MOS資格のスペシャリストとエキスパートの違いや難易度を詳しく解説!

  • 全国
  • 学び・資格
MOS資格のスペシャリストとエキスパートの違いや難易度を詳しく解説!

\ この記事を書いた人 /

アーバンライフメトロ編集部のプロフィール画像

アーバンライフメトロ編集部

編集部

ライターページへ

MOSエキスパート資格は、取得することで就活・転職において有利に働きます。本記事では、MOSエキスパート資格の概要や合格点と合格率、MOSエキスパート資格が人気の資格である理由について説明しています。

 「パソコンに関する資格を取るとオフイスワークに有利って聞くけど、具体的にどのような資格を取れば良いのだろう?」「あまり難しすぎない、初心者向けの資格が知りたい」「国内だけなく、国際的にも通用する資格を取得したい」

 このような方におすすめなのが、「MOS資格」です。

 MOS資格とは、ワードやエクセル、パワーポイントなどのオフィス系ソフトに関するスキルを証明する資格です。非常に認知度が高い国際資格の一種で、資格を取得することで、就職や転職に有利に働きます。

 本記事では、MOS資格のスペシャリストとエキスパートの違いや難易度について詳しく解説しています。MOS資格取得に有効なおすすめ通信講座・パソコン教室の紹介もしていますので、MOS資格の取得を検討中で、スペシャリストとエキスパートの内容や難易度の違いを知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

MOSエキスパートとは

 MOSエキスパート資格とは、正式名称を「マイクロソフト・オフィス・エキスパート資格」と言うものです。マイクロソフト・オフィス製品の利用スキルを証明するための資格であり、取得することで、パソコンに関する知識だけでなくハイレベルな実務スキルも兼ね備えている裏付けになります。

 国内における主催団体は、「オデッセイコミュニケーションズ」で、マイクロソフト社の裁可を得て、試験を主催しています。

 MOSエキスパート資格は、数あるパソコン資格のなかでも、特に認知度の高い人気資格であり、老若男女を問わず、毎年多くの人が資格取得を目指しています。

MOSは認知度が高い人気資格

 MOS資格の認知度は、数あるパソコン資格のなかでも飛び抜けて高いことで知られています。公式サイトによると、MOS資格の受験者数は、延べ470万人以上に及びます。

 また、MOS資格は、世界的に通用する資格試験であるため、国外でも有効です。資格取得後は、世界共通の「合格認定証」が発行される点も、他の資格試験とは違う大きな特徴です。

 MOS資格を取得することで、オフィス製品の幅広いスキルがあることをアピールできるため、即戦力を求める企業からのオファーにも期待ができます。
 特に昨今は、オフィスソフトをしっかり扱える人の需要が高まっています。履歴書に書いても恥ずかしくない資格であることから、かなりコスパが高い資格と言えるでしょう。

MOSのスペシャリストとエキスパートの違いは?

 MOS資格の難易度について述べますと、「スペシャリストレベル(一般)」と、「エキスパートレベル(上級)」の二つに分かれます。

 スペシャリストレベルは、 ビジネスシーンでよく利用される基本的な機能が出題範囲となっており、難易度は一般レベルのため、ワードやエクセルの学習が初めての方でも、比較的チャレンジしやすい資格となっています。

 一方、エキスパートレベルは、 文書管理やデータ集計をはじめとする、 ワンランク上の生産性の高い機能が主な出題範囲です。そのため、スペシャリストレベルに比べて、約2倍程度難易度が高く、より実践的なスキルが必要となります。

 なお、MOS試験科目のうち、上級資格のエキスパートがあるのは、「Excel」と「Word」の2科目のみです。両者の具体的な出題範囲は、以下の通りです。

スペシャリストレベルエキスパートレベル
Excel
(エクセル)
・ワークシートやブックの作成と管理
・セルやセル範囲の管理
・テーブルとテーブルのデータの管理
・数式や関数を使用した演算の実行
・グラフの管理
・ブックのオプションと設定の管理
・データの管理、書式設定
・高度な機能をもって使った数式、およびマクロの作成
・高度な機能を使用したグラフやテーブルの管理
Word
(ワード)
・文書の管理
・文字、段落、セクションの挿入と書式設定
・表やリストの管理
・参考資料の作成と管理
・グラフィック要素の挿入と書式設定
・文書の共同作業の管理
・文書のオプションと設定の管理
・高度な編集機能や書式設定機能の利用
・ユーザー設定のドキュメント要素の作成
・高度なWord機能の利用

MOSエキスパートの難易度は?

