「サロン・デュ・ショコラ 2019」開幕、世界トップパティシエ5人に聞いたイチオシ商品

17回目を数える日本最大級のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ 2019」が東京会場でスタートしました。その前夜祭で、世界トップパティシエにイチオシアイテムを聞きました。前回より2倍に増えたイートインとテイクアウトアイテムのオススメも解説します。


過去最大数のパティシエが一堂に会し、開幕コール

 パリ発の日本最大級チョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ 2019」の前夜祭が、2019年1月21日(月)、会場となる新宿NSビルにて開催されました。

日本最大級のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ 2019」は今回で17回目を数える。写真はイメージ(2019年1月21日、宮崎佳代子撮影)



セレモニーに出席した、イベント主催者の4人。左から、ショコロコインターナショナルのジェラルド・パラシオ氏、イベントインターナショナルのフランソワ・ジャンテ氏、シルヴィー・ドゥース氏、三越伊勢丹 執行役員の浅田龍一氏(2019年1月21日、宮崎佳代子撮影)

 サロン・デュ・ショコラ東京は今年(2019年)で17回を数え、同祭典は東京を皮切りに札幌、仙台、名古屋、京都、福岡でも開催されます。2018年の東京会場には、国内外から57人のパティシエ(ショコラティエ含む)が来場しましたが、今年はさらに増えておよそ70人。特設ステージで行われたセレモニーでは、名だたるパティシエたちが一堂に会しました。

国内外のそうそうたる顔ぶれのパティシエたちが集結(2019年1月21日、宮崎佳代子撮影)

 臨席の主催者のひとり、ショコロコインターナショナルのジェラルド・パラシオ氏は次のように述べました。

「サロン・デュ・ショコラ東京の今年のテーマは『自然』です。自然の贈り物であるカカオがこの素晴らしい商品の中心にあるからです。ショコラティエ(パティシエ)一人ひとりの技と隠れたアイデアによって、カカオに新たな形と風味が与えられ、私たちの舌を喜ばせてくれるチョコレートになります。(同祭典を通じて)我々が届けたいのは、世界最高峰のチョコレートだけでなく、チョコレートをめぐる素晴らしい経験と忘れられない驚きです」

 パラシオ氏のあいさつの後、パティシエがひとりひとり紹介されて壇上に勢ぞろい。パティシエ自身も記者を撮ったり、仲間と自撮りしたり、セレモニーを楽しんでいる様子。最後に、「サロン・デユ・ショコラへようこそ!」と皆で一斉に開幕コールを行いました。

世界のトップパティシエたちが語る、今年のイチオシ商品

 今回は過去最大の112ブランドが集結。どのチョコレートを買うか、悩ましいところです。そこで世界のトップパティシエ5人にそれぞれのイチオシ商品を聞きました。

「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」のサダハル アオキ氏は「AOKI 2019」(3078円)をピックアップ。

サダハル アオキ氏(左)と「AOKI 2019」(右、3078円)(2019年1月21日、宮崎佳代子撮影)



 アオキ氏は、2018年C.C.C.(フランスのショコラ愛好会によるショコラアワード)で8年連続最高位を獲得した、名実共に世界のトップパティシエ。「AOKI 2019」は、アカシアのはちみつと黒ごまのコンビや、ベネズエラ産のカカオ豆「スル デル ラゴ」を原料としたショコラなどのアソートを、奇をてらったものより、幅広い年齢層に支持されるブラックチョコレート系にしぼって仕上げたと言います。

 これまでにないフレイバーを揃えたマカロン「マカロン 6P プレスィユー」(2421円)もオススメと話します。また、テイクアウトに「カヌレ ショコラ」(381円)やクロワッサン3種(各291円)を用意しています。

 2017年にサロン・デユ・ショコラ パリで新人賞、同年にC.C.C.で金賞も受賞したカンタン・バイィ氏は、今回が2回目の出店。「タブレット ノワール キャラメルブールサレ」(2268円)と「コフレ ブール スマイレー」(2808円)をイチオシに挙げました。

カンタン・バイィ氏(2019年1月21日、宮崎佳代子撮影)
「タブレット ノワール キャラメルブールサレ」(手前、2268円)と「コフレ ブール スマイレー」(2808円)(2018年11月、宮崎佳代子撮影)

「コフレ ブール スマイレー」は、酸味があったり、甘かったりする味わいの特徴をスマイリーの表情で表しているのが可愛らしいボンボンショコラ。「タブレット ノワール キャラメルブールサレ」は、北フランスによく見られるブリック(レンガ)が発想のもとと話します。中身はミルクチョコレートとキャラメルがミックスされていて、このイベントのために作ったそうです。

 日本でもおなじみの「アンリ・ルルー」のパティシエ、ジュリアン・グジアン氏は、テイクアウトアイテムの「ボワソン ショコラ」を挙げます。「ボワソン」はフランス語の「ドリンク」の意味。ノワール、キャラメル、アナトリアの3種類(各756円)があり、アナトリアは東京会場限定商品です。

「アンリ・ルルー」のパティシエ、ジュリアン・グジアン氏(左)。手にしているのは、「ボワソン ショコラ・アナトリア」(756円)。クレーム シャンティにレモンピール、カリっとしたビスケットをトッピング。右写真は、今回販売の同メゾンのショコラ各種(2019年1月21日、宮崎佳代子撮影)

