医療脱毛のメリット・デメリットは?経験者にアンケートを実施!

  • 全国
  • 脱毛
医療脱毛のメリット・デメリットは?経験者にアンケートを実施!

\ この記事を書いた人 /

アーバンライフメトロ編集部のプロフィール画像

アーバンライフメトロ編集部

編集部

ライターページへ

医療脱毛について、サロン脱毛との違いを検証、比較しながらメリットとデメリットを解説しています。また、医療脱毛による肌トラブルを掘り下げつつ、対策についても説明しています。実際に利用した人のアンケートやおすすめのクリニックも紹介することでより具体的に検討することができます。

 毎日のムダ毛の処理は身だしなみとして大切です。特に薄着になる季節は気になるものですが、処理については手間を感じてしまうものです。忙しい毎日、脱毛をしてそんな手間を無くし、時間を効率的に使いたいと考える方も多いのではないでしょうか。

 脱毛をすると毎日のめんどくさい作業から解放される一方、医療脱毛に対しては怖い、痛いといったマイナスイメージが存在していることも否めません。


 本記事では医療脱毛のメリットやデメリットを実際に体験した方のアンケートも交えながら解説しています。脱毛を検討している方は良い面と悪い面をよく確認した上で、脱毛するかどうかを決めていきましょう。

そもそも医療脱毛とは?

 医療脱毛とは、レーザーを毛母細胞(毛根にある毛を作り出す細胞)に照射して破壊することで、永久的に毛が生えないようにする脱毛のことです。レーザーを用いた施術は医療行為に当たるため、医療機関で医師や国家資格を持っている看護師が行います。

 毛根ではなく毛を作る組織そのものを破壊するため、半永久的に脱毛することができることが人気の理由の一つとなっています。


 サロン脱毛と比較すると高額になりがちですが、医師などが行う安心感や半永久的に脱毛が可能であるということ、少ない施術回数でよいこと、なにかあっても医師をはじめとした専門家がしっかりとフォローしてくれるなどがメリットとして挙げられます。

サロン脱毛との違い

 サロン脱毛はエステ脱毛や美容脱毛とも呼ばれる脱毛です。医療行為ではなく、民間のエステサロンでエステシシャンが施術することができます。毛根にダメージを与える光脱毛や、毛包(毛を作る組織)に熱を与えて毛を再生しにくくするSHR脱毛を行っています。

 医療脱毛とサロン脱毛について、以下の通り比較していますので参考にしてみてください。

医療脱毛サロン脱毛
脱毛方法レーザー・光脱毛(ライトを照射し毛根にダメージ)・SHR脱毛(毛包に熱を与える)
効果半永久的に毛が生えてこない毛を一時的に減らす
脱毛完了までの
目安回数・期間
5~8回・1年前後6~18回・2~3年程度
料金(※)ワキ:2~3万円VIO:8~20万円
全身:20~40万円
ワキ:1~3万円
VIO:5万円
全身:10~40万円
痛み強くなりがち比較的少ない
施術スタッフ医師、国家資格を持つ看護師サロンスタッフ(資格不要)
アフターケア・安全性充実・高いサロン次第

【医師監修】医療脱毛のメリット

 医療行為である医療脱毛は、多くのメリットがあります。ここでは、永久脱毛効果がある点、短期間で効果を感じることが出来る点、アフターケアの充実と安全性の高さについて解説していきます。

永久脱毛効果がある

 医療脱毛は強力なレーザーにて毛を作る組織そのものを破壊します。そのため、脱毛した個所は半永久的に毛が生えてこないというメリットがあります。

 一方のサロン脱毛には永久脱毛効果はありません。サロン脱毛をして一旦つるつるになっても、しばらくするとまた生えてきて処理が必要ということになります。そのため、再度サロンに行って脱毛といった様に、何度も通わなければならないこともあります。

