緑道のアジサイに見とれて、銭湯入って、気泡に身をゆだねてボーッっとするの巻【連載】TOKYO銭湯ザンブリコ(1)

ソーシャルディスタンスな散歩を満喫したら、街角の銭湯でザンブリコ――。散歩と銭湯巡りをこよなく愛するコラムニストの島本慶さんが、東京の魅力的なコースへとお連れします。リニューアルした本連載、第1回は、世田谷区の三軒茶屋からスタートです。


小川のコイたちに餌をあげるフリ

 東急田園都市線は渋谷から2個目の三軒茶屋で降りて下北沢に向かう茶沢通りを歩きます。しばらく行くと右側に太子堂商店街に入る道があって、そこを入らずにちょいと先にある烏山川緑道ってのを右へ。

 最近はこの緑道ってのがずいぶんと整備されていてキレイになっておりますな。ご存じのように、昔小川だった所を暗渠(あんきょ。地下水路)にして浄化した水を人工的に作った川に流したりしている。今の季節、緑がキレイですよ。

 このご時世ですから、運動不足の若いカップルがジョギングしたり、お爺(じい)ちゃんやお婆(ばあ)ちゃんが犬を連れて散歩していたり、内緒で猫に御飯をあげるオバちゃんグループもたまに見かけます。

 私(島本慶。コラムニスト、ミュージシャン)はというと、ゆっくり散歩します。アジサイの美しさに見とれながら。どこへ向かうかってぇと、三宿を抜けて池尻大橋方向へ。途中に下北沢寄りから伸びている北沢川緑道と合流して、そこからは目黒川緑道になります。

 目的は銭湯です。実は近くに「富士見湯」(世田谷区太子堂)ってのがあるんだけど、それじゃあ散歩が加わらないので無視。やっぱり散歩を楽しんで程よい汗をかいてからひとっ風呂浴びたいですからね。

 途中、何度か立ち止まり、休憩しながら、クローバーを見つけるとついつい四つ葉を探します。でも見つかりません。不思議だねぇ、子どもの頃はホイホイ見つけたのに、大人になると見つけられませんな。ジジィになるともっと見つられない。これが人生でしょうか。

 などと思いながら目黒川緑道の小川の太りまくったコイに驚いて、わざとエサをあげるフェイクのしぐさをすると、みんな寄ってきて口をパクパク。悪い奴っちゃ。

 てなわけで246号線に出て渡り、池尻大橋の商店街へ。ズズッと行った先の左側にある目的の「文化浴泉」(目黒区東山)に入ります。

目黒区の銭湯「文化浴泉」の外観(画像:島本慶さん制作)

 ここまで歩くと、散歩してきた気分も十分味わえるし心地良い疲労感でお風呂が楽しめます。

「文化浴泉」って古いんですよね意外に。何と1928(昭和3)年の創業ですと。でも2011年にリニューアルして、とってもキレイです。

このままおじいちゃんになってしまうのか


【地図イラスト】今回の散歩コースを見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/07/200706_yu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200706_yu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200706_yu_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画