黒い溶岩は家も車も飲み込んだ――1983年「三宅島大噴火」 今も残る自然の爪痕とは

約20年ごとに噴火を繰り返す東京・三宅島。そんな同島に残った「爪痕」を紀行作家の斎藤潤さんが歩きました。


400棟以上の家屋が飲み込まれた阿古地区

 1940年、1962年、1983年、2000年――。

 この年を見て、「20世紀に三宅島が噴火した年」とわかる人は火山博士か、もしくはかなりの三宅島通でしょう。ほぼ20年刻みということは、そろそろまた……。縁起でもないと思うかもしれませんが、確実にやってくる災害には備えるべきです。

 火山災害の恐ろしさを目の当たりにして、自分なりに考えられる場所があります。それは1983(昭和58)年のわずか15時間ほどの噴火で、集落の大半400棟以上の家屋が溶岩に飲み込まれ、現在はかつての集落の上に火山体験遊歩道が整備された、島の南西部に位置する阿古(あこ)地区です。

海辺にできた割れ目火口の火口壁(画像:斎藤潤)

 もう10年以上前ですが、島の人たちの研修ツアーに参加させてもらったときの体験を紹介しましょう。現在は、その時より緑も回復しています。

溶岩に挟まれたクルマの残骸

 島内各地を巡り阿古に差しかかると、海側には光をすべて吸収する溶岩に覆われた黒々とした大地が広がり、周辺を縁取るように緑の草木や家々が見えました。

「観光客の場合はここでとまりますが、皆さんはいいですね。通過しま~す」

少し進んでから、バスが一瞬停車しました。

「ご存じと思いますが、溶岩に挟まれているクルマの残骸です」

のり面の隙間からさびたエンジンやシャフトが顔をのぞかせている。溶岩で寸断された都道を開削した時、あらわれたらしい。

阿古に残る溶岩に挟まれたクルマの残骸(画像:斎藤潤)

 一部は草で覆われ色も溶岩と同系統なので、注意していないと見落としてしまいそうでした。

「えーこんなのあったのー。うそ~、知らなかったー」
「私は最初に島にきたとき、連れてこられたわよ~」

というのは、多分島外から嫁いできた人でしょう。島人でも行動範囲が異なったり、島外から嫁いできたりで、けっこう知らないようです。

「この辺は阿古銀座と呼ばれた繁華街でしたが、今はこんな風になってしまいました。港周辺には、かつお節やムロ節の製造所もたくさんあったんですよ」

噴火の生々しい体験を語る元校長


【画像】溶岩が押し寄せた三宅島「阿古地区」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210508_miyake_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210508_miyake_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210508_miyake_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210508_miyake_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210508_miyake_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210508_miyake_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210508_miyake_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210508_miyake_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210508_miyake_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210508_miyake_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210508_miyake_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画