完成した世界最大級の9階建ての観覧席で、横幅380m、高さ52mあります。

「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」(画像:Cygames,Inc.、2021アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会)



 アニメウマ娘Season1の第1話では、東京競馬場の広々とした様子がしっかり描かれていました。主人公のスペシャルウィークはフジビュースタンドやコースの規模に圧倒され、思わず持っていた食べ物を落としてしまうほど。

 フジビュースタンドは、広大なコースや芝生を見渡すことができ、晴れの日には遠くに富士山を臨むことができる絶景のビューポイントです。

 特に、上段の5・6階は観戦する際にレースの状況がもっとも見やすい位置で、コース全体を俯瞰(ふかん)でき抜群の見晴らしを体感できます。

 また、こちらも世界最大級の映像スクリーン「ターフビジョン」は、馬たちが競り合う様子を大迫力で映してくれます。

 競馬場に来たら馬券を買って観戦するのがセオリーですが、まずは雄大な敷地を見渡してみてもいいかもしれません。

名物グルメと豊富なメニュー

 続いてのおすすめポイントは、広大な東京競馬場ならではの豊富なグルメとここでしか食べられない名物グルメです。

 多くの人が訪れる競馬場は、カフェテリアやファストフードコートも数多くの店がそろい、おしゃれなレストランからラーメンや丼ものなどのファストフードまで、幅広い種類の店があります。もちろん、軽食やコーヒーショップも。

 競馬好きの男性に人気がありそうながっつり系のグルメだけでなく、女性や親子連れも親しみやすい素敵なカフェやレストランも充実しているので、老若男女問わず食べたいお店が見つかるはずです。

府中市日吉町にある東京競馬場の地図(画像:日本中央競馬会)

 東京競馬場を訪れたらぜひ味わってほしい名物のひとつが「大穴ドーナツ」。フジビュースタンド三階にある「トーキョーカフェ&ベーカリー」というお店で販売されています。名前の通り大きく穴の開いたインパクトのある見た目のドーナツで、ゲン担ぎをしたいときにもおすすめ。

 ほかにも馬の図柄が押された定番の「G1焼き」もあります。こちらはパドックの日本庭園側、電光掲示板横にお店があります。ほかにも鳥千のフライドチキンやエクセルシオールカフェの限定カツサンドなど、一口に名物といってもたくさんの種類があります。ぜひ自分だけのお気に入りのグルメを見つけてみてください。

女性がワクワクするスポットも

 続いては、競馬場のイメージをガラリと変えた「UMAJO SPOT」です。フジビュースタンド5階にあるこのスペースは、女性専用の無料休憩スペース。花が飾られた外観はおしゃれな喫茶店風でかわいらしく、一目で女性のための空間ということがわかります。

UMAJO SPOT(画像:日本中央競馬会)



 ドリンクの無料サービスや、フォトジェニックなオリジナルスイーツを販売しており、初めて競馬場を訪れた女性でも安心して過ごせる工夫がされています。

 スペース内で販売されているスイーツは馬をモチーフにしており、「競馬場に来た!」感をしっかり味わえます。馬の形をしたパンや馬モチーフが載ったケーキなど、時期によって種類が変わるのも女性ウケしているようです。

 競走馬のゆるかわ風の大型ぬいぐるみもスペース付近に配置されており、とにかく女心をくすぐるかわいらしさとワクワク感を味わえる場所となっています。

 競馬場を訪れた女性がSNSでUMAJO SPOTの投稿をして発信するなど、競馬場の新たな魅力のひとつとなっています。ウマ娘で競馬に興味を持ったけど実際に行くのは勇気がいる、と感じている女性は、ぜひこちらのスポットを訪れてほしいと思います。

競馬場ならでは!りりしい競走馬に触れ合える

 四つめのおすすめポイントは、観戦するだけでなく馬と直接触れ合えることです。

 東京競馬場には、乗馬センターやパドック、ホースプレビューなど、馬に間近に接することができる場所があちこちにあります。乗馬体験はほかの場所でも可能ですが、競馬場ならではの魅力は、馬と騎手の勇壮な姿を見られること。

ホースプレビュー(画像:日本中央競馬会)

 なかでも誘導馬のお出迎えや、レース終了後の馬と騎手が戻ってくるホースプレビューは、りりしい競走馬の姿を見られるとファンに人気の場所のひとつです。

整えられた緑の空間で心も体もリフレッシュ

 最後に挙げられるおすすめポイントは、心と体を癒やしてくれる自然もしっかり整備されていること。

 コース周辺の芝生はもちろんですが、敷地内にはケヤキ並木やローズガーデン、日本庭園など緑に癒やされる場所も多くあります。

パドックの裏にある日本庭園(画像:日本中央競馬会)



 競馬場の熱気や人混みに疲れたときに休憩に訪れたり、親子連れなら散策やピクニックをしたりするのもおすすめです。

 ひとつの施設内でさまざまな魅力が味わえる東京競馬場。景色やグルメ、フォトスポットがあり、馬や自然に親しめる癒やしのスポットなど、楽しみ方は実にたくさんあります。競馬場はファン以外は行きにくい場所だと感じている人は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連記事