池袋から浅草へ 都営バス「1時間の小旅行」で見られる意外なまちの姿とは

池袋駅東口と浅草寿町を結ぶ都営バス「草63系統」の魅力について、まち探訪家の鳴海行人さんが解説します。


池袋駅東口から出発

 2020年は暖冬傾向でしたが、まだ寒いときもあります。そんな時期におすすめなのが「路線バス」。車窓が変わりさまざまな東京の姿が見られる路線バスは、この時期特におすすめです。

 そこで今回は、路線バスを使ったまちめぐりとして都営バスの「草63系統」をピックアップし、ご紹介したいと思います。

「草63系統」は、池袋駅東口と浅草寿町を結ぶ路線です。今回は池袋駅東口からバスに乗ってみます。

池袋駅東口の都営バス乗り場の様子(画像:(C)Google)

 池袋駅の乗り場は東口のパルコの前。「草63系統」は「とげぬき地蔵前」行きと「浅草寿町」行きのふたつの行き先の系統が走っていますので、乗り間違いに注意してください。

 今回は「浅草寿町」行きに乗ります。運行間隔はおおむね12分から15分程度。タイミングによっては少し待つ事があるかもしれません。

「池袋」だけではない豊島区の姿を見る

 さて、池袋駅東口を発車するとバスはまず明治通りを北東に向かいます。

 明治通りの池袋から北東の区間は本数の多いバス系統が何本も走っているため、バスの利用者が多い地域です。なんでもない住宅街の中でも何人も乗り降りしていくのを見ていると、地下鉄だけではなく、バスの利用も大都市・東京でもしっかり定着していることがわかります。

 国道17号との交差点である西巣鴨交差点でバスは右折すると東京さくらトラム(都電荒川線)と交差し、巣鴨エリアに入っていきます。特に「とげ抜き地蔵前」では多くの高齢者が乗り降りし、「おばあちゃんの原宿」と言われる巣鴨エリアの人気がよくわかります。

西巣鴨交差点の様子(画像:(C)Google)

 このあたりまでが豊島区内の区間です。豊島区といえども、池袋だけではない違った姿の豊島区を感じることができるのではないでしょうか。

落ち着いた丘陵地の住宅街を楽しめる文京区内


【ひと目でわかる】都営バス「草63系統」の路線図をチェックする

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/03/200307_asakusa_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200307_asakusa_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200307_asakusa_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200307_asakusa_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200307_asakusa_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200307_asakusa_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200307_asakusa_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画