1日50万人が利用する「都営バス」 誕生のきっかけは100年前の関東大震災だった!

日々多くの人たちが利用する都営バス。その始まりは関東大震災の復旧からだったことをご存じでしょうか。解説するのは、鉄道ライターの弘中新一さんです。


「円太郎バス」とは何か

 都営地下鉄の車内などに掲示されているレトロな雰囲気の「円太郎バス」のポスターをご存じでしょうか。東京都交通局が所蔵する「円太郎バス(東京市営乗合自動車)」は2020年3月に自動車として始めて国の重要文化財に指定。これを記念して、2021年春から特設サイトが開設されています。

 サイトに書いてありますが、このバスが導入されたのは関東大震災(1923年)がきっかけでした。

 円太郎バスはその復興過程で登場し、1日平均50万1000人(令和2年度。コロナ禍以前は63万人)が利用する都営バスの出発点となったわけです。さて、一体どういうものだったのでしょうか。

初の路線バス登場は1919年

 路面電車網が張り巡らされていた東京の市街地に、初の路線バスが登場したのは1919(大正8)年3月です。これを始めたのは実業家の堀内良平(富士急行の創設者)が設立した民間企業・東京市街自動車でした。当時は新橋~上野を走っていました。

 東京市(当時)では、それ以前から路面電車を補完する公共交通として、バス(乗合自動車)の運行を計画していました。路線バス登場の8年前となる1911(明治44)年8月には、早くも新橋~上野~浅草間の運行が考えられています。また、1913年には、京王電気軌道が鉄道開通までの先行として新宿~笹塚間で運行を行っています。

「円太郎バス」(画像:東京都交通局)

 こうしたなか、東京市も路面電車が走っていない地域でのバス路線の展開を考えていましたが、管轄する警視庁は難色を示していました。当時の道路の路面は現在のように強固ではなく、重い乗合自動車が多く走るようになれば、路面が著しく傷むことが危惧されたからといわれています。

 しかし、公共交通としてのバス導入は都市の発展において欠かせませんでした。東京市では許可を受ける機会をうかがっていましたが、それより先に前述の東京市街自動車(民間)が許可を得ることになりました。

関東大震災で壊滅した路面電車網


【画像】「円太郎バス」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210925_toei_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210925_toei_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210925_toei_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210925_toei_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210925_toei_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210925_toei_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画