ナチュラルメイク人気は終わり? 東京の若者に「派手め」なアイシャドウが流行し始めたワケ

若い世代のメイクトレンドは常に目まぐるしく変化しています。以前はメイクしているかどうか分からないくらいの「ナチュラルメイク」が主流でしたが、いま東京の街で見かける女性たちは、思い思いの自由なアイカラーを楽しんでいます。都内で在学中の現役女子大生が、人気の理由を探りました。


都内の女子大生が背景を解説

 若い世代のメイクトレンドは常に目まぐるしく変化しています。以前はメイクしているかどうか分からないくらいの「ナチュラルメイク」が主流でしたが、いま東京の街で見かける女性たちは、思い思いの自由なアイカラーを楽しんでいます。都内に在学中の現役女子大生ライターに、人気の理由を聞きました。(構成:ULM編集部)

※ ※ ※

 2021年夏、東京では、鮮やかなオレンジやイエローなどのビタミンカラー、パキッとして涼しげなブルーやグリーン、上品で華やかなゴールドといったアイカラー、アイメイクがトレンドとなりました。

2021年夏、東京ではパキッとした鮮やかなアイカラーがトレンドに。その傾向は秋以降も続きそうとのこと(画像:写真AC)

 都内の大学に通う筆者の周りの友人たちを見ても、まぶた全体に伸ばしたり、目じりにワンポイントで取り入れてみたりと、その楽しみ方は実にさまざま。

 いきなりカラーメイクを前面に出すのはハードルが高いと感じていた人も、まずは気軽に試してみることで普段と違う表情を楽しんでいた様子。アイカラーはもちろん、ほかにもマスカラをブラック以外のカラーにしてみたり、目尻にだけレッド系のアイライナーを引いてみたり、といった具合です。

以前はブラウンやピンクが主流

 2010年代後半頃までマスカラやアイラインは、基本ブラック、ちょっと冒険しても明るめのブラウン程度どまりでした。アイカラーも、ブラウンやピンクが中心でした。

 当時トレンドを席巻していたのは「オルチャンメイク」と呼ばれた韓国風メイクでした。甘い雰囲気のピンクを基調とした、韓国発のプチプラ(格安)ブランドのコスメアイテムがいくつも都内の店頭に並ぶようになり、安くてカワイイ、SNS映えするパッケージデザインに引かれた女性たちが次々手に取るようになりました。

2010年代後半は、ブラウンやピンクを中心とした「オルチャンメイク」が人気に(画像:写真AC)

 そして2021年現在、渋谷や原宿、新宿など東京都内のコスメ売り場をのぞくと、アイシャドウはもちろんマスカラやアイライナーまで、定番のピンクからパープル、カーキ、イエロー、ブルーなど、多彩なカラーが販売されています。

 あらためて、メイクにおけるカラーバリエーションは豊富になり、選択肢は確実に広がっています。そして各ブランドの秋冬コスメの展開を見る限り、この傾向は秋以降も当面続いていくものとみられます。

メイクも髪色も多種多彩に


【画像】どんな色? 最新アイシャドウ(7枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210918_eye_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_eye_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_eye_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_eye_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_eye_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_eye_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_eye_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_eye_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_eye_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_eye_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_eye_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画