デカ目、白肌、エモかわいい……スマホ時代にも生き残る「プリクラ」のサバイバル力と処世術

プリント倶楽部、通称プリクラが誕生してから25年。携帯電話が普及し、カメラ付き機種やスマホが当たり前になった2020年現在も、いまだ若者を中心に一定の人気を獲得し続けています。デジタル全盛の今、なぜ若者はプリクラを撮るのでしょうか?


国内シェア9割の企業の見解は?

 2020年10月、ゲームメーカー大手のセガ(品川区西品川)から約20年ぶりとなる最新プリ機が登場しました。

 また設置台数で国内シェア90%を誇るフリュー(渋谷区鶯谷町)は、渋谷・原宿をはじめ全国にプリントシール機専門店を構えているほか、10月27日(火)からは新機種も順次設置を開始しています。

※ ※ ※

 プリクラ。正式名称「プリント倶楽部」がアミューズメント施設などに初めて登場したのは1995(平成7)年7月のこと。

 当時は携帯電話やPHSが若者にまで浸透する以前。ましてやカメラ付き携帯電話などこの世に存在しない時代です。

 女子中高生を中心にプリクラ人気は一気に広まり、1997年には売上高1000億円を突破しました(日本アミューズメント産業協会調べ)。

 以降、上がり下がりも経ながら四半世紀が経過。2020年現在、スマホでの写真撮影が普及したことなどから、プリントシール(プリ)市場は200億円規模に落ち着いています。

 それでも前述の通り新機種は登場して続けていて、一定の需要や人気を保ち続けているのは確かなよう。

 デジタル全盛の今、それでも若者がプリを撮るのはなぜなのでしょうか? 現代のプリ事情について、フリュー広報担当の疋田裕貴(ひきた ゆき)さんに聞きました。

スマホとプリの魅力は全く別物


【画像】女子高生が撮る「最新プリ」の実例(全12カット)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/11/201101_pri_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201101_pri_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201101_pri_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201101_pri_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201101_pri_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201101_pri_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201101_pri_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201101_pri_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201101_pri_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201101_pri_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201101_pri_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201101_pri_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201101_pri_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201101_pri_18-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201101_pri_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201101_pri_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201101_pri_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201101_pri_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画