テーマは昭和の街、亀戸の「勝運商店街」が看板建築で再興を果たしたワケ

江東区の亀戸駅から歩いて数分の場所に、看板建築風の建物が立ち並ぶ商店街があります。いったいなぜこのようなデザインになっているのでしょうか。都市探検家・軍艦島伝道師の黒沢永紀さんが解説します。


大戦で戦禍にあった地域なのになぜ?

 JR亀戸駅から北へ歩いて約5分。蔵前橋通りに面して入口がある亀戸香取勝運(かちうん)商店街は、ほんの200メートルほどの短い商店街ながら、昭和レトロと看板建築で見事に復活した商店街。今回は、そんなリノベーション商店街のお話です。

きれいな看板建築が建ち並ぶ、亀戸香取勝運商店街の入口付近の様子(画像:黒沢永紀)

 商店街の入口に建つのは、関東大震災の後に数多く建造された看板建築を彷彿とさせる店構えの和菓子屋「山長(やまちょう)」。しかし、見上げると5階建のビルのようで、ちょっと様子が変です。その奥にも、趣向を凝らした看板建築が建ち並んでいるものの、銅板の緑青が綺麗すぎたり、モルタルの壁が汚れてなかったりと、やはり違和感があります。

 先の大戦で戦禍にあった地域を詳細に記録した『帝都近傍圖-戰災燒失區域表示(ていときんぼうず せんさいしょうしつくいきひょうじ)』を見ると、この一帯は完全に焼失したエリアなので、木造の看板建築が遺っているとは考えられません……実はこの商店街に建ち並ぶ看板建築は、すべて最近になってリノベーションされたものだったのです。

 亀戸香取勝運商店街(以降、勝運商店街)――。ちょっと変わった名前のこの商店街は、もともと隣接する香取神社の参道に端を発します。昭和に入って商店街の原型が造られるものの、先の戦禍で壊滅。戦後復興で、現在の商店街につながる原型ができあがりました。オイルショックの頃まではとても賑わっていたようですが、国内の多くの商店街と同様、バブル期に衰退し、めっきり客足が遠のいていたようです。

 「2000年代の中頃に江東区が募集した、商店街活性化への応募が再興の発端だった」と語るのは、前出の和菓子屋「山長」の社長・長束光芳さん。勝運商店街を一新したリノベーションの立役者です。コンサルやデザイン事務所などと相談しながら、昭和の街をテーマに、看板建築で商店街の再興を計画したといいます。

 2011(平成23)年の第1期工事で店舗や袖看板を、そして2016年の第2期工事で通路のリニューアルをして、当初予定した形が完成しました。江東区からの補助金でまかなえたのは、リニューアルに合わせて揃えた袖看板、道端の植込みの鉢やベンチ、そして店舗改装費の一部。その結果、全面改装は各店舗の自主的な決断と財力に委ねざるを得なかったので、店によって完成度にばらつきがあるのが少し残念です。

 限られた予算の中での再生には苦労も多かったようです。例えば一見石畳のように見える路面は、実はベタ敷きの舗装路に切れ込みを入れて石畳風にしたもの。しかし、素人目には石畳と言われても遜色なく、低予算を逆手にとった発想には脱帽です。

細かなディテールで昭和初期の流行を踏襲


【写真】バリエーション豊かなデザイン! さまざまな看板建築が建ち並ぶ亀戸香取勝運商店街の中心部の様子

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/07/Kachiun4-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/Kachiun1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/Kachiun2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/Kachiun3-150x150.jpg

New Article

新着記事

Ranking

ランキング

  • Weekly
  • Monthly