 もしその様にサロン脱毛後に毛が生えてしまった場合、サロンには行かずに自分で処理を試みることも多いでしょう。久しぶりに処理をするのはかなり手間やストレスを感じてしまうものです。自己処理により肌荒れなど、肌に思わぬトラブルを発生させてしまうこともあるかもしれません。

 医療脱毛では一回脱毛すれば生涯生えてきませんので、何度も通ったり自己処理による肌荒れを起こしてしまったりというリスクもありません。

短期間で効果を実感できる

 医療脱毛のレーザーは強力なので、1回当たりの効果が大きく、通い始めて比較的すぐに脱毛の効果を実感することができます。

 一方のサロン脱毛では効果をすぐに感じることは少なく、またどうしても施術回数が多くなり通う期間も長くなってしまう傾向にあります。照射する熱や光もレーザーよりも弱いので、完了まで何十回も通い、脱毛完了まで何年もかかる場合もあります。

 その点医療脱毛では高出力でしっかりと脱毛するので、脱毛を卒業するまでの施術回数も少なくすみ、何度も何度も通う必要もありません。

 また、完全に脱毛するまでの期間が短いということは、自己処理をする期間短縮ということにもつながります。毛剃り、毛抜き、除毛クリーム、ワックス脱毛といった手段はどれも肌をいためたり、乾燥肌や敏感肌の原因になったりすることもあります。

 医療脱毛で短期間で完全脱毛できれば、自己処理による肌荒れのリスクも早めに解消できるといえるでしょう。

アフターケアが充実し、安全性が高い

 脱毛は施術後のアフターケアが重要です。適切なアフターケアをすることで、乾燥や肌荒れなどの肌トラブルを防止し、結果的に短期間で脱毛を終わらせることができます。

 医療脱毛では、アフターケアについても医師がしっかりとサポートしてくれる場合が多いです。自分では処置について判断が付かないトラブルや、悩み事についても細やかに対応してくれるでしょう。

 施術の安全性も気になるところですが、医療脱毛は医師が診察し、看護師が施術するため、安全性も高いといえます。施術をするにあたって体調が悪い時なども、その場で専門的な見地から診察を受けられますので安心できるでしょう。

 必ず適切な資格を持った人から施術やサポートを受けられるというのは、施術時はもちろん、何かあった時に間違いなく頼れるという安心感にも繋がります。

【医師監修】医療脱毛のデメリット

 メリットの多い医療脱毛ですが、デメリットもあります。レーザーによる痛みや肌トラブル、そして費用面が代表的なものです。メリットだけではなく、デメリットも考慮したうえで、脱毛方法を選択していきましょう。

痛みを感じる

 医療のレーザー脱毛は高出力による脱毛効果は高いものの、その分施術時の痛みも強い傾向にあります。個人差はありますが、部位によっても痛みは異なり、特にVIOについて痛みが出る方が多いようです。


 ただ、ほとんどのクリニックでは麻酔を使って痛みを軽減してくれます。麻酔といっても注射や点滴ではなく、笑気麻酔という鼻から吸引するものや、麻酔クリームを塗るだけなので、過度に心配する必要はありません。

肌トラブルを引き起こす可能性がある

 レーザーを用いる医療脱毛は黒い色素にのみ反応する安全性の高いものです。ただ、照射する熱がかなり高温のため、肌トラブルを引き起こす可能性があります。具体的には、赤みやヒリヒリ感、やけどなどが挙げられます。


 とはいえ過剰に心配は不要です。備えや対策をしておくとよいですし、冷却装置がついている脱毛機器もあります。トラブルが起きたとしてもその場で対応してくれます。心配な場合には、事前のカウンセリングで不安が解消されるまで何度も相談しておきましょう。

費用が高くなることもある

 医療脱毛は医療行為であるため、医師の診察が必要であったり、医療資格者でないと施術ができなかったりと、サロン脱毛よりも費用が高くなる傾向にあります。安心できる環境や高い技術力が費用に反映されているともいえるでしょう。


