左官職人の道具が生み出す超リアルな3D絵画「鏝絵」が品川の神社にあった

一般的にはまだまだ知られていない、左官の仕事で使う鏝(こて)で創られる3D絵画「鏝絵」について、都市探検家の黒沢永紀さんが解説します。


現在の社殿は1873年建立

「鏝絵(こてえ)」をご存知でしょうか。建物の壁や床などを塗り仕上げる左官が、その作業で使用する鏝ひとつで創り出す、いわば着色されたレリーフの様なものを言います。

 そんな鏝絵のひとつが、品川の「寄木(よりき)神社」(品川区東品川)にあります。鏝絵の名工といわれた伊豆の長八による作品。今回は、品川の鏝絵に迫ってみたいと思います。

 寄木神社は、京急新馬場駅北口から東へ徒歩約5分のところにある、品川裏が漁師町だった頃からの古社。現在は埋設されてしまったかつての目黒川と品川浦に挟まれた細長い洲の上に建つ神社でした。

 日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が御東征の際、海神に行く手を阻まれて大破した船の木片が寄り集まり、流れ着いた地でそれらを祀ったのが創祀(そうし)とされます。日本武尊とともに、海神の怒りを沈めるためにその身を犠牲にした妃の弟橘媛(オトタチバナヒメ)を祀ることから、神紋(しんもん)には珍しい十六弁の裏菊紋が使われています。

寄木神社の神殿扉に施工された「鏝絵天鈿女命功績図(こてえ アメノウズメノミコト こうせきず)」の全体(画像:黒沢永紀)

 現在の社殿は1873(明治6)年の建立で、唐破風(からはふ)かと思うほど湾曲した起り破風(むくりはふ)の屋根や、外壁を凝灰岩で覆った、まるで石蔵の様な神殿、そして頭にろうそく台といわれる穴を持つカッパ狛犬など、見どころ満載の神社です。

 そして蔵造りの神殿の観音扉に、伊豆の長八の鏝絵が残っています。拝殿と短い廊下でつながって壁で覆われ、更に扉の内側だったので、比較的良好な状態で保存されたのでしょう。

鏝絵は徐々に衰退、今では作れる人もほんのわずか


【画像】本当に創作? 超リアルな表情の「猿田彦命」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191203_kotee_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191203_kotee_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191203_kotee_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191203_kotee_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191203_kotee_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191203_kotee_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191203_kotee_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画