まちの風景がゆっくり味わえる――多摩エリアのおすすめバス路線3選

多摩地区のまちを結び、縁の下の力持ちとして活躍するバス。そんなバスの魅力について、まち探訪家の鳴海行人さんが紹介します。


吉祥寺はバスでも広いエリアから人を集める

「東京の話」というと、おおむね23区の話になりがちです。しかしながら、東京都には23区以外に多摩があります。23区の人口約930万人に対して、多摩地域の人口は約420万人と半数以下ですが、住宅環境は良質で面白いまちがたくさんあります。

 その多摩地区のまちを結び、縁の下の力持ちとして活躍しているのがバスです。今回は多摩のバスの話をします。

吉祥寺駅付近のバスの様子(画像:写真AC)

 多摩の東端にあり、住みたいまちとして上位にくる吉祥寺。駅前にはさまざまな場所に向かうバスが発着します。南へは小田急バスや京王バスが走り、三鷹市内の各地を結ぶほか、千歳烏山、仙川、調布と京王線の主要駅も結ぶことで、面的にネットワークを形成します。

 北は西武バスや関東バスが上石神井、田無、花小金井といった西武新宿線の駅までだけではなく、石神井公園、大泉学園、保谷といった西武池袋線の駅、そして東武東上線の成増駅近くや、果ては都県境を越え、埼玉県新座市の南端まで足を伸ばします。

 そしてどのバスも本数が多く、多くの人はバスに乗って吉祥寺駅にやってきます。駅前のバスの降車場所にいると、バスがひっきりなしにやってきては、たくさんの乗客を下ろしていきます。そしてバスの乗り場へ回送し、またたくさんの乗客を乗せて去っていきます。

 このように、吉祥寺は中央線や井の頭線沿線だけではなく、バスでも広いエリアから人を集めているのです。もちろん、鉄道の方が多くの人を運んでいることでしょう。しかし、この充実したバスネットワークが吉祥寺の発展を支えている面もあります。

バスは「ゆっくりとまちの風景を見せてくれる」


【子どものころなりたかった職業 ランキング】電車・バス・車の運転士が第2位! 20~30代のビジネスパーソン1000人に聞いた

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/09/190906_tama_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190906_tama_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190906_tama_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190906_tama_03-150x150.png
/wp-content/uploads/2019/09/190906_tama_04-150x150.jpg

New Article

新着記事