 MOSエキスパート試験を受験するうえで気になるのが、試験の難易度だと言えるでしょう。ここからは、MOSエキスパート試験の具体的な難易度について紹介します。

MOSエキスパートは特別に難しくはない資格

 MOSエキスパート資格を取得するために必要な勉強時間は、初心者なら約80時間、経験者の場合は約40時間と言われています。実際に、日々の業務などでソフトを使っている人についてはさらに短く、20時間ほどの勉強時間で合格を目指すことも可能です。
 国家資格は、そのほとんどが100時間以上の勉強時間を要します。そのため、MOSエキスパート資格の難易度は、やさしい~中級の部類であると言えるでしょう。

MOSエキスパートの難易度を他の資格と比較

 ここでは、MOSエキスパート資格の難易度を他の資格と比較してみました。

資格の名称合格までに必要な勉強時間試験・仕事内容
MOSエキスパート資格40〜80時間エクセルやワードの使用スキル・知識が一定以上あることを証明できる資格
簿記3級150~200時間経理の基礎知識を問う資格
簿記2級350〜500時間株式会社における簿記と、工場で使われる簿記について学ぶ資格
インテリアコーディネーター300時間住宅の内装や家具などをアドバイスしたり、トータルデザインしたりする仕事
基本情報技術者200時間情報技術全般に関する基本的な知識・スキルを有する人や、プログラム設計書を作成し、プログラム開発における一連のプロセスを担当する人のための国家資格
FP2級150〜300時間年金・税金・資産運用など、お金に関する専門的知識を有し、顧客の資産運用などの相談に乗って専門的なアドバイスを行う仕事
司法書士3000時間不動産登記、法律に関する書類作成・手続き代行業務、成年後見業務などを行う資格

 MOSエキスパート資格は、決して勉強をせずとも楽に取得できる資格ではありません。しかしながら、その他と資格と比べると資格取得に必要な勉強時間は短く、集中的に勉強に取り組めば、短期間での取得も可能です。このことから、MOSエキスパート資格は、初心者でも挑戦しやすいと言えるでしょう。

MOSエキスパートの難易度が高くない理由

 MOSエキスパートの難易度が高くない理由には、「オフィスはもともと誰にでも使えるようにできているソフト」であることや「MOSエキスパートは1科目ずつチャレンジできる」こと、「MOSエキスパートは毎月試験を受けられる」ことが挙げられます。以下では、それぞれの理由について詳しく説明します。

「オフィス」はもともと誰にでも使えるようにできているソフト

 オフィスは、もともと専門職用に作られたソフトではなく、誰にでも使える設計となっています。実際に、資格を有していないながらも業務で触っていくうちに、なんとなく、仕様が理解できるようになったという人は少なくありません。

 ただし、比較的簡単であるとはいえ、特にエキスパートとなると、一切勉強をしないで受けると、スペシャリストとの出題範囲の違いから、落ちてしまう可能性も否定することはできないものです。決して、「勉強せずとも合格できる」と安直に考えず、きちんと試験対策を講じましょう。

MOSエキスパートは1科目ずつチャレンジできる

 MOSエキスパート試験は、「Word(ワード)」「Excel(エクセル)」「PowerPoint(パワーポイント)」「Access(アクセス)」「Outlook(アウトルック)」の5科目のうち、必要な科目を選んで受験することができます。必要に応じて受験科目を選択できるため、対策が講じやすくなっているのです。

MOSエキスパートは毎月試験を受けられる

 MOSエキスパート試験は、頻繁に開催されているため、再受験のチャンスが多いことも、受験ハードルを下げている理由のひとつです。また、仮に一度で合格できなくても、何度でも繰り返し挑戦することが可能です。受験にあたっての制限も設けられていないため、自分の好きなタイミングで自由に試験を受けられます。

MOSエキスパート試験の合格点と合格率

 MOSエキスパート試験の合格を目指すためには、日々の積み重ねが重要になっていきます。この章では、MOSエキスパート試験の合格点と合格率について紹介します。

MOSエキスパートの合格点は700点前後が基準

 MOSエキスパート試験の合格ラインについては、公式には明確に公表されていません。しかし、一般的には、1,000点満点中700点前後、得点できれば合格すると言われています

 ただし、過去には、700点以下の点数でも合格できた人もいることから、合格基準点はレベルや科目により違いがあるとも言われています。また、MOSエキスパート試験の難易度は、バージョンによっても差があるため、一概には言い切れないのが現状です。

 いずれにしても、合格基準点が公表されていない以上は、なるべく満点に近い点数を取るに越したことはありません。しっかり、試験対策を行いながら、全科目7割以上の得点率を目指しましょう。