「アルノー・ラエール パリ」のパティシエで、2007年にM.O.F.(フランス国家最優秀職人)を受賞したアルノー・ラエール氏は、「コフレ クイニーアマン」(2916円)とカラフルな6個のマカロンの詰め合わせ「キャラメルショックモンマルトル」(2916円)をピックアップ。

「コフレ クイニーアマン」(2916円)(2018年11月、宮崎佳代子撮影)

「コフレ クイニーアマン」は、ラエール氏の出身地であるブルターニュ地方の伝統的なお菓子、クイニーアマンをショコラで表現したものです。「キャラメルショックモンマルトル」は見た目にも可愛い、キャラメル入りのショコラ。また、前夜祭ではゲストから「クイニーアマン」(321円)や、テイクアウトのクレープ3種(各890円)も好評でした。

「アルノー・ラエール パリ」の「クイニーアマン」(321円)(2019年1月21日、宮崎佳代子撮影)

 南仏にある世界最高峰のホテル「オテル・デュ・キャップ エデン=ロック」のパティシエ、リリアン・ボンヌフォア氏も同祭典の常連。自身の名前を冠したショコラのブティックも2015年にフランスのアンティーブにオープンしています。同氏のイチオシは「ショコラ アソート メガン エス」(5832円)。

「オテル・デュ・キャップ エデン=ロック」のパティシエ、リリアン・ボンヌフォア氏。手にしているのが「ショコラ アソート メガン エス」(左手側、5832円)と「ショコラ フィンガー」(右手側、4860円)(2019年1月21日、宮崎佳代子撮影)

「ショコラ アソート メガン エス」は、フルーツのコンフィとフルーツジュースを加えたガナッシュを2層にしたドーム型ショコラです。南仏のアンティーブ(同ホテルのある町)で穫れるフルーツや植物を原料としており、今回のサロン・デュ・ショコラのテーマをもとに創作したと言います。また、バータイプの新作「ショコラ フィンガー」(4860円)もオススメだそうです。

会場限定のイートインとテイクアウトアイテムが60品ラインナップ

 今回のサロン・デュ・ショコラでは、イートインやテイクアウトアイテムが昨年の約2倍の60品ラインナップされています。

 同祭典の初回開催から参加している「ジャン=ポール・エヴァン」のジャン=ポール・エヴァン氏は、誰もがその実力を認めるショコラティエ界の巨匠。そのテイクアウトアイテム、「タルトレット オ ショコラ スフレ」(864円)を含む3種類の商品は外せないところ。

「ジャン=ポール・エヴァン」の商品「ボワットゥ ショコラ 16個入 ラブ アイランド」(左、7500円)、右写真はテイクアウトアイテムの「フイユテ ショコラ ノワール」(994円)、「タルトレット オ ショコラ スフレ」(864円)、「ショコラ フラッペ ティラミス」(945円)(2019年1月21日、宮崎佳代子撮影)



 初参加となる「ジョンズ・ホットドッグ・デリ」と「フリスホルム」のコラボで、チョコレートをたっぷり使ったホットドッグや、「ナオミ ミズノ」のアシェットデセールも話題を集めています。

「ジョンズ・ホットドッグ・デリ」×「フリスホルム」チョコドッグ(918円)(画像:三越伊勢丹)
「ナオミ ミズノ」のアシェットデセール「ショコラ」(1890円)(画像:三越伊勢丹)

また、毎度人気のセレクションボックスもマストバイアイテムと言えるでしょう。

3種類用意されたセレクションボックス(2018年11月、宮崎佳代子撮影)

 サロン・デュ・ショコラ東京は、パティシエたちと触れ合えるのも最大の魅力のひとつ。平日は当日券も販売予定なので、チケットを事前購入できなかった人はぜひトライして、「チョコレートをめぐる素晴らしい経験と忘れられない驚き」を体感したいものです。

●サロン・デュ・ショコラ2019 東京会場 詳細
・一般会期:2019年1月23日(水)〜29日(火)
・時間:10:00〜20:00
・場所:新宿NSビル 地階 イベントホール
・住所:東京都新宿区西新宿2-4-1
・アクセス:大江戸線「都庁前駅」A3出口より徒歩約5分、各線「新宿駅」新都心口から徒歩約6分、同駅南口・西口から徒歩約7分
・入場料:600円(税込)※事前購入。平日のみ、当日券を販売
・問い合わせ:伊勢丹新宿店 電話03-3352-1111(大代表) FAX03-3225-3646

※掲載の情報は全て2019年1月21日現在のものです。最新情報については、サロン・デュ・ショコラの日本公式HPにて確認ください。


この記事の画像をまとめて見る(15枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/01/190121_salondushocolat_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/01/190121_salondushocolat_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/01/190121_salondushocolat_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/01/190121_salondushocolat_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/01/190121_salondushocolat_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/01/190121_salondushocolat_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/01/190121_salondushocolat_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/01/190121_salondushocolat_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/01/190121_salondushocolat_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/01/190121_salondushocolat_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/01/190121_salondushocolat_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/01/190121_salondushocolat_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/01/190121_salondushocolat_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/01/190121_salondushocolat_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/01/190121_salondushocolat_15-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画