 しかし、脱毛1回当たりの効果は医療脱毛の方が期待できます。サロン脱毛ではなかなか効果が表れず、より長期間通うことになることもあります。そのため、1回当たりの費用は医療脱毛の方が高かったとしても、脱毛が完了するまでのトータルコストはサロン脱毛とそれほど変わらないこともあるでしょう。

医療脱毛による肌トラブルのリスク

 医療脱毛のデメリットとして肌トラブルのリスクを少し説明しましたが、ここではその詳細について解説していきます。肌トラブルのリスクについて事前に把握しておくことで、もしも実際に起こった際にも気持ちを落ち着かせられたり、スムーズに対応できたりするでしょう。

赤みやヒリヒリ感

 医療レーザーに毛が反応して炎症を起こすことで、赤みやヒリヒリ感を生じることがあります。特殊なことではなく、ある意味脱毛後の正常な反応といえるものです。

 通常は患部を冷やすと数日で治りますが、なかなか治らない場合は塗り薬を処方されることもあります。

 赤みやヒリヒリがあまりに長く続いたり、症状が重かったりする場合はクリニックに相談するようにしましょう。

毛嚢炎(もうのうえん)

 医療レーザーの熱が肌に溜まることにより、毛穴に沿ってニキビのような赤いぶつぶつができる毛嚢炎になってしまうこともあります。

 毛嚢炎も比較的誰にも起こりやすい反応ですのでそこまで心配することはありませんし、基本的に程度がひどくなければ自然に治っていきます。

 とはいえ、広範囲に広がってきたり、痛みやかゆみがある場合はクリニックを受診したほうがよいでしょう。経過次第ですが、必要に応じて軟膏や抗生物質、飲み薬などが処方される場合があります。

やけど

 医療脱毛で起こることはほとんどありませんが、医療脱毛は毛根周辺に高い熱エネルギーを与えることから、まれにやけどをすることがあります

 やけどは軽い場合ならまだしも、ある程度ひどくなると塗り薬や飲み薬での処置が必要となることも多くなります。

 やけどかどうか判断が難しい場合もありますが、痛みを伴う赤みが3日以上続いたり、ミミズ腫れや水ぶくれになっていたり、黒ずみのような色素沈着が見受けられたりする場合はやけどが疑われます。クリニックに相談し、適切な処置をするようにしましょう。

色素沈着

 医療脱毛における色素沈着とは、皮膚の一部が黒ずんだ状態のことを指します。レーザー光などの刺激を受けてメラニンが分泌され、それが滞留して色素沈着を引き起こすというメカニズムです。

 やけどほどのひどい炎症が起こると赤茶色の色素沈着が起こることがありますが、一般的には肌のターンオーバーである1ヶ月を目安に解消されることが多いです。ただし、ターンオーバーの周期は年齢を重ねるごとに長くなる傾向があるので注意が必要です。


 脱毛前から紫外線対策を行ったり、脱毛後に美白クリームを塗ったり保湿を入念にしたりといった対策を検討しましょう。

硬毛化

 非常にまれですが、医療レーザーの照射により毛が濃くなったり太くなったりする硬毛化を引き起こしてしまう場合があります。硬毛化は医療脱毛レーザー脱毛機のみならず、光脱毛機器でも起こりえる現象です。

 硬毛化のメカニズムははっきりとはしていませんが、体質や毛質など複数の要因がからみあって生じると考えられています。


 施術前に自身の毛質に合った脱毛機を使用するように準備し、またもし硬毛化してしまってもレーザーや照射を継続して行うことで改善するケースもあります

【実際の声】医療脱毛のメリット・デメリットをアンケート

 ここまで医療脱毛のメリットやデメリットを解説してきましたが、やはり実際に医療脱毛を体験した人の声は気になるものです。医療脱毛に関するアンケートを参照しつつ、解説していきます。

医療脱毛メリット

出典:エミナルクリニック 【永久脱毛ってどうなんだろう?】経験者が語る永久脱毛のメリット・デメリットを紹介!20代〜30代女性1,106人にリアルな声が集まりました

【良い意見】

  • 面倒なムダ毛処理から解放された
  • 自己処理のめんどくささや、生理時の不快感が軽減した
  • 永久脱毛後10数年経過しても、毛が生えてこない
  • 自分に自信が持てるようになった
  • サロン脱毛より実はお得だと思った
  • ムダ毛処理に今までかけていた時間と費用がなくなるので楽

【悪い意見】

  • 費用がかかる
  • 通うのが面倒な時がある
  • 部位によって痛みがあった

るという意見が目立ちました。

 費用面や定期的に通う煩わしさはありますが、事前に想定していた範囲内ともいえるでしょう。

おすすめの医療脱毛クリニックを紹介

 最後にこれから医療脱毛を受ける場合におすすめできるクリニックを3つ紹介していきます。それぞれおすすめポイント、特徴、対応部位をまとめていますので、これから受診する際の参考にしてみてくださいね。

レジーナクリニック

レジーナクリニックFV

【おすすめポイント・特徴】

  • 多くのオプションが料金体系に含まれており、支払うべき金額が分かりやすい
  • 「事前カウンセリング料」「初診料」「炎症止め塗り薬」「テスト照射」「予約キャンセル料」「シェービング代」などが無料で、後々多く請求される心配がない
  • 来院せずにオンラインで相談できるオンラインカウンセリングを行っている
  • 冷却機能搭載の機器を使用するため、痛みが比較的少ない
  • 平日は21時まで営業のため、仕事終わりでも通いやすい
  • 女性専用で完全個室なので安心できる
  • 院内がスタイリッシュで清潔、落ち着く空間であると好評を得ている
  • 最短5~8回で全身脱毛を完了させることができる
  • 関東地区を中心にしつつ、北海道や九州など全国に22院展開している

【対応部位】

全身VIO

エミナルクリニック

エミナルクリニックFV

【おすすめポイント・特徴】

  • 割引が充実しており、お得な価格設定となっている
  • 最新の脱毛器を使用することで施術時間を60分と1回短く設定している
  • 施術時間が短いため、予約が取りやすくなっている
  • 施術後のトラブル治療費やアフターケアも無料となっている
  • 全身脱毛でも最短5カ月で脱毛を終わらせられる
  • 蓄熱式レーザ照射機で低温照射も可能にした脱毛機器を使用している
  • 転勤や引越などの理由により通院ができなくなった場合でもいつでも解約することができ、その場合も残りの未消化分が返金される
  • 院内はプライバシーが守られ、清潔な空間となっている
  • 全国に51院展開している

【対応部位】

全身VIO

リゼクリニック

リゼクリニックFV

【おすすめポイント・特徴】

  • 学割、ペア割、のりかえ割や、他にもキャンペーンによりお得に契約することができる
  • キャンペーンを利用することで35万円以下で全身丸ごと脱毛をすることができる
  • システム上、スムーズに予約することができる
  • 5年間の有効期限が設けているため、脱毛途中に妊娠や出産などの都合で通院できなくなっても、落ち着いてから再度通院することができる
  • コースが終了した後に追加で照射をしたい場合、定額の半額以下で追加照射を受けることができる
  • 毛質に合わせた脱毛機器が使用され、本格的な施術が受けられる
  • カウンセリングが丁寧
  • 院内は清潔でプライバシーが守られている
  • 全国に24院展開している

【対応部位】

全身VIO

まとめ

 医療脱毛にはメリットとデメリットがあります。

 半永久的にムダ毛処理をしなくてもよかったり、きちんと資格を持った医師や看護師による施術を受けられ、またアフターケアも安心できます。

 一方で効果が期待できる半面痛みが強かったり、費用面が高かったりします。

 自分が悩んでいる部位や費用面、価値観などと照らし合わせながら医療脱毛をするかどうか決めていきましょう。施術前に無料カウンセリングを受けられるクリニックもありますので、まずは相談してみてもよいかもしれません。

 受診後に後悔しないためにも、メリットだけでなくデメリットにも目を向けて、検討していきましょう。

関連記事