MOSエキスパートの合格率は60%前後

 MOSエキスパート試験の合格率は、およそ60%と言われています。MOSスペシャリストの合格率は80%ほどであるため、スペシャリストと比較すると、若干難易度が高くなります。とはいえ、決して合格が不可能ではない確率のため、過度に不安を感じる必要はありません。

MOSエキスパートの合格率が高い理由

 ここまでの内容で、MOSエキスパート試験の難易度についてなんとなく理解できたのではないでしょうか。では、なぜMOSエキスパート試験は、これほどまでに高い合格率をキープしているのでしょうか。以下では、その背景についてお話します。

ソフトを使い慣れた人の受験が多い

 マイクロソフト社のオフィスソフトは、世界的に有名であり、多くの人が日常的に使用しています。そのため、受験者の大半は、ソフトを使った経験があり、ある程度の仕組みが理解できていると言えます。

 オフィスソフトを使い慣れている人であれば少しの対策で合格できるケースも決して珍しくないため、合格率は高い傾向にあるのも当然と言えるでしょう。

受験料が高いので一発合格を目指して勉強してきた受験生が多い

 MOS資格の受験費用は、9,800円〜です。学生の場合は、多少リーズナブルに受験することができますが、それでも10,000円近い費用が発生します。そのため、一発合格を目指してきちんと勉強をする受験者が多く、その熱意が合格率にも反映されていると言えます。

MOSエキスパートが人気の資格である理由

 ここまで、MOSエキスパート試験の概要や難易度、合格率について紹介してきました。では、MOSエキスパートは、なぜ多くの人が受験を検討する資格なのでしょうか。ここからは、MOSエキスパート資格が人気の資格である理由について見ていきましょう。

仕事の実務に直結する資格だから

 MOSエキスパート資格取得のための勉強をすることで、マイクロソフト社のオフィスソフトをスムーズに使いこなせるようになります。

 MOSエキスパート試験に合格できるほどのレベルに到達すると、文書作成や表計算などの作業を行う際に、自分が使いたい機能をすぐに判断できるようになります。これにより、処理スピードが格段に向上していきます。

 加えて、MOSエキスパート試験には、実務に近い問題が制限時間つきで出題されます。これは締め切りまでにタスクをこなすという、仕事の本質に近いものです。合格のための丸暗記ではなく、仕事の訓練として身に付ける知識で臨むことができれば、必ず実務にも生きてくるはずです。

就職・転職の際に評価されるから

 MOSエキスパート試験は、認知度が高く、一定レベル以上のスキルの証明になることから、就職・転職時にも有利に働きます。現代社会では、業種を問わずほとんどの企業が業務にパソコンを活用しています。ビジネスをするうえで、パソコンは切っても切れない存在と言えるため、取得していて損はないでしょう。

受験勉強だけでも意味があるから

 MOSエキスパート試験に合格に向けて、勉強をすることでオフィスソフトのスキル向上にも大きく寄与します。もちろん、合格することが最も望ましいですが、勉強する過程で自身のパソコンスキルを向上できれば、勉強した価値は十分にあります。

 普段の勉強から、「実務でどのように生かすことができるか」をイメージすることで、有意義な知識が身に付くでしょう。

MOSエキスパートは独学で合格可能?

 MOSエキスパート試験を受けようとしている人のなかには、独学で勉強しようか迷っている人もいるかと思います。ここでは、MOSエキスパート資格は独学でも合格できるのか、という疑問についてお答えします。

MOSは独学で合格できる場合もある

 MOS試験を独学で突破できるか否かについては、人によって結果が異なりますが、普段の仕事でオフィスを使っている人であればスペシャリストの取得はそう難しくないと言えるでしょう。エキスパートについては、スペシャリストも難易度が上がるため、必ずしも独学で合格できるとは言い切れませんが、仕事でオフィスソフトの高度な機能を使っている人や、他の難関資格を独学で取得したことがある人であれば十分に合格を目指せます

独学に自信がなければ通信講座やパソコン教室がおすすめ

 独学に不安を感じる人や、確実に一発合格を狙いたい人には、通信講座やパソコン教室の活用がおすすめです。

 通信講座やパソコン教室では、MOS資格に精通した講師が、MOS資格合格に必要な知識を手取り足取り教えくれます。また、疑問点があってもすぐに対応してくれるため、つまずきによるモチベーション低下を防げます。安心して学習に取り組める支援体制が整っているため、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

MOS試験対策のための通信講座・パソコン教室

 ここからは、数あるMOS試験対策のための通信講座・パソコン教室のなかから、特におすすめの通信講座・パソコン教室を5つ紹介します。各講座の特徴やおすすめポイントについても触れていますので、ぜひ自分に適した通信講座・パソコン教室を見つけるための道標にしてください。

ユーキャン

ユーキャンバナー

基礎から応用までを体系的に学べるカリキュラムが魅力!独自の学習プランにより効率的かつ楽しみながら勉強に取り組める

 ユーキャンが展開しているMOS試験対策講座は、最短1カ月で合格を目指せるオリジナルのカリキュラムとなっています。説明ステップが細分化されているため、初心者でも理解しやすく、挫折の心配がありません。さらに、スマートフォンから、重要箇所の解説を閲覧できるので、隙間時間にも効率的に勉強を進められる点もユーキャンならではの魅力です。

おすすめポイント

  • 最短1カ月で合格を目指せる
  • 受講生満足度が85%以上の人気講座
  • サイト内で講座との相性が確認できる「相性診断」を無料で使用できる
  • 説明ステップが細分化されており、初心者にもわかりやすい内容になっている
  • 独自の学習プランにより効率的かつ楽しみながら勉強に取り組める
  • 不明点は、その都度、講師に確認できるため、挫折の心配がない
  • 基礎から応用までを体系的に学べる
  • スマートフォンから、重要箇所の解説を閲覧できるので、隙間時間にも勉強を進められる
  • 最長8カ月間、指導サポートの期間延長OK

基本情報

コース名・料金【MOS365&2019 一般・上級一貫】
・Word&Excel両方コース:49,000円
・Wordコース:30,000円
・Excelコース:30,000円
【MOS365&2019 上級レベル】
・Word&Excel両方コース:31,000円
・Wordコース:17,000円
・Excelコース:17,000円
【MOS365&2019 一般レベル】
・Wordコース:16,000円
・Excelコース:16,000円
教材の特徴・WordやExcelが初めてでもわかりやすいテキスト
・実際のパソコン画面の図が豊富で無理なく理解可能
サポート内容・わからないことがあったら講師に質問可能
・学習期間を無料で延長可能
受講形態オンライン
受講期間1~4カ月(コースによって異なる)

資格の大原

大原予備校 バナー

テレビCMでおなじみの資格特化型スクール!実績豊富な講師陣が合格まで徹底サポートしてくれる

 「本気になったら大原」のキャッチコピーでお馴染みの資格の大原では、目的やスキルに合わせて三つのMOS試験コースが用意されています。人気のワード・エクセル・パワーポイントがセットになったお得なプランも展開しているため、MOS資格を取得したい人にも最適で、実績豊富な講師陣が合格までをトータルサポートしてくれます。

おすすめポイント

  • テレビCMでおなじみの資格特化型スクール
  • 人気のワード・エクセル・パワーポイントがセットになったお得なプラン有り
  • 実績豊富な講師陣が合格まで徹底サポートしてくれる
  • 学生にも手が届きやすい価格設定のため、気軽に受講できる
  • 教材には本試験と同様の模擬テストが付属しているため、本番さながらののテストが受けられる
  • 都合により講義を欠席しても、後日、個室視聴ブースで補講できるため、学習が遅れる心配がない

基本情報

コース名・料金・MOS3科目パック:50,000円
・MOS Word&Excel2科目パック:35,600円
・MOS Word365&2019試験対策コース/MOS Excel365&2019試験対策コース/MOS PowerPoint365&2019試験対策コース:各19,300円
キャンペーン大原受講生割引
教材の特徴「日経BP社」「オデッセイコミュニケーションズ」の人気書籍を使用
サポート内容・電話やメールなどでの質問対応
・万一欠席しても安心の映像補講
・途中入学・随時入学対応
受講形態オンライン、通学、映像通信
受講期間24回

パソコン教室のAVIVA

MOS資格取得のインストラクターによる丁寧で分かりやすい指導が好評!最短2週間で講座が完了するため、短期間での資格取得を目指している人にもピッタリ

 パソコン教室のAVIVAは、MOS資格合格率91%以上を誇る、超人気パソコンスクールです。全国90校から通いやすいスクールを自由に選ぶことができ、学習スタイルも通学型とオンライン型の2種類が用意されています。MOS資格取得インストラクターによる丁寧で分かりやすい指導に定評があり、受講者一人ひとりのスキルに合わせた適切なアドバイスを行ってくれます。

おすすめポイント

  • 合格率は驚異の91%以上
  • MOS資格取得インストラクターによる丁寧で分かりやすい指導が魅力
  • 資料請求・無料体験の予約者にはお得な特典有り
  • 受講者一人ひとりのスキルに合わせたアドバイスをしてくれる
  • 最短2週間で講座が完了するため、短期間での資格取得を目指している人に最適
  • 通学しているスクールで試験を受けることも可能なので、緊張せずに受験に臨める
  • 希望者には、就業サポートも行っているため資格取得後も安心

基本情報

コース名・料金・Excel対策:34,800円
・Excel Expert対策:34,800円
・Word対策:34,800円
・Word Expert対策:34,800円
・PowerPoint対策:34,800円
・Access対策:34,800円
※教材費別途
サポート内容・直接講師に質問可能
・受講生一人ひとりの理解度に応じた指導
受講形態オンライン、通学
受講期間1~4カ月(コースによって異なる)
合格実績91%以上(2020年ののべ合格者数)

ヒューマンアカデミー

業界トップクラスの合格者を輩出!(累計16,028名)実際の試験問題に基づいたオリジナル教材により、本番を想定した試験の体験ができる

 ヒューマンアカデミーでは、無料でスクールのパソコンの貸し出しを行っており、受講者であればいつでも借りることが可能です。そのため、パソコンを持っていない人でも、すぐに受講することができ、初期費用を軽減できます。また、就職相談などのサポートなどが充実しているため、資格取得後も短期間での就職を目指せます。

おすすめポイント

  • 業界トップクラスの合格者を輩出!(累計16,028名)
  • スクールのパソコンを利用することができるため、パソコンの購入費用がかからない
  • テキストと動画による指導で、効率的な学習が可能
  • 通常3カ月コースが最大6カ月まで延長OK、無理のないペースで学習を進められる
  • 実際の試験問題に基づいたオリジナル教材により、本番を想定した試験の体験ができる
  • 時間や場所に制限されないオンライン完結型の学習スタイル
  • 就職相談などのサポートなどが充実しているため、資格取得後も短期間での就職を目指せる
  • 受講期間中は、いつでも講座映像が見放題

基本情報

コース名・料金MOS Excel 2016試験対策講座/MOS Word 2016試験対策講座/MOS PowerPoint 2016 試験対策講座:各27,180円
教材の特徴日経BP社の「MOS攻略問題集」を使用
サポート内容オンラインで質問可能
ZOOMで通話+画面共有で問題解決
講義映像をどこでも見られるe-ラーニング
受講形態オンライン、通学
受講期間2カ月
合格実績平成12~26年度スペシャリスト合格16,028人

TAC

国内最大手の資格学校!オリジナルテキスト&問題集と、講義映像学習により効率的に学習に取り組める

 TACは、国内最大手の資格学校で、MOS資格についても、通学コースと通信講座コースの二つのコースを提供しています。教材の分かりやすさや、学習サポート体制に定評があり、受講中に出された課題を提出すれば、成績表を受け取れます。客観的に自身のスキルや現状の理解度を確認しながら、勉強に取り組めるため、苦手を可視化しやすい点が特長です。

おすすめポイント

  • オリジナルテキスト&問題集と、講義映像学習により効率的に学習できる
  • 実力判定テストにより、スキルの定着度を確かめられる
  • 課題を提出すれば、成績表がもらえる
  • スマホ学習にも対応しているため、手軽に勉強をスタートできる
  • 通学コースと通信講座コースの2つのコースを用意
  • 通学コースでは、教室で専任講師から手厚いサポートを受けられる

基本情報

コース名・料金・Excel 2019/2016試験対策コース: 29,900円
・Word 2019/2016試験対策コース:29,900円
キャンペーン・期間限定キャンペーン
・再受講割引
・NEXT割引
教材の特徴TACパソコンスクールのノウハウを凝縮したオリジナルテキスト
サポート内容・質問サポート
・課題を提出すると成績表がもらえる
受講形態Web通信、DVD通信
受講期間標準学習期間:2カ月、受講期間4カ月

まとめ

 この記事では、MOSエキスパート資格とはどのような資格なのか、そして取得の難易度についてお伝えしてきました。

 MOS資格は、スペシャリストとエキスパートの二つに分けられ、スペシャリストの合格率は約80%です。一方で、エキスパートの合格率は約60%となっています。国際資格のなかでは、比較的取得しやすい資格であり、試験に合格することでさまざまなメリットを得られます。

 MOSエキスパート試験は、独学でも合格を目指すことが可能ですが、通信講座やパソコン教室を活用することで、より効率的に学習を進められます。ぜひ、本記事を参考にMOSエキスパート試験に合格して、資格取得を実現させてください。

関連記事