都内の「土砂災害危険地帯」は1万5000か所もあった! 熱海を契機に振り返る

静岡県熱海市の伊豆山地区で起きた大規模土石流を契機に、都内の土砂災害について考えます。解説するのはルポライターの昼間たかしさんです。


都心部に潜む土砂災害の危険性

 静岡県熱海市の伊豆山地区で起きた大規模な土石流。その被害の大きさから、「都内でも同様の災害が起きるのではないか」と危惧されています。

 なぜなら、都心部でも土砂災害が発生しやすい山を切り開いたりして開発された地域が多々あるからです。

土砂災害のイメージ(画像:写真AC)

 現在、全国では警戒区域が指定されています。そのきっかけは、1999(平成11)年に広島県で起きた集中豪雨により325件の土砂災害が発生し、24人が死亡したことでした。

 この制度では。

・土砂災害警戒区域(イエローゾーン。以下、警戒区域)
・土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン。以下、特別警戒区域)

のふたつが定められています。

指定地域は東京都建設局のサイトに掲載

 警戒区域とは、土砂災害が発生した場合、住民等の生命・身体に危害が生じるおそれのあると認められた区域であり、市町村は警戒避難態勢の整備を義務づけられています。

 また特別警戒区域とは、警戒区域のなかで建築物に損壊が生じ、住民等の生命または身体に著しい危害が生じるおそれのあると認められるため、開発行為や建築が制限される区域のことを指します。

 つまり特に注意すべきなのは、現に人が住んでいる警戒区域となります。

 具体的にどの地域が指定されているかは、東京都建設局のサイトで確認できます。

警戒区域・特別警戒区域 区市町村別指定状況図(画像:東京都建設局)

 平地の続く足立区や葛飾区、江東区、中央区のほか、武蔵野市では指定地域はゼロですが、そのほかのすべての市町村にはすべて警戒区域が指定されています。このことからも、熱海市の痛ましい災害がひとごとではないことがわかります。

都内の警戒・特別警戒区域は1万5493か所


【画像】事前にチェック! 東京都「土砂災害警戒区域等マップ」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210710_doseki_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210710_doseki_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210710_doseki_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210710_doseki_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210710_doseki_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210710_doseki_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210710_doseki_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210710_doseki_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210710_doseki_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210710_doseki_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210710_doseki_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画