秀逸な「食のトリック」が楽しい! ヒルトン東京の大人気アリスビュッフェに後編が登場

2018年10月16日

イベント
ULM編集部

デザートビュッフェの先鋭、ヒルトン東京のクリスマスは、大好評開催中の「アリスinハロウィーン・トリック」に引き続き、アリスの世界観。「塩イーツ」と称されたフォトジェニックな軽食も満載で、甘いもの大好きな人も、得意でない人も楽しめるラインナップです。


アリスのとっておきのクリスマスが始まる!

 ハロウィーンが終わると、街はクリスマス色に染まり始め、いよいよ年の瀬。「ラスト・クリスマス」が店に流れ、オーナメントに身を包んだモミの木が現れ、街路樹が光の粒をまとい、1年でいちばんキラキラする街に心が躍ります。

今年もクリスマスがやってくる(画像:ヒルトン東京)

 待ち遠しいクリスマス。西新宿のヒルトン東京1階「マーブルラウンジ」で行われるデザートビュッフェも、2018年11月4日(日)まで開催している「アリスinハロウィーン・トリック」の世界観を引き継ぎながら、クリスマスへと変貌します。

 題して「アリスinクリスマス・マジック」。「アリスinハロウィーン・トリック」の後編としてスタートする同ビュッフェは、2018年11月5日(月)から、クリスマス当日12月25日(火)まで実施されます。

白をベースに、赤とゴールドが散りばめられた「アリスinハロウィーン・トリック」はエレガントな世界観(画像:ヒルトン東京)

 前編では、赤と黒を基調としていたのに対し、後編は、白をベースに赤とゴールドをきかせた空間に。ロマンチックでキラキラとしたクリスマスの魔法をイメージしているといいます。

「マーブルラウンジ」を象徴するもののひとつ『チョコレートファウンテン』も、クリスマスならではの姿で登場。ラウンジ中央には、高さ6mのジャンボツリーが飾られます。前編に引き続き、トリックアートやプロジェクションマッピングによる「リアルな体験」も楽しめます。

 さらに、ビュッフェの初日と同日から、ホテル全体でもクリスマスデコレーションとイルミネーションがスタート。ホテルいっぱいに広がる、クリスマスの華やいだ雰囲気は、わくわくする心をさらに盛り上げてくれそうです。

手のひらサイズのかわいいツリーは抹茶とチーズの味

 スイーツは前編に引き続き、どれも甘美かつフォトジェニックです。

『スノークリスタル』は、雪の結晶をイメージ。花びらのように繊細なメープルクリームの層の内側に、赤ワインやスパイスなどで煮た洋なしや、ふんわりとしたスポンジがくるまれています。

スポンジふんわり『スノークリスタル』(画像:ヒルトン東京)

『リトル・リトル・ツリー』は、お皿に盛り付けた時にもかわいらしい、手のひらサイズのカップケーキ。モミの木は、抹茶とマスカルポーネチーズのクリームで作られています。

散りばめられた金と銀がアクセント。『リトル・リトル・ツリー』(画像:ヒルトン東京)

『雪そりに乗ったアリス』のベースは、小麦粉やライ麦粉を使い、スパイスで香りづけしたフランスのお菓子、パンデピス。アーモンドやレモンコンフィとともに焼き上げた生地を、ホワイトチョコレートでコーティングしています。

 物語『不思議の国のアリス』に登場する帽子屋がかぶっていそうなかたちの『ハッター』は、フランスの伝統菓子カヌレを、紅茶風味のベリーチョコレートでくるんだもの。てっぺんには、フリーズドライ・ストロベリーの真っ赤なパウダーがまぶされています。

『雪そりに乗ったアリス』(中央)と『ハッター』(右下)(画像:ヒルトン東京)

 そのほか、全部で約20種類のスイーツが待ち構えています。

お客さんの声から思いついた「塩イーツ」が充実!


New Article

